« 七人の侍:早坂文雄の音楽 | トップページ | Perfume:SXSW歴史的パフォーマンス、裏話。 »

2015年4月 9日 (木)

「インターステラー」、無理に他人には勧めんが。

待ちに待ったBD発売!購入してから2回観た(おかげで寝不足である)。

賛否両論、好き嫌いも当然あるだろう。

私もIMAXで初見の時は、相対性理論や宇宙物理学の科学的(SF的)基本知識が無ければ(一般的には)理解されないだろうな、と思ったことも事実だ。

しかし、そんなことはないのである。吹き替え版で画面に集中していてよく判った。何よりも監督やスタッフ、キャストが精魂込めて創りあげた「絵」が雄弁に全て伝えきっているのである。

「絵」に集中しろ、極めて「映画的」な作品なのだから。


毎回同じシーンで涙が涙が止まらないのだが、さてそれはどこでしょう?

正解は・・・・

|

« 七人の侍:早坂文雄の音楽 | トップページ | Perfume:SXSW歴史的パフォーマンス、裏話。 »

ネット動画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七人の侍:早坂文雄の音楽 | トップページ | Perfume:SXSW歴史的パフォーマンス、裏話。 »