« かご猫:首輪を拾ってくる猫 | トップページ | 熱帯夜、始めました »

2014年7月22日 (火)

「UNLOCKING THE TRUTH」というアメリカの中学生メタル・バンドこそBABYMETALの対バンに相応しいと思う

最初に彼等のこと知ったのはネットでたまたま見たこのヘッドラインでだった。

中学生メタル・バンドUNLOCKING THE TRUTH、約1億8000万円でSony Musicと契約を結んだことが明らかに!

12歳のJarad Dawkins(Dr)、13歳のMalcolm Brickhouse(Gt)、同じく13歳のAlec Atkins(Ba)という、ニューヨーク ブルックリンの中学生3人組によるメタル・バンド、UNLOCKING THE TRUTHがSony Musicと契約!なんと最高報酬180万ドル(約1億8000万円)という破格の契約内容であることが明らかになった!(以下略)

Uttthumb700xauto16064

日本での記事だったら、また大人の思惑で仕組まれた「作り物」かと一蹴するのだけど、アメリカのビジネスは甘くない、「可能性」だけだったら金は出さない、「確信」があったからこそ契約は成立したはずだ。それで、契約内容を見てみると、出来高に応じた報酬(売れれば売れるほど条件が良くなる)で、その上ですべての契約(アルバム5枚分)が満了されれば報酬の最高額が180万ドル以上になるというものである。つまり予定通りいかなければそこで契約終了というリスク回避も盛り込まれているのである。これは本気の契約だ、両者とも成功の可能性が高いと確信しているからこその契約内容なのだ。

だが、本当にこの少年たちにその価値が有るのだろうかという疑問は当然湧く。メタルとは謳っているけど、ポップ寄りだったり、いや黒人だからラップ・メタルだったりファンク・メタルだったりして、音楽性までリスク回避して売れ線狙いなんだろうなと思うよね、普通。

で、YouTubeで動画を観てみた。

先ず最初に観たのは彼等がツアーと呼んでるNYの街角路上演奏。約一年前12歳頃かな、後に彼等の代表曲になるであろう(断言、但し責任はとらん)「MONSTER」のインスト・ヴァージョン。ちなみにこの頃の彼等の演奏にヴォーカルはない。

先ず自己表現衝動ありき、その為のメタル(一番しっくり来たらしい)であり、楽器であり、バンドであり、パフォーマンスなのだよ。ギターのマルコム少年は4歳の時にドラムのシャドラ少年に出会いバンドを始めることを決意したそうだ。正にロックだよな。

日本にも楽器が巧い「天才」少年少女がたくさんいるが彼等の表現衝動は楽器止まり。 いや、そもそも表現衝動の手段として楽器を弾いていないか。バンドと言っても大人と混じってこんな難しい曲でも弾けますだもんな(個人に対する恨みはございません)。

そして彼等の動画の面白さはバンドが進化/深化する様をリアルタイムで追っていけることにもある。次に紹介するのは上の動画から一年後の「MONSTER」直近(今年4月)動画。そう、歌うべきことが見つかったのか、ヴォーカル入りで楽曲の魅力がとても増したと思う。演奏も堂々たるものだ。

デビュー・アルバムは今秋リリース予定だけど、今は更に進化しているんだろうな。今年のサマソニとか呼んで欲しかったなぁ。BABYMETALと同じで学校の問題もあるみたいだけど。

で、この記事のタイトルのことだが、ベビメタがライヴで対バンすべきはガチ・メタルバンドが望ましい、という持論の私にとっては願ってもないバンドなのだよ。歳も近いし、あ、それはまた別の問題が・・・

ちなみにメンバーが好きなバンドは四天王辺りは勿論だけど他にLiving ColorやChelsea Grinの名を挙げていた。そうあの本気かどうか判らんベビメタ・ファンのChelsea Grinを!

ということはチェルシーのTwitter(ヘッダーがベビメタ)を覗いていて、ベビメタの存在を知っている可能性もあるな。ああそれ以前に十分認知している可能性のほうが高いか。

いずれにしろ、ビッグになっちゃう前にぜひ御一考を、関係者の皆様。

妄想御免。

・・・・・

UNLOCKING THE TRUTHに興味を持ったら他のYouTube動画もチェックして欲しい。数々のライヴ動画は勿論だが個人的にお薦めは、ヴァーノン・リード等が家庭訪問する動画。マルコムという「名」に対する黒人の気持ちが分かって興味深かった。

 

|

« かご猫:首輪を拾ってくる猫 | トップページ | 熱帯夜、始めました »

BABYMETAL」カテゴリの記事

ネット動画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

モントリオールのフェスでフォトセッションしてましたねえ
男の子がなんか嬉しそうでしたね

投稿: マリン皆勤 | 2014年8月10日 (日) 11時31分

マリン皆勤様
そりゃねぇ、側にこんなに可愛い子がいれば思春期の男の子としては当然な反応です。
それでインタビューでベビメタのことどう思うか?と聞かれて(無理して)「別に興味ないし」とか応えてくれれば最高なんですが。

投稿: KUSSY-METAL | 2014年8月11日 (月) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かご猫:首輪を拾ってくる猫 | トップページ | 熱帯夜、始めました »