« Twitterは毎日続けられるのだ。 | トップページ | 33万アクセス、ありがとう。 »

2015年2月 1日 (日)

人生(命)の期限

公的年金の他に共済年金も積立てていたのだが、昨年11月にその保険会社から60歳満期後の年金受取についての案内が来たのである。

5年、10年、15年、20年、終身、その他色々あります、さてあなたはどのコースを選びますか?

と。

つまりだ、あなたは後何年生きるつもりですか、ということなのだ。

それまで漠然と「残りの人生」は意識はしていたが、こんなに具体的に突き付けられたのは初めてである。

狼狽えた。

12月はなるべく考え無いようにしていた。

が無理だった。

返答締め切りは1月末日までである。おかげで先月後半はそのことばかり(ぐるぐるぐるぐる)考えを巡らしていて「まとも」ではなかった。

・・・・・

若干の希望的観測も含みつつ「答」を出して返事を期限通り発送した。

後は「期限付き」人生をどう生きるかなのだよな。


|

« Twitterは毎日続けられるのだ。 | トップページ | 33万アクセス、ありがとう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Twitterは毎日続けられるのだ。 | トップページ | 33万アクセス、ありがとう。 »