« かご猫:箱のなかの猫 Box and cat 2015#15 | トップページ | 大人なのっちさん »

2015年9月24日 (木)

杉浦日向子「江戸へようこそ」:よっこら、すうすう、はあはあ

9月14日のブログ別冊太陽「錦絵春画」特集鈴木春信「風流艶色真似ゑもん」を紹介した時に触れた杉浦日向子さんのエッセイなのだが、先日蔵書整理中に三度の引越をかい潜ってきたダンボール山の底から「発掘」された彼女の貴重な単行本群(「百日紅」初回本等含む)に中にあった「江戸へようこそ」というエッセイ/対談集に収録されていた事がわかった。

Photo_2本を開いたら何やら印刷物が挟んである。見れば、当時の勤め先(本厚木)近くの喫茶店「アールヌーボ」が発行していたミニコミであった。日付は'86年9月1日、約29年前か・・・。当時は実家を出て一人暮らしを始めたばかりの31歳、知的刺激欲に満ち溢れていた(あと性欲もね)。その対象は勿論書籍である。なんてたってパソコンもない時代だもん、「何?」となったら直ぐ本屋(立ち読み含む)の時代なのだ。

そんな訳で、杉浦日向子作品群が収められたダンボールを含む周辺地層から発掘された他の書籍が凄い。哲学書、文藝や映画の評論集、古今東西の古典、文明論、等々、宮武外骨「滑稽新聞」復刻版全6巻なんてのもある。今は絶対読みそうもない、否、(根性無し的な意味で)読めそうもない作品群だがこの時期に貪欲に吸収しようと読み漁ったからこそ「今」の(良くも悪くも多少面倒臭い)個人的価値観に拘る「私」が有るのだと思う。

閑話休題

江戸へようこそ」であるが、対談は後発の「江戸塾」シリーズの方がずっと面白くって為になる、とだけ言っておこう。機会があれば是非読んでいただきたいのはエッセイの方である。私の江戸的なるモノへの視座は全てこの中にある。というか29年前に読んだ杉浦日向子の「言葉」で形造られたということに今更ながら気付いたのだ。

秀逸なのは、ある種の決意表明とも言える前口上である。「江戸はここにある、では江戸とは何か」について彼女なりの考えを述べているのだが、それこそが杉浦日向子女史が一生かけて取り組んできた命題なのである。でもね別に眉間に皺寄せてってわけじゃなくて、蕎麦屋で昼から「ぬき」をアテに酒呑むこともありなんだよね。

・・・・・

さて、当ブログのタイトルに有る「よっこら、すうすう、はあはあ」は何でしょう?

これ、春画の書き入れなんだよね。「すうすう、はあはあ」は判るけど「よっこら」に漂うある種の滑稽味が良いよねぇ。書いた人は葛飾北斎、隠号は紫色雁高(ししきがんこう)もしくは鉄棒ぬらぬら、例の蛸の絵の書き入れの何ともくだらない面白さもそうなんだけど、北斎が心底楽しでるのが伝わってくる。日向子女史に言わせると、「よっこら、すうすう、はあはあ」と声に出しながら北斎は描いたんじゃないかと。その風景を想像すると面白楽しいですな。

そしてこの「よっこら、すうすう、はあはあ」は春画について書かれた項目のタイトルなのだが、この項目での春画に対する杉浦日向子解説は面白くて非常に為になる。全て引用したくなるほどだ。しないけどね。

ただ今開催中の春画展に行く、行った、方は是非読んで欲しいと思う。「ああなるほど」から「もっと楽しめそうだ」になると思うのだよ。

それからね、春画は笑って良いんだよ、勿論。

当時の川柳「馬鹿夫婦春画をまねて手をくじき

あと、「真似ゑもん」、あった。記憶と違ってなかった。11月3日からの春画展後期展示が楽しみだ。Photo_3

現在は文庫化もされているようだ。

|

« かご猫:箱のなかの猫 Box and cat 2015#15 | トップページ | 大人なのっちさん »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かご猫:箱のなかの猫 Box and cat 2015#15 | トップページ | 大人なのっちさん »