« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

Twitterは毎日続けられるのだ。

決断すべきことがあったり、身辺に変化があったり、と還暦直前は心落ち着かないのである。

で、ブログもこの始末ですよ。

まぁ、穴埋め的なブログよりはTwitterの方がよほど「発信」しているので良かったら右サイドバーのTwitter TLを見て下さい。

穴埋めのっち↓

20150126_p08.jpg

今週のPerfume Locksで登場したのっち新キャラ「ジャパノッチノチダ」、最高だった。

| | コメント (0)

2015年1月26日 (月)

まる(ネコ):箱を横どりするねこ。-Maru intercepts the box.-

過酷な戦いは更に続くのである。

その巨体を利用したまるの「ゆっくり」ボディ・プレス、これは苦しい、はなも退散するしかないのである。

よほど悔しかったのか意趣返しの素早い一発がはならしくて可愛い。

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

廃人

金曜日に中学校時代の友人と彼の弟さんとこれまた旧い知り合いが営む地元の呑み屋で呑んだ。

60歳になろうとする連中にありがちな話題(健康、家族、老後等)だから敢えてここで内容は書かないが、気のおけない仲間との会話は楽しかった。

友人が帰った後、私と同じ地元に住む彼の弟さんと(彼の馴染みの)店に移動。つまみは旨く、酒が楽しく、最高の時間を過ごしたのだが・・・

呑み過ぎた

次の日(土曜日)は完全に廃人状態。

二日酔いなど何年ぶりか?とても体に堪える。昔だったらこれぐらい何ということもなかったのだが、身体の「老い」は正直である。そう、身体のあちこちが痛いのだよ。帰宅時に利用したタクシーから降りるとき「腰」から転んだ記憶があったのだが、その尾骶骨周辺が中腰になると痛いのだ。布団を畳むとき何度か「アウチ!」系の悲鳴を上げてしまったことを告白しなければならない。

これが一生続いたら嫌だなぁと「こわい考え」(byぼのぼの)も浮かんだが、今朝はだいぶ治癒していて一安心。ともあれ、これから先、身体のあちこちの不具合と嫌でも共存しなくてはならなくなる事を先に体験してしまった感があったのである。

皆様もご自愛ください。


| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

SONY WALKMAN NW-ZX1/S、始めました。

412lx4zchcl前から気にはなっていた機種('13年9月発売)で、色々と調べてはいたのだが、iPod Classicの新機種発売を信じて(む、虚しい…)保留にしてきたのである。

もっと早く買っておくべきであった

メーカーの惹句で「未体験の、心震える感動を」とあるのだが、まさにその通りの音楽体験だったのだ。

ただね、音源インストールが面倒くさいのよ。iTunesでデータから落とそうとすると、すんなり行く場合は良いのだが、クラッシュしていて途中で止まってしまう(もしくは非常に時間がかかる)場合があるのだ。そうすると該当CDを探しだして入れ直さなくてはならない。

クラッシュしているかいないかは入れてみなければ判らない。とてもとても面倒なのである。

ただただその先の新しい音楽体験を信じてよたよたと進むしか無いのである。

しかし、アナログ時代の音楽ソースは良い音で聴けば聴くほど新たな発見があって「底無し沼」であるな、しかも「底が丸見え」なのに届かないという無限地獄。

思えば大変なものを好きになってしまったものである。

鶴亀鶴亀。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

音楽環境「絶不調」

不調である。

どうやら外付けハードディスクに原因がありそうなのだが。

そこに落としこんでいたiTunesのデータに破損が生じていて限りなく落ち込む。

何年も時間を掛けて集めたデータがほとんど使えないという事実。

おまけにiPod Classicまで不調である(何年も酷使してきたからなぁ)。

思いつく限りの手段で復旧しようとしたが、

ダメだ。

しかもiPod Classicは生産中止。

買い替えようにも物が無いのである。

私の音楽環境が根本からひっくり返ってしまった。

・・・・・

ここの所、個人的に凹む出来事があったところに追い打ちを掛けるようにこれですよ。

ブログも書く気がしませんでした。

結局、新しく一から環境を作り直すことにしました。iPodやiTunesに不満があったことも事実だし良い機会だと思うことにしたのです。

ここに至って、何とか先が見えてきたので、暫く休んでいたブログも再開します。



| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

マリとしょうた:映画出演希望犬

新作が発表される毎に演技に凄みが増すまり殿。もうとっくにどこぞの有能プロデューサーが目を付けているに違いない。ただなぁ、まり殿を起用するともれなく付いてくるであろう「しょうた氏」の扱いがネックではないかと。やはりのこのコンビであるからこそだしね。

で、今作も素晴らしい。

かなりの完成度である。予告ということは本編準備中なのか?単なる連作コントではなくちゃんとドラマを感じさせるし、これは本編を期待してもいいのかな。

実はこの作品の前にも一作あったのだが、このブログで紹介するのが憚れる内容(しょうた氏お得意の下ネタ)だったので紹介しなかった。興味ある方はhttp://bit.ly/1CAHTm0

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

第9回:なかのぶジャズフェスティバル

今年も開催される。Njf15lf_omo

今年から会場が荏原文化センターからスクエア荏原 ひらつかホールに変更。

キャパ的には文化センターと変わらないのだが音響面を考慮して作られた新しいホールということなので期待できそうだ。

私?勿論行きます。まだチケット買ってないけど。

チケット等、詳細)http://nakanobujazz.jp/news.html#ticket

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

まる(ネコ):グレーベッドとまるとはな。-Gray bed and Maru&Hana.-

熾烈な攻防戦は続くのである。

観戦のポイントははなの多彩な攻め。

・先ずは下から攻めるはな。まるを絞り出そううとしているのだろうか。

・顔を出したまるへの直接攻撃。0:54一本だけ出ているまるの前足♡

1:09はなのボディプレス。

2:02はなの無慈悲な猫キック連打、直後にまるが(これは効いたという風に)頭を振るのもプロレスっぽい。

最後は「もうあんたの勝ちでいいよ」という感じかな。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

母命日、墓参り。大船巡り。

4年目の命日。10895180_400856546745880_1628597587

母の面影は50歳前後の頃の姿で固定されてきた。その頃、長髪ロック野郎だった私(大学生)の一番の話し相手だったし、理解者であった。まぁ半分は呆れて諦めていたのかもしれないが。

墓参りの後、友人夫妻と合流して大船で食事。魚介類中心の「観音食堂」というお店でとても美味しかった。アジフライが絶品。

店頭にはちょっと前までお薦め料理の張り紙がベタベタと貼ってあったらしい。新年ということで綺麗にしたのかな。

勘定場には招福猫の一団が。Mrs.Naoko撮影

PhotoPhoto_3

大船観音へ。小さいころ寄ったことがあるはずだが記憶が定かではない。何となく新興宗教系かなと思っていたが曹洞宗の立派なお寺さんであった。10890791_413539488812380_935217581_

美しい観音様である。

今年の干支をあしらったご利益ミニ饅頭。年男なので有り難く頂いた。10914274_762610593826789_1953653843

その後は大船商店街を散策。軒を並べた八百屋や果物屋、魚屋等の盛況ぶりには感動。もう東京ではほとんど見ることが出来ない光景であった。

さてこの三連休で正月気分も完全終了。

やるべき事スタートしなければ(誓い)

 

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

まる(ネコ):赤いベッドとまるとはな。-Red bed and Maru&Hana.-

一幕物の舞台のよう。

「赤いベッドを死守するはな。Hana defends desperately the red bed.」

右にハケて左から飛出し一発でベッドに収まるはなの身体能力。

そしてはなを見失ったまるの鳴き声(珍しい!)。

いいコンビだわ。

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

ブラタモリ:京都編

不覚にも見逃していた番組だった。たぶん再放送があるだろうけどそれまで待てなくて「オンデマンド」で観た。

崖やら、坂やら、そして過去の痕跡やら、京都でもタモリはタモリ、最高である。

自分の旅の仕方にも大きな影響を与えていることを今更ながら自覚した。

NHKオンデマンド「ブラタモリ 京都http://bit.ly/1sadRVz

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

かご猫:おもちゃを拾ってくるくろ

もうね、お利口すぎ!

トテトテと持って帰ってくる姿に癒やされるのだ。しかも飼い主の掌に渡す(落とす)という、究極の猫好き殺し技!こんなことを(現実に)やってくれる猫がいるとは思わなんだ。

そこ、代わってくれ。

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

かご猫: くろの鳴き声 Cries of cat

常に「癒しより刺激」の私であるが、ネコ(科)だけは別。

癒やされまくりたい」のである。

ううっ、何というキュートな鳴き声であろうか。

たぶん「遊んで」とおねだりしているのだろうけど、飼い主さんの焦らし方も絶妙ですな。そこ、代わって欲しい(真顔)。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

BABYMETAL「Road of Resistance」 Trailer

ニューアルバム特典の新曲(ネット配信)は、てっきりシングル候補?『Bubble dreamer』だと思っていたので、このトレーラーは嬉しい驚きだった。

タイトルもThe OneではなくRoad of Resistance

そりゃそうだ、「ザ・ワン」は目指すべき目標であって、「メタル・レジスタンス」はまだ道半ばなのだからね。

映像的にはこの間のNHK特番と同じイギリス公演のソースが使われている、ということはライヴ丸ごと完全版がどこかにあるということだよな。

NHKでの完全版放映を期待しちゃうのだが。

先日の特番も新たなファンが爆発的に増え続けているこの時期にこそ(地上波で)再放送すべきですよ、NHKさん。

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

新日本プロレス祭でお正月

正月3日目

昨年7月10日のブログ田口華のプロレス愛はガチ にも記したが、田口華のせいでプロレス熱復活の兆しがあった(ネットで関係動画観まくり、主にDDTだが)。

そこで初期症状の内に早期治療すべく「新日本プロレス祭」とやらに行ってきたのだ。

10865097_759279007460436_81423805_2この催し物はファン感謝祭的な色合いが強く、グッズ販売・サイン会等の選手サービス優先で新参者にはキツいところもあったのだが、昔から好きなベテラン勢(天山外道小島中邑、等々)の元気な姿を見られたのは嬉しかった。

噂のオカダ・カズチカ、鈴木稔的な「性格悪い」系を期待したのだが、ちょっと印象が違った。

そしてオー・マイガーファンクルなこの人、田口隆祐。下ネタ大魔王ぶりが最高であった。リングにはくれぐれも掛けないで下さい。

あと、DDT動画で好きになったケニー・オメガの姿も見られたし、若干退屈しつつも満足であった。

それで、田口華なのだが、あの完全アウェーな雰囲気の中、一人でよく頑張っていたと思う。他の女性陣が海千山千過ぎたが、その掴み方も含めて良い経験になったのではないか。

さて今年は7年ぶりにプロレス本興行に足を運ぼうかな。

| | コメント (0)

2015年1月 3日 (土)

東博でお正月

正月2日目

東京国立博物館博物館に初もうで

トーハクくんとユリノキちゃんがお出迎えPhoto

目黒不動尊初詣と並ぶ我が正月の恒例「参拝」。いや冗談ではなくこの場所には古今様々な(芸術家や職人の)魂が棲んでいらっしゃると想うのである。江戸城の鬼門封じのために建立された寛永寺の敷地内に東博が建てられたという事実は示唆的だ。

という訳で、心のなかで手を合わせ感謝の気持で入館するのであった。

例年以上に人出が多い。外国の方も多数見掛けた。Photo_2

正月に必ず展示される等伯「松林図屏風」、引いてみるべき作品なので、前方に人が多いと風情が台無しであるが、しょうがないな、正月だもの。0806_11


逆に伊藤若冲は細部をじっくりと楽しむべき作品なのだ。

どうですか?このデフォルメ具合↓雛の描写のやっつけ感、最高です。

松梅群鶏図屏風(部分)Photo_3

雛さん、西原理恵子のヒヨコみたいだ。Photo_4

そうかと思うと、こんな作品も描いちゃうところが若冲の凄さ。

紫陽花双鶏図(プライス・コレクション)Fukkoutown_pic_01

この二面性こそ彼の魅力なのである。

玄関前では和太鼓グループ批魅鼓による和太鼓の演奏が行われた。Photo_5

これが良かった。「和」の要素に現代的なパーカッション・アンサンブルの魅力を加えた、ある意味ロック的なビート感を感じさせるパーフォーマンスで魅了された。

メンバーのうち、何人かはドラムも叩いてそうだな。

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

お正月

元旦

例年の如く自宅から徒歩で目黒不動尊へ初詣。途中林試の森で猫達に新年の挨拶。

猫、どこに居るか分かります?(クリックで拡大)002

目黒不動山門前。「ゲアラカ」の字を見ると一年経ったのだなと実感するのである。004

今年は人生の節目(還暦)かつ前厄でもあるので、じっくりと祈ってみた(お賽銭は何時もと同じ)。

続いて、これも恒例、大円寺に詣でる。009

以前も書いたが、このお寺さんは大好きなのである。決して大きな境内ではないが、良い石佛がたくさんあるのだ。

012_3  

016

その後は目黒駅へ。昼飯にはまだ早いので、品川経由で大井町の寿司屋に向かった。

上寿司にビール、旨し。しかし、この店もそうだが、以前は味噌汁を出すタイミングへの気配り(ビール飲んでいるからね)があったのに、今は声掛けさえもないんだよ。頭から出されたら、いただくときにはすっかり冷たくなってしまうだろ。

弟から連絡があり、夕方に弟家族と京王プラザホテルで食事することになった。

時間があったので一旦自宅に戻り録り溜めてあった紅白を観る。リアルタイムでは副音声で「聴いて」いたので「観」直したわけだが、興味のある出演者以外は早送りで観たためあっという間に終了。ポッカリと時間が開いてしまった。

そこで年末にダウンロードして以来ほとんど手を付けていなかったXbox360のゲーム「ボーダーランズ プリシークエル」を始めてみたのだが、やばいっ!面白すぎる。年末に手を付けなくて良かった。

逆に止め時が難しくなってしまい、弟家族との約束の時間にギリギリ到着となってしまった。

3階レストランで洋食。ホテルの接客はさすがである。

昨年就職した甥が帰省中だったので「私、弟、甥と両親の血を引き継ぐ血族が全員揃ったなぁ」、と今までは意識したこともないことを想ったりしてしまった。三月に訪れる「還暦」のせいか?

機械工学系企業に就職した甥からは工学テクノロジーのとても興味深い話が聞けた。実は私、好きなんだよね、物理とか化学とか。何でちゃんと学ぼうとしなかったのか、一生悔やみ続けるだろうな。


| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

招福猫、まるさん:鏡もち箱とねこ。-Round rice cake box and Maru.-

存在自体が「お目出度い」まるさんの鏡餅化計画は順調に進行中。

かっと見開かれた 眼も含めて全てまんまるである。

とても目出度いのである。

| | コメント (0)

2015、元旦。

明けまして御目出度うございます。

大黒に似たりにたりと打笑ふ六福神をよせしすがたゑDaikoku

大きく笑って「福」を呼び込む大黒天さまですが、形作っているのは大黒天さんを除いた六福神。誰がどこだか判りますか?答えは最後に。

さて、世の中が良い方へ向かっているのか、いないのか、誰も確信が持てない昨今ではありますが、身近な「福」は自分次第でまだまだ呼び込めそうではあります。今年一年、気分は「Keep on Rockin' in the Free World」(by Neil Young)で行ければ、と思っております。

答)頭は布袋、胴体は弁財天、右手は毘沙門天、左手は福禄寿、右足は恵比寿、左足は寿老人、六神寄せて大黒天。

Kussy

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »