« 9月、ご挨拶 | トップページ | 健忘録:「映像の世紀」 デジタルリマスター版 放送 »

2015年9月 2日 (水)

ザ・ウォシャウスキー監督テレビドラマ「SENSE8 」エピソード1配信開始

ようやくNETFLIXが日本でも配信サービスを開始した。https://www.netflix.com/jp/

嬉しい事に開始日(9/2)から一ヶ月間は無料体験サービスである。

勿論「SENSE8」鑑賞のために即登録、視聴環境はXbox360アプリ経由、液晶フルハイビジョンテレビ。

Sense8netflixpromo

先ずは4作目まで一気に観た。いや、実は4作目辺りから物語が加速し始めるので、そこで止めるのにとても苦労した。

中毒性がヤバい。

ペ・ドゥナ見たさで興味を持った作品なのだが、登場する役者たちが全て良い。国籍が多様なせいかアメリカ産ドラマに有りがちな過剰な感情表現が少なく(但しラテン系のメキシコ組は全開!凄く濃いよ~)純粋に「演技」に集中することで自然とお国柄が滲み出るのが面白い。

ゲイ(男女とも)の扱いにも余計なフィルターが掛かっていなくて、彼ら彼女たちの恋愛や人間模様にもすんなりと感情移入できる。この辺りさすがウォシャウスキー(姉?)といったところである。

今のところ、個人的に興味を惹かれた人物は、ロンドン編の女性DJ(影ある佇まいが良い)、メキシコシティ編の「男男+女」の訳ありトリオ、かな。特にメキシコの方々は(いろいろな意味で)強烈だった。

しかし、ゲイ文化やロンドンDJ界隈(ドラッグ含む)を始めとするサブカルやエロスの表現は(日本の尺度で言えば)かなり直接的で自由だ。

間違っても家族で楽しもうとは思わないほうが良いと思う。

|

« 9月、ご挨拶 | トップページ | 健忘録:「映像の世紀」 デジタルリマスター版 放送 »

エンターテイメント」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月、ご挨拶 | トップページ | 健忘録:「映像の世紀」 デジタルリマスター版 放送 »