« かご猫:みみは枕?クッション?関取? | トップページ | 「今朝の一曲」一纏め:10/27-11/2、7日分  »

2014年11月 5日 (水)

大師巻、知ってます?

PerfumeのNY公演でお世話になる現地在住の友人から川崎名物の「大師巻」を頼まれていたので先日の文化の日に川崎まで行ってきた。

ちなみに「大師巻」はこれ↓25_img1 http://www1.enekoshop.jp/shop/doumotosenbei/

川崎駅近くに本社がある堂本製菓が作っているのだ。もちろん名前の由来は名刹、川崎大師。太師様が身体に纏う黒い衣に見立てた海苔でおかきを包んだ菓子で、大きめの海苔の香ばしさとクリスピーな食感が世代を超えて親しまれているのである。

で、支店がある駅前地下商店街アゼリア(他の買い物もあったしね)に向かったわけだが、道中ふと思ったのだ。川崎大師って行ったことあったかな、と。

記憶も定かで無い幼少の頃、両親と初参りで行ったことが有るような無いような・・・京浜急行川崎駅にちょこんと控えめに併設された(「盲腸線」と言うらしい)大師線ホームと旧車両のことは漠然と記憶にあるのだが・・・・・行けば思い出すかな、ということで行ってみることにしたのである(門前に堂本製菓の支店もあるだろうし)。

このホームですな、もちろん新車両。Photo

曖昧な記憶を再構築した限りでは、全体的に鄙びた印象が残っていたのだが、そりゃ時が経てばそれなりに新しくなるよな。

しかし、川崎大師駅前はほぼ記憶通りの風情であった。はっきり言って田舎臭い。

駅前広い、その割に何もない。そうか、初詣客の激混対応の為なのかも知れんな。004

駅前の喫茶店、たぶんお客の殆どは隣のパチンコ屋常連のジジババ。003

駅前から川崎大師(本当は「真言宗智山派大本山金剛山金乗院平間寺」という長い名前)の仲見世商店街までは500メートル程の距離があるのだが、路の両脇に名物「久寿餅」の店舗が目立つぐらいで特に見るものなし。

仲見世商店街005

入り口の右側に包丁パフォーマンスで知られる「とんとこ飴」の松屋総本店がある。

しかし堂本製菓の支店は見当たらない。袋入りの大師巻を単品で扱う店はあるがそこには贈答用箱入りがないのだ。やはりアゼリアで購入するしか無いのであった。

でも来て良かった。ちょうど七五三の時期で華やかな気分もあったし、010

秋晴れだったし、016

猿回しも面白かったし、008

良い祝日が楽しめたのである。

ただ門前の蕎麦屋が駄目だった。「門前に美味い蕎麦屋なし」、肝に銘じておこう。

|

« かご猫:みみは枕?クッション?関取? | トップページ | 「今朝の一曲」一纏め:10/27-11/2、7日分  »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんですね、大師巻きは川崎大師門前に、店は無いのよね、そして、川崎駅界隈と、上大岡でしか買えない!だから、知る人ぞ知る、、、通販だとだいぶ先まで待たされるみたいですよね。

投稿: 年下の姉 | 2014年11月 6日 (木) 22時38分

年下の姉様
門前の仲町に出店がないのは意外でした。
堂本製菓の沿革を見ると元々は東京のお店だったみたいで、昭和になってから川崎に移転(その後会社化)してきたようですね。
だからお寺さんのとの(檀家的な)繋がりよりも川崎住民としての地域愛から「大師巻」と命名したのではないでしょうか。
たぶん。

投稿: Kussy | 2014年11月 7日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かご猫:みみは枕?クッション?関取? | トップページ | 「今朝の一曲」一纏め:10/27-11/2、7日分  »