カテゴリー「シャッフルでゴー」の14件の記事

2010年11月29日 (月)

シャッフルでゴー 12

お約束
1.毎回新たにシャッフルする。登場順で最低3曲以上、選ばれた曲は必ず論評する。

2.ただし、同じアーティストが続いた場合は別のアーティストが出るまで進める。

3.以前論評した曲は再び採り上げない。

ということでいってみましょうか。

1曲目『ReunionGentle Giant1972年
51sarpranjl__sl500_aa300_ 5枚目のアルバム「In Glass House」からキーボードのケリー・ミネアが歌う美しい小品。

中世の吟遊詩人のような声の持ち主であるミネアが歌うパートは基本的に美しく繊細なメロディを伴う場合が多いのだが、この曲は短いながらもそんなミネアの魅力が凝縮された一品である。プログレ的な大仰さを避けた弦楽室内楽風のアレンジも素晴らしい(本人たちが演奏している)。他にもミネアのヴォーカル曲には良いものが多い。例えば「Octopus」収録の『Think Of Me With Kindness』とか1stアルバムの『Nothing At All』とか(途中で驚愕の展開をするが)・・・こんどミネア絡みだけでベストを作ってみようかな。

2曲目『人生は川のようなもの 』(ここはあえて日本語タイトルで)PFM (Premiata Forneria Marconi)1973年
51stp3h7rrl__sl500_aa300__2 うわー、この曲が出てくるとは思わなかったぞ。

これはもうね、ロックで最も美しい曲を選べと言われたらかなり上位で選ばざるを得ないぐらい大好きな曲だ。最高の演奏技術と見事な構成力、そしてイタリア人でしか作り得ないし歌い得ない美しいメロディ、これ以上はない完璧な完成度だと思う。

そういえば大学生の一時期、毎朝これを爆音で流して目覚めていたことを思い出した。朝から近所迷惑甚だしいな。申し訳なかった。

3曲目『The Natchez Burnin'Howlin' Wolf1966年 
51ixcchhebl__sl500_aa300__2 なんと言ってもこの声、そしてこの風貌だな。特に声、一度聴いたら嫌でも耳に残る唯一無比のだみ声。若い頃に漠然と「ブルースはだみ声」というイメージがあったのだが、そうか大元はこの人だったのかと後年ブルースを本格的に聴くようになって腑に落ちた。

実は、ウルフを積極的に聴くようになったのは今世紀に入ってからなのだよね。きっかけは2001年から2年間ほど続いたわが人生最大の「ザッパ祭り」中にその流れでキャプテン・ビーフハートの再評価があったからだ。数々の音源を聴くうちにビーフハートにとってはオーネット・コールマンとハウリン・ウルフがアイドルだったという事実に深く納得するところが多々あり、結果自分にとってもウルフが特別な存在となっていったのだ。

そいえば、映画「キャデラック・レコード」でイーモン・ウォーカー演じるハウリン・ウルフはえらくカッコ良かった。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/08/post-6eb2.html

今回はここまで。また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

iPodの内容は自分の基本である

iPodの中身を入れ替えた。とはいえ、半分以上は今まで通りの内容なのだがね。

この際だから私が普段どんな音楽を好んで聴いているか、改めて紹介しておこう。

所謂オリジナル盤を全てそのまま残したのは、ジミ・ヘンドリックス(元々正規盤の数は少ないしね)、レッド・ツェッペリンジェントル・ジャイアントファンカデリックケイト・ブッシュベティ・デイヴィスエリカ・バドゥそしてPerfume

ザッパは60~70年代の作品と80年代の代表作やライヴ企画物などでマイルスも60~70年代はほぼ全て収録されている。あ、ウィルコも全アルバム入っているな。

その他、今回残したアルバムはスライJBジェネシスウェザーリポートロリー・ギャラガーカンPFM等、他にはブリティッシュ・ロックプログレ系そしてブルース系多数、和モノだと鈴木祥子鈴木さえ子クラムボン(キリがないな)など。

一見脈略がないようだが、自分の中では明確に筋が通っている。「今」の自分の音楽に対する基本的な価値判断基準はこれらの音源から導かれたものなのだ。

まぁ、案外「王道」かもしれませんがね。

それで、ここ暫く音楽の記事を書いていなかったので、「シャッフルでゴー」を今週末に再開しようと思っております。

シャッフルでゴー」はこんな企画http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/cat20411681/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

シャッフルでゴー 苦行編

ブログを始めた頃、iPodのシャッフル再生で出た曲を必ず論評するという「シャッフルでゴー」という企画があった。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/cat20411681/index.html

これは悪くない企画だった。そろそろ復活させたいと思い始めていた。

で、そのためには収録曲の見直しが必要と考え、ただ今収録分全2904曲をシャッフル再生された順番で聴き直し中なのだ。

どんな曲が飛び出しても、決して飛ばさない、聴き流さない。更に存続か否か脳内評価も下さなければ為らない

これが大変。

気持ちを集中して聴けるのは2、30分程度が限界だし、それほど好みでない曲が続いたりすると閉口する。正直苦行に近い。

まぁ、その好きではなかった曲にほど新しい発見があったりするから継続しているのであるが。

現在865曲目のErykah BaduStay」まで達成。この曲は彼女のライヴ・アルバムに収録されたカヴァーで、オリジナルはチャカ・カーン(+ルーファス)である。かなり原曲に忠実なアレンジで彼女のルーツが良く分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

シャッフルでゴー 11

iPodの内容を一部入れ替えた記念。

1曲目『HeartbreakerLed Zeppelin 1969年13d831e29fa0ea4742dc7110_l

そうなのだ。プラント参加決定の最新情報もあり、再来日公演の実現祈願ということでZEPのオリジナル・アルバムを全部入れたのだ。反省はしていない。

この曲は先ずブレイク部分でのギターソロが有名だし、リフもギター主体の印象があるが、実は主役はベースなのだ。イントロのギターとベースのユニゾンから一転、プラントの唄のバックでの地を這うようなベースのヘヴィなフレーズが曲全体のイメージを決定づけている。ギターはパワーコードによるアクセントだけだ。そしてギターソロの後のリズム・メインの怒涛の展開、ここから歌に戻るところが何度聴いても素晴らしい。アルバムだと、間髪を入れず次の『 Livin' lovin' maid (she's just a woman) 』が始まり、それがまたカッコいいのだが、

今回は、間髪を入れず、これが始まった。

2曲目『HappyThe Rolling StonesExile on Main St. 1972年8e2346020ea05423fb464110_l

イントロのギターがホントにもうキース以外の何物でもない。味があり過ぎるヴォーカルもこの2枚組LPの中では良いアクセントだった(2枚目の頭がこの曲なのだよ)。 

ライヴでもこのイントロは盛り上がる。でも歌が始まると、ホッと一息休憩タイム。スマン、キース。でも、ハッピーだよ。

アルバム自体は文句なしの傑作。そろそろストーンズ・レーベルの音源も再リマスターして欲しいぞ。

3曲目『ドギー&マギークラムボンBest51zpueo6j5l

やはり好きだわ、この声。

韻を踏んだ歌詞も楽しい。思わず口ずさんでしまうサビも良いねぇ。リズムの主体がピアノとドラムで、ベースが裏メロ当てたり、アクセント的だったり、自由に動くのが気持ち良い。最近のクラムボンにはこれがないのだよな。

今回はここまで。新たに入れた曲がほとんど出なかった。それもまた良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

シャッフルでゴー 10

今日も続けて

1曲目『Hard JiveMiles DavisNefertiti」 1967年51ep06cdg3l__sl500_aa240_

アコースティック・マイルスにおけるスタジオ録音アルバムの到達点。

このクインテット(サックスは流動的だったが)は60年代前半のライヴ時期の方が好きだったのだが、ここ最近は「ESP」以降のスタジオ盤ばかり聴いている。モードもポリリズムも変幻自在、ウェインが凄すぎる。おかげでウェザー・リポートまで再び聴き始めてしまった。

2曲目『洗礼人間椅子三悪道中膝栗毛2004年Sanaku

今年最大の発見!今頃ハマってすみません。みうらじゅんのビデオ「とんまつり」(2000年)での演奏を聴いたあたりから気にはしていたのだが、聴く機会がほとんど無かったからなぁ。

基本はハード・ロックやプログレなど70年代ブリティッシュ・ロックなのだけど、そこに日本的な要素(乱歩、東北、魑魅魍魎etc)をブレンドするセンスが頭抜けている。さらに高い演奏技術があるにも拘らず、テク至上主義にならず適度なポップ感覚があることも魅力の一つだ。しかも、その基本姿勢が20年近く活動してきてほとんどブレないことも素晴らしい(この一ヶ月で全アルバムを聴いてしまった)。また一貫して和嶋慎治(g)と鈴木研一(b)にドラムというトリオ・スタイルであるところも良い。

3曲目『Long Hard ClimbMaria MuldaurMaria Muldaur1974年413c1rcp90l__sl500_aa240_

大学に入った時、音楽好きという事を基準に友人が作れるという事が嬉しかった。何か新しい世界が広がる予感がしていた(結局、そんな甘いものではなかったのだが)。そんな友人の一人の家(横浜の中華料理店)へ泊りに行った時、彼が自慢げに聴かせてくれたアルバムが二枚あった。そのうちの一枚がこの「Maria Muldaur」だ。

彼は、「ハードで激しいロックも良いけれど、こういう音楽も良いんだよ、ホラここのストリングスがいいだろ、ギターもたまらんなぁ」、とかそんな事を2曲目の『Midnight At The Oasis』をかけながら言っていたような記憶がある(何人か参加ミュージシャンの名をあげていた気もする)。

それまでハード・ロック一辺倒だった自分には本当に新しい世界だった。一見オールド・ファッションでありながらロック経由でしか醸し出せない新しい感覚。参加ミュージシャンの若さ。アメリカ音楽の懐の深さに気付かせてもらった。もちろんこのアルバムはCD時代から携帯時代になっても聴き続けることになった。必要以上にのめり込むことはなかったが、その後の音楽人生を豊かにしてくれたことは確かだ。

そして、もう一枚ジェネシスの「Selling England By The Pound」。

これは、人生を変えました。まだ日本盤が出る前だったと記憶しているが、友人は「これは寝る前に聴くと最高なんだぜ」と言っていたな。このアルバムとジェネシスについてはまた機会があれば(iPodにも入っているし)。

その友人とは誤解もあって疎遠になってしまったが、元気かなぁ、木村君。感謝してるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

シャッフルでゴー 9

一部曲を入れ替えた。合計2201曲、時間は7.6日分。さて何が飛び出しますか?

1曲目『Dark(Kip's Tune)』 Kip Hanrahan Vertical's Currency31ppjem6dvl__sl500_aa240_ 1985年

ジャック・ブルースの声に惚れ込んだキップ・ハンラハンが制作した「俺たちなりの”スモーキーロビンソン”風アルバム」から。

ゴリゴリでアグレッシヴなロッカーのイメージを覆すジャックの甘く切ないヴォーカルがジャズ・ミュージシャンを中心としたラテン風味のバッキングと程良くブレンドされ味わい深い音楽世界を作り出している。

2曲目『ヒガンバナ柴草玲 会話2004年41f1b1mbntl__sl500_aa240_

抑え込まれた女の情念がじわじわと染み出してくるような詞とメロディの歌だけではなく、表現力豊かなピアノのバッキングも含めて丸ごと一曲作り込まれた、柴草の魅力が凝縮された名曲。

いや、この曲以外もタイトル曲の『会話』など素晴らしい曲ばかりのアルバムなんだけどね。

3曲目『SleeplessKing CrimsonAbsent Lovers1998年51jcfnqrkul__sl500_aa240_

1984年モントリオールで収録された80年代クリムゾンのラスト・ライヴから。

頭でっかちで中途半端と煮え切らない印象だった80年代クリムゾンの評価がこれを聴いて180度変わった。全ての楽曲が見事に肉体化していてロックのダイナミズムに溢れているのだ。

しかしこれほどの内容なのになぜかお蔵入り、正式発売は98年まで待たねばならなかった。オリジナル・リリースが予定通り85年頃だったら、後世にもっと影響を与えていただろうに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

シャッフルでゴー 8

久しぶりにいってみますか

1曲目『Nappy DugoutFunkadelic 1973年51hwa552btl__sl500_aa240_

初期の試行錯誤をそのままパッケージしたような2枚組「America Eats Its Young」に続く5枚目のアルバム「Cosmic Slop」から。

このアルバムから一般的なファンカのイメージに近いサウンドになる。緩いグルーブにロックギター的アプローチのワンコード・リフを乗せ、唄やコーラスそしてキーボードがカラフルに彩りをつけていく。時にはハードなリフだったり、スぺーシーでサイケな展開だったり、ファンカデリックの世界へようこそ、挨拶代わりのアルバム1曲目だ。

2曲目『Time Is CultureSuper Junky Monkey 1995年Jacket_m

ミニ・アルバム「あいえとう/A・I・E・T・O」から。

複雑なアンサンブルでありながらエネルギー溢れるロックそのもの、ほとんどプログレとも言えるかも。

聴く度に惚れ直します。

3曲目『シカゴクラムボン 2000年51zpueo6j5l__sl500_aa240_

クラムボンのベスト・アルバムから。実はかなりの愛聴盤。

しなやかでゴムボールのような弾力を感じさせるリズム隊やピアノが良いのはもちろんだが、何といても原田郁子の「声」でしょう。

何と形容してよいか、少女でも大人でもない、ファンタジーでもリアルでもない、不思議な魅力がある個性的な「声」だ。その歌の世界の特異性と伴にこのバンドに唯一無比の存在感を与えている。

本来ならアンダーグランド・シーンで活躍すべき才能がポップ的なセンスも優れていたため表に出てきてしまった、そんな感じかなぁ。原田は根本敬も好きなようだし、侮れん。

このアルバムの初回盤に付いていたビデオ・クリップ集も何度も楽しめる高いクオリティ。でもやはり、そこはかとなくアングラの匂いが・・・何故か鼻血を出しまくる原田郁子ってどうよ?

はい、今回も3曲でお終い。また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

シャッフルでゴー 7

では、

1曲目『La Citta AromaticaMauro Pagani 1979年318a7pxq0jl__ss500_

マウロ・パガーニのソロ・アルバム「地中海の曙」から。

この曲はLPだとA面最後の4曲目に当たる。初めて聴いた時、最初の3曲でプログレのイメージを覆され混乱していた俺がこの曲の開放感あるメロディアスな展開にどんなに救われたことか。歌心溢れるパガーニのヴァイオリンが素晴らしい名曲だ。

以前このアルバムについて書いた記事http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2007/10/post_2ed4.html

2曲目『Year Year YearTempest 1974年513mcgq906l__sl500_aa240_

2ndアルバム「Living in Fear (眩暈)」から。

ギターがソリストとしての野心丸出しのアラン・ホールズワースから作曲は勿論、ヴォーカルやシンセサイザーなども担当した愛すべきバンド・マン、オリー・ハルソールに交代、おかげでハードでポップなブリティッシュ・ロックらしい名盤が出来あがった。ほとんど一発録りに近い荒削りな仕上がりではあるが、それが却ってバンドとしてのライヴ感を感じさせてくれる。

3曲目『Empty CityGentle Giant 1977年4cc115a03ea0efeccfb83110_l

とんでもなくテクニカルで、しかも上質のポップ感覚、ただそこに一般向きではない捻りを加えて仕上げてしまうところが彼らのプログレ・バンドとしての魅力ではあるのだが、時代の要請か彼らの意思か、プログレ的な過剰な展開は避け、バランスのとれた作品造りを目指すようになったアルバム「Interview」から。

昔は積極的には聴かなかったこれ以降のアルバム、今は好きだ。さすが60年代のポップ・バンドが母体のグループだけあって、センスは抜群。80年代までバンドが続けばブレイクするチャンスもあったかもしれない。

うー、あっさり書こうと思っても時間がかかる・・・今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

シャッフルでゴー 6

サクサクいってみよう。

1曲目『Gimme ShelterThe Rolling Stones 1969年41d97jg66dl__sl500_aa240_

ミック・テイラー加入後のアルバム「Let It Bleed」の冒頭を飾る、70年代ストーンズ黄金期の幕開けとなる曲。

アルペジオで始まるイントロから徐々に盛り上がる曲構成が見事。ライヴでは現在でも定番、ミックの歌がぐいぐい引っ張る。

2曲目『When That ComingRory Gallagher 1972年41nls5jguml__sl500_aa240__2

基本はブルースに根ざしていても彼にしか表現できない音楽世界が確立したアルバム「Tattoo」に収録された曲。

ドブロで始まるスライド・プレイが熱い。しかし歌もリズムも独特だ。ソロもブルースのスタイル(スケール)に拘らないし、決して黒っぽさへは行かないのだ。

3曲目『Freezing FireWeather Report 1975年ライヴ録音51z3e2pjwrl__ss500__2

1975年から83年までのライブと未発表音源 を収録した「Live and Unreleased」から。

各時期ごとのリズム隊の変遷が楽しめるアルバムだ。一般的にはジャコのベースとピーター・アースキンのドラムが一番人気なのだが、俺は何と言ってもアルフォンソ・ジョンソンとチェスター・トンプソンのコンビが最高。螺旋を描くようにうねうねと変化しながら周りを巻き込む怒涛のこのリズム・セクッションには中毒性がある。以前からブートでその圧倒的な演奏力に驚愕していたのだが、こうして公式には発表されて嬉しかった(少しは再評価が進んだようだし)。

こんなところで、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

シャッフルでゴー 5

テレビも最悪に面白くないし、シャッフルいってみましょうか。

一部曲を入れ替えたので何が出るか楽しみ・・・出たーっ!出そうで出なかったストーンズ

1曲目「Soul SurvivorThe Rolling Stones 1972年5165pb4925l__sl500_aa240__2

傑作「Exile on Main St.」から。

いまさら何を語っていいやら。アルバム制作時にキースやミックは30歳にもなってなかった。それでいてこれほど豊饒な果実を作り出してしまうとは・・・公私区別なくロックン・ロール・ライフの絶頂期でもあったはずなのに、音楽的には何の揺らぎもないストーンズ・ミュージックの王道へまっしぐら、スゲェとしか言いようがありません。

2曲目「 Who Says a Funk Band Can't Play Rock?!Funkadelic 1978年51sy342qpsl__sl500_aa240_

一般的には一番有名なタイトル曲「One Nation Under a Groove 」を含むアルバムから。

これまた分かり易いメッセージのタイトルだ。でも初めて聴いた時から全然ロックじゃねぇと思ったけどね。まぎれもなくファンクでしょう。初期にはもっとストレートにロックな曲があった。マイケルのギターソロ垂れ流しもファンクだからこそ我慢できるのよ。

3曲目「Funny WaysGentle Giant 1977年41p25t8qdtl__sl500_aa240__4

何度も繰り返し繰り返し聴いてきて未だに飽きることのないロック・グループ、ジェントル・ジャイアントのライヴ・アルバム Playing the Fool 」から、ファースト・アルバムに収録されていた曲のライヴ版。

いつか項を設けて詳しく語ろうと思っているのでここでは紹介だけ(すみません、語りだすと止まらない恐れもあるので)。

それでは、また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)