カテゴリー「プログレ」の35件の記事

2015年7月13日 (月)

気になるアニメ作家ジェシカ・コープ

「アニメ作家」という言葉は日本ではほぼ死語に近いと思う。アニメはほとんど全てが個人の個性(資質、技能、感性)に立脚する創作活動という認識は商業性や大衆性というニーズの中で歪んだ形に変容してしまった。

皆が「私が好きな(望む)モノを作れ」と言い出し、自分の趣味・嗜好に合わないものは貶める。

個々の作家性に向き合う、もしくは作品を読み解くという努力はせず、「答え」を直ぐ求めたがる。

勿論、これは懐古厨ジジイの戯言と思ってもらっても構わないが、

あの全てが作家の個性で語られた「アニメージュ」創刊当初や東映アニメからの宮崎・高畑との出会い、そして東欧(旧ソ連含む)アニメの圧倒的な存在感(レーザーディスク!)を知的興奮を伴って味わってきた私にとっては何とも残念な現状なのである。

きっと現在の日本でも優れた「アニメ作家」は存在するのだろうが、彼等彼女達を知ることが出来るチャンネルは限られている。

いや、何を言いたいかというと、創作活動において自らの作家性に拘った手造り作業感は大事だよということなのだが、書きながら呑んでいるのでどうにも話がまとまらくて申し訳ない。

だからね、そういう作家は皆が知りやすい「場」にどんどん登用されるべきだと思うのだよ。

それで、やっとタイトルのアニメ作家ジェシカ・コープに辿り着くのであった。

彼女を知ったのはごく最近で、デヴィン・タウンゼンドという私がこの一年でどんどん深みにハマっていったミュージシャンのMVを観たことからだ。

レトロな質感とモダンな感性(デヴィンの楽曲に拠るところだが)、そして見事に宙ぶらりんな「結末」、否応なく解釈は観るものに委ねられてしまうである。

凄く作家が誰なのか気になった。

彼女の名はJessica Cope(Jess Copeと記される場合もある)。

調べてみたがWikiは無いようで、彼女自身の古いHP?(http://bit.ly/1O6cbTA)を見つけた。

どうやらイギリスを拠点に活動しているらしい。なるほど、「作家性」が今尚尊重される英国だからこその個性か・・・・・と彼女の(2012年当時の)最も新しい仕事として知る人ぞ知る(プログレ者ならよく知ってる)スティーヴン・ウィルソンのMV『The Raven Who Refused To Sing』が上がっていたので早速観る。

この哀切感、そして全編を覆う「死」の影、ああ、アニメでは久しぶりの(東欧アニメを観て以来の)深い余韻・・・・・・

続けてこれも観る。

辛い記憶を心の底に封じ込める。向き合うことで解放される。ということだろうか。それにしても映像との相乗作用を高めるスティーヴンのギターが素晴らしい。

もっと紹介したいがキリがないのでひとまず終了。

| | コメント (0)

2014年12月16日 (火)

New York、Part.16 Steve Hackett@Town Hall,New York

New York」tag http://bit.ly/1x3AVqt

Part.1   Part.2  Part.3  Part.4  Part.5   番外    Part.6  Part.7 
Part.8   Part.9  Part.10 Part.11 Part.12 Part.13 Part.14 Part.15
Part.16 Part.17 Part.18  Part.19 Part.20 Part.21 Part.22 Part.23
Part.24

 

タウンホールの外観は地味である。

Newnationalhistoriclandmarksmanhatt

普通に街の景観に溶け込み、余計な自己主張(非日常的な演出)はしない。文化的な楽しみが日常生活の延長にあるNYならではの佇まいである。ホールの杮落しは1921年1月12日、つまり約一世紀に渡ってアメリカ音楽文化の変遷と共に歳月を重ねてきた由緒あるコンサートホールなのである。ここでライヴ録音されたアルバムには歴史的な名盤も数多い。

そんな場所でのスティーヴ・ハケットNY公演である。

今回のツアーの名はSTEVE HACKETT GENESIS EXTENDED、つまりだ、彼が在籍していたジェネシス楽曲の再現ライヴはまだまだ続くよ、といった意味だろうかね。

普通のバンドなら、かって在籍したメンバーがバンド名義の楽曲で商売を続けるということにファンは反発を感じることが多いのだが、彼の場合はそうはならないのだよ。詳しい説明はしないが、初期から中期にかけてのジェネシスの音楽における彼の存在(の重要性)がそれを許しているのだ。彼自身が在籍中にリリースした1stソロ・アルバム「侍祭の旅」でそれを自己証明していることも大きい。

ま、そんな訳でソロ活動と合わせてジェネシス楽曲(使用制限はあった、たぶんトニーあたりから)の再現に積極的に取り組んでいた彼だが、昨年ジェネシス元メンバーたちと再会した後に楽曲の使用許可の範囲が広がったようで、ジェネシス・ナンバーだけでセットリストが組めるようになった、それでEXTENDEDということなのかもしれない。

で、ライヴの話。

会場には30分前に着いたが、結構並んでいた。皆、チケットは既に持っているようなので「お祭り気分」を味わいたくて並んでいるようだ。旧友との再会なのだろうかあちこちで挨拶が交わされていた。客層は、白人がほとんど、高齢者多し、少なくとも中高年ではなく老高年世代。そして東洋人は私一人、ライヴへの期待と高揚感で不安には感じなかったけどね。

開場。席は前から4列目、ステージ右より、NYに来てから入手したことを考えれば最高の席である。背はそれほどではないが横に大きめの方々が多く(しかも冬装備)、ギュウギュウパンパンである。

ほぼ満席になってライヴ開始。今一度セットリストを貼っておく。

01.Dance on a Volcano
02.Squonk
03.Dancing With the Moonlit Knight
04.Fly on a Windshield
05.Broadway Melody of 1974
06.The Return of the Giant Hogweed
07.The Fountain of Salmacis
08.The Musical Box
09.I Know What I Like (In Your Wardrobe)
10.Horizons
11.Firth of Fifth
12.Lilywhite Lilith
13.The Knife
14.Supper's Ready
.Encore:
16.Watcher of the Skies
18.Los Endos including Myopia & Slogans

まさかの「トリック・オブ・ザ・テイル」からの2連発でスタート。そしてラストは『Los Endos』で締めるという、「トリック~」大好き男としてはそれだけで感涙である。観客の盛り上がり方も凄い。歌うわ、叫ぶわ、立ち上がるわ、日本のプログレファンの静かな(熱い)ノリとは対照的。アメリカは「ロックンロール!」の国だなぁとつくづく実感。勿論どちらが良い悪いではなく、どちらもOK.!

演奏的にはね、まぁよく出来たカバーバンドの域は出ないのだけど、なんといっても楽曲の魅力が普遍的だからね、そんなことはどうでも良くなってくるのですよ。曲が進むに連れ更にヒートアップしてくる会場の雰囲気を共有体験できたことだけでも来た甲斐があったというものだ。

そして最初のピークが『The Musical Box』によって訪れたのである。ラストに盛り上がる部分で「タッチ・ミー!」と唄に合わせて叫ぶ往年のファン(老人)たちの姿には歌詞の世界とリンクして鬼気迫るものがあった。終了後興奮醒めやらぬ会場に次の『I Know What I Like (In Your Wardrobe)』が流れだした時の「幸せ感」、判る人に判れば良いです。

Horizons』で暫しクールダウンした後は、怒涛の展開。『The Knife』から『Supper's Ready』というこれまた「幸せ感」いっぱいの流れで昇天、天国へ。

Watcher of the Skies』と例の曲↓で締めたアンコールでさらに大満足

Los Endos including Myopia & Slogans

先ほど、よく出来たカバーバンドと表現したけど、表現変えます。

スティーヴ・ハケット本人がいる世界一贅沢なジェネシス・カバーバンド、と。

(続く)

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

New York、Part.15 ハケット・ライヴまでもうちょっと。

New York」tag http://bit.ly/1x3AVqt

Part.1   Part.2  Part.3  Part.4  Part.5   番外    Part.6  Part.7 
Part.8   Part.9  Part.10 Part.11 Part.12 Part.13 Part.14 Part.15
Part.16 Part.17 Part.18  Part.19 Part.20 Part.21 Part.22 Part.23
Part.24

 

アメリカ自然史博物館を出てセントラルパークへ。

既に夕方。寒さが増してきた。185_2

頭が(痛いほど)冷える。キャップの必要性を痛感する。Kさんから「NYの寒さは半端ない、必ず被り物と巻き物は用意するように」とさんざん言われていたのに、上着のフードを被れば大丈夫だろうと高を括っていた。それでは間に合わんのだ(Kさん、忠告に従わず済まんかった)。

ということで、スティーヴ・ハケットのライヴ開始までの行動予定が決まった。

先ずユニクロに寄ってニットキャップを手に入れよう。あと、今夜のライヴ会場「タウンホール」の場所も今一度確認しておこう。それからグランドセントラルで晩飯とライヴまでの時間調整をすれば良い。 

予定だけは完璧である。で、毎度のことながらメインストリートからではなく脇道から攻め、案の定(辿り着けなくて絶望する程ではなかったが)迷う。

普段ライヴや旅行などで行動を共にすることの多いモロ氏(仮名)から言われたことがある。私には脇道や抜け道に入りたがる傾向があるがその成功率は必ずしも高くない、と。

日本国内での「一人旅」に於いては、その傾向は「新たな発見・刺激」を齎すことが多く有意義なのだが、「連れ」がいる場合はとても迷惑な結果を招くこともある(自重)。そして、未知の地(NY)では最低最悪の結果を招きかねないのである。

まぁ、ニットキャップは手に入れたし、タウンホールがグラセンから近いこと(バルコニーレベル出入口から43st.を真直ぐで約10分)も分かったし、結果オーライ。

グランドセントラルターミナル・フードコート

駅構内の地下に広がるフードコート。旅行者、通勤客、近場で働く人々、学生、ご隠居(?)等、様々な人々が気軽に食欲を満たすことが出来る場所である。多様なニーズに応えるために出店している店舗もチェーン店から有名店までと幅広い。各店でオーダーした食べ物をフードコートの中央にあるイートインスペース(テーブルと椅子がある)で食べる、というシステムは、最低限の会話でオーダーできるし、チップも必要ない、海外からの旅行者にとっても非常に有難い場所なのだ。

イートインP1120500_small

私はここで寿司(カリフォルニア巻きと普通の海苔巻きセット)とビール(350ml×2)をオーダー。ビールが一番搾りだったのが嬉しい。寿司は全く普通の味、違和感なし。ふと気がつけば、寿司と一番搾り、て日本での旅行と全く変わらないじゃねぇか。

ライヴまで時間あったので暫くまったり。人間観察が面白い。英語のみならず様々な言語が飛び交っている。祖国から祖父母を迎えたらしき一団、ロシア系だろうか感情表現が豊かだ(声もでかいが)。重ねたビールでごきげんなブルーカラー系一団とか、この喧騒の中で静かに読書するご隠居とか、夜のフードコートは居酒屋でもあった。

気がつけば19時を廻っている。ハケットのライヴは20時からだが、行列とかどんな具合かなと早めに向かうことにした。

Steve Hackett @Town Hall

Photo

Setlist

01.Dance on a Volcano
02.Squonk
03.Dancing With the Moonlit Knight
04.Fly on a Windshield
05.Broadway Melody of 1974
06.The Return of the Giant Hogweed
07.The Fountain of Salmacis
08.The Musical Box
09.I Know What I Like (In Your Wardrobe)
10.Horizons
11.Firth of Fifth
12.Lilywhite Lilith
13.The Knife
14.Supper's Ready
.Encore:
16.Watcher of the Skies
18.Los Endos
       including Myopia & Slogans

すまん、ここで(続く)なのである。

 

| | コメント (0)

2014年8月 7日 (木)

まる(ネコ):ブラインドとねこ。-Window shade and Maru.-

豪快(細けぇことはいいんだよ的な)まるさん、素敵です。

ブラインドといえば私らの世代だとやはり「太陽にほえろ!」のボスだよね。

プログレ・ヘッド的にはブランドX「異常行為(Unorthodox Behaviour)」で決まり↓

91mwgc3nhhl_sl1500_

ちなみにブラインド越しに覗いている「異常者」はフィル・コリンズです。

| | コメント (0)

2014年6月16日 (月)

ピンクフロイド:アランのサイケデリックな朝食風景

Twitter「今朝の一曲」もそうだが、最新リマスター盤を入手してから初期フロイドにプチハマり中。

アルバムで言えばファーストから「雲の影」まで。テーマ性(ロジャー性ともいう)が全面に出るようになる「狂気」以降はちと重いというか時代を意識してしまうというか、気軽に聴けないのだよ。

初期のアルバムは長めの曲や小品系の曲の配置バランスが良く、しかもそれぞれに創意工夫が凝らされ一曲単位で聴いてもアルバム全体で聴いても全く飽きないのである。

要するに一曲一曲が個性的ということなのだが。

というわけで、何時の頃からか「原子心母」と言えば魅力的な小品が並ぶB面を聴く頻度が高くなってしまったのだが、特にこの曲↓日常の朝食風景を描写しているようでいて何とも言えない「違和感」が漂うのだ。しかもそれが不快ではなく「気持ち良い」から困る。癖になってしまうのである。

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

クラシック×プログレ@池袋東京芸術劇場 2014.2.9 / 2.10

ちょっと前の話だが東京芸術劇場で催された「なんでも!クラシック」というイベントで下の2つを観てきた。まぁプログレ絡みということで。

    2/9(日)プログレonクラシック第Ⅰ章〜ビックカメラpresents〜
                   http://nandemoclassic.jp/programs/9-2.html
        藤岡幸夫<指揮>
        荒井英治<ソロ・コンサートマスター>
        東京フィルハーモニー交響楽団<演奏>

    2/10(月)モルゴーア・クァルテット~イエス“危機”全曲版ほか~
                     http://nandemoclassic.jp/programs/10-5.html
        モルゴーア・クァルテット
        荒井英治<ヴァイオリン>
        戸澤哲夫<ヴァイオリン>
        小野富士 <ヴィオラ>
        藤森亮一<チェロ>

この内モルゴーア・クァルテットは以前から聴いていて機会があればぜひ観てみたいと思っていた。そして期待に違わぬ素晴らしい演奏だった、大満足。

オーケストラの方は・・・・・期待していた「Close to the Edge」が編曲のせいか演奏の質(編成のバランス含む)のせいか、どうにももっさりした印象だった、がっかり、正直眠気との戦いであった。でも「 Watcher Of The Skies」だけは良かった。

以下、Twitterから、

池袋芸術劇場でのモルゴーアQ.のプログレ・ライヴから帰宅。いや~前日のオーケストラ版の「煮え切れなさ」を払拭する素晴らしい演奏だった。「危機」アルバム全曲演奏は圧巻。ライヴ後半の憑りつかれた様なエモーションはまさにロックバンドのようであった。2014.02.10 22:33

お早うございます。今朝の一曲『21st Century Schizoid Man』モルゴーア・クァルテット。新録版の演奏も悪くないが、個人的には出会い頭の衝撃ということで'98年のこれを。bit.ly/12yNydP amzn.to/1h5h2bq2014.02.11 07:02

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

クラシック×プログレ:プログレ2デイズ 2014.2/9~2/10

「危機」をオーケストラ版(東京フィル)と弦楽四重奏版(モルゴーア・クァルテット!)で聴けるということだけでも観る価値は十分あると思うのだ。

Cla_01 

Cla_02_2

Cla_03_3 Cla_04a

詳細)第一章 http://nandemoclassic.jp/programs/9-2.html

        第二章http://nandemoclassic.jp/programs/9-3.html

Cla_04_2

詳細)http://nandemoclassic.jp/programs/10-5.html

個人的には前回のプログレ・コンサートを聴き逃してしまったモルゴーアQ.をやっと生で観られるということだけで胸熱である(ちなみにチケットは既に購入済み)。

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

H25.07.16「今朝の一曲」:ジェントル・ジャイアント『A Reunion』

Twitter @KussyR から転載。 まとめタグ)今朝の一曲

平成25年7月16日(火)

お早うございます。今朝の一曲『A Reunion』Gentle Giant。英国的な翳りを帯びたミネアの「声」が最大限に活かされたGG屈指の名曲。音楽の教養と知識を「ポップ」に昇華させるミネアの作風はJ.ブルースの影響もあるような気が。2013.07.16 06:04

51sarpranjl_sl500_aa300_

追記)

プログレは好きだ。

雑誌で特集されるような代表的なアーティストのアルバムはほとんど聴いてきたし、CDで買い直した作品も多い。iPodにもいくつか落としている。

ただね日常的に(積極的に)聴くかといえば、これがそうでもないんだよな。

iPodのシャッフルで出てきた場合を除けば、こちらから選んで聴くことはあまりないのである。

しかし例外も幾つかある。

その一つが、Gentle Giantなのだ。

なんというか、(プログレに在りがちな)時代性とか社会性とか過剰なロマンティシズムとか、諸々の余計な部分が少ないのだよ。純粋に「音楽」だけで成り立っているといっても良い。

だから時代の変化で色褪せない。むしろ聴く度に発見がある。

まあ、あくまでも個人の嗜好の問題で、「分かる奴だけ分かれば良い」ではあるのですが。

・・・・・

ジャック・ブルース云々の件。

ケリー・ミネアもジャック・ブルースも王立の音楽学校(ジャックは王立スコットランド音楽演劇アカデミー、ケリーはロンドン王立音楽院)で作曲の教育を受け、共にチェリストという共通点がある。ジャックは早々にドロップアウトしてクリームでの成功を掴むのだが、当時在学中であったであろうケリー(ジャックより5歳年下)が彼の活躍に刺激を受けなかったはずはない。無論影響も受けたと思う。

節回し、和声、構成、等等、初めてGGを聴いた時から「似ているな~」と思い続けてきているのだが、どうなんだろ。

例えば、「オクトパス」収録の『River』、これって、ジャック主導時のクリームの楽曲みたいだと思いません?

しかし、ペンタ一発ソロのゲイリー・グリーンが気持ち良さそうで何よりだ。

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

H25.07.05「今朝の一曲」:アイランド期クリムゾン『Cirkus』

Twitter @KussyR から転載。

平成25年7月5日(金)

お早うございます。今朝の一曲『Cirkus』King Crimson。アイランド期KCが好きなんだよっ!と(小さく)叫んでみる。ボブ、ボズ、メル、イアン、皆素晴らしい。しかも「リザード」のこの曲をライヴで演奏していたとは、何という俺得。2013.07.05 06:09

61ygjkpgs2l_sl500_aa300_

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

モルゴーア・クァルテット「21世紀のスキッツォイド・マン」CD発売&記念公演

モルゴーア・クァルテット「21世紀のスキッツォイド・マン」171753

大河「清盛」のおかげ(低視聴率はともかく)であろうか、なんと新録音によるアルバムリリースである。

やれうれしや。

収録曲:

1. 21世紀のスキッツォイド・マン(King Crimson)
2. 月影の騎士 (Genesis)
3. 悪の教典#9 第一印象・パ - ト1 (ELP)
4. 太陽讃歌 (Pink Floyd)
5. マネ - (Pink Floyd)
6. メタルマスター (Metallica)
7. アフタ - グロウ (Genesis)
8. クリムゾン・キングの宮殿 (King Crimson)
9. .同志~人生の絆、失墜(YES)
10. 暗黒 (King Crimson)

発売記念公演もある。

2012年6月26日(火) 福島市音楽堂 問:福島民友新聞社事業局 024-523-1334

2012年6月27日(水) 浜離宮朝日ホール 問:ミリオンコンサート協会 03-3501-5638

2012年6月29日(金) 大阪ザ・フェニックスホール 問:ヴォイシング 06-6451-6263

詳細はオフィシャルサイトでhttp://bit.ly/KI4NC5

過去のブログ記事)

楽しい音楽生活 8 モルゴーア・クァルテット「Destruction」 2008.10.17 http://bit.ly/KYTMG2

King Crimson「21st Century Schizoid Man」byモルゴーア・クァルテット 2011.4.19 http://bit.ly/KYV1Fd

とりあえず。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧