« New York、Part.1 | トップページ | 1回休み、なんとなくのっち。 »

2014年11月20日 (木)

New York、Part.2 ブロードウエイ

New York」tag http://bit.ly/1x3AVqt

Part.1   Part.2  Part.3  Part.4  Part.5   番外    Part.6  Part.7 
Part.8   Part.9  Part.10 Part.11 Part.12 Part.13 Part.14 Part.15
Part.16 Part.17 Part.18  Part.19 Part.20 Part.21 Part.22 Part.23
Part.24

 

ブロードウェイと言う「通り」自体はニュー・ヨーク州を南北に走る長い道なのだが、一般的にはマンハッタンを斜めに貫くNY文化(ミュージカルに代表されるエンターテインメント)の象徴としてのストリートという印象が強い。特にブロードウエイが42丁目と7番街に交差するタイムズスクエアは世界で一番有名な交差点として知られている。

一等地故入れ替わりが激しいらしい広告ディスプレイだが、今回はこれが目立っていた。4K?8K?この場面はスティルだったが、このクオリティでムービーがヌルヌルと動くのである。015a

で、そのタイムズスクエアのtktsで『Kinky Boots』のチケットを購入。開演は午後8時(NYでは大抵この時間からが一般的)、劇場はAl Hirschfeld Theatre、下の地図では23番である。

クリックで拡大Photo_2

どうです?こんなに沢山の劇場があったこと、知ってました?私は驚きましたよ

漠然としたイメージではブロードウエイの目抜き通りに近代的な劇場が軒を並べている(しかも定番作ばかりを上演)風景を想像していたのだが、全くの勘違いだった。

ビジネスだけのエンターテインメントではなく、(大衆)文化としての斬新なエンターテインメントがここから競い合うように生まれてくる土壌がこの場にはあるのだなと思った。

こんなに激しい競争の中から他者と明確に差別化された「作品」を創り出すにはどれだけの才能と努力が必要かは安易に想像できるし、またそれらを発表し評価の機会を与えられる為にはこれだけの数の劇場が必要なのだということが理解できるからだ。

と、先入観はいかんなぁ、と反省しつつ劇場場所を確認するために45丁目、8番街と9番街の間(45th st. Btwn 8th&9th)に向かうのであった。

019

場所確認(Kさん先導にくっついてきただけなので個人的にはとっても曖昧)の後はマンハッタン散策。既に街のあちこちでクリスマスの飾り付けが始まっていた。というか、「寒い」。それでも今日は暖かいそうで、私の滞在時期がちょうど秋と冬の間になり、この一週間で急激に寒くなるとのこと。

NY名物の屋台で食事(凄いボリュームで食べきれんかった)後、5番街のユニクロへ。

Nyc_5th_5

さすがNY店、日本の既存店とはひと味ちがうセンスが魅力的。近隣のMoMAMuseum of Modern Artニューヨーク近代美術館)と提携したデザインが素晴らしい。http://sprzny.uniqlo.com/jp/

さてここでKさんが6時から「日系人の2重国籍問題」等についての説明会に出席するために(ちなみに彼女はグリーンカード取得済)暫しのお別れ、8時の『Kinky Boots』開演(現地集合)まで一人で過ごすという試練が与えられたのである。

(続く)

|

« New York、Part.1 | トップページ | 1回休み、なんとなくのっち。 »

New York」カテゴリの記事

カメラ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New York、Part.1 | トップページ | 1回休み、なんとなくのっち。 »