« かご猫:くろ2題 可愛いが、傍若無人な振る舞いも | トップページ | BABYMETAL:歴史的とはこういうこと »

2014年7月10日 (木)

田口華のプロレス愛はガチ

BABYMETAL経由でさくら学院もひと通りチェックしたが、やっぱり私には合わないかなと・・・でも「さくら学院 日誌」で菊地最愛と水野由結が時折BABYMETALに言及することがあるのでこれだけはブックマークしていた。

そして発見しちゃったのである。

つまり、日誌にアクセスすると(さくら学院生徒による)直近の日誌がトップに出てくるのだが、まぁ、皆、手書きの文字も綺麗だし、ちゃんとした文章になっているし・・・一応目を通すわけだ。

(あ、もう一度断っておくが、さくら学院は私には合わない!)

で、たまたまその時は田口華がトップだったのだよ。

コレね。http://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11883358761.html

驚いた。赤字でNWA世界ヘビー級エキシビジョンマッチとか書いてあるじゃないか?NWA?ラジオ番組名が「真夜中のハーリーレイス」だと?何、これ !?

よくよく読めば、さくら学院の課外事業の一環でプロレス関係の仕事をするらしいということが判った。でもさ、プロレスだよ。アイドルしかも女子中学生がプロレスだよ。最初は「お仕事」というか「やらされている感」を覚えたのだが、どうしても気になる。

そこで彼女が出演したらしいラジオ「真夜中のハーリーレイス」昨年放送分をネットで探しだし聞いてみた(今は削除されたようで見つかりませんでした、残念)。

ガチであった。少女の口から飛出す熱い猪木語録の数々、「受け」こそプロレスの「華」という思想、等々、マジで素晴らしい。

だいたい、猪木の名言中の名言、

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ

を空で言える女子中学生ってなかなかいないと思うぞ。

で、だ。

そもそも田口華て誰だ?という事で調べたらミニパティのメンバーか。どうしてもお馴染みの二人に目が行ってあまり印象に残っていなかった(すまん)。

(あー、しつこいようだが、さくら学院は私には合わん!)

でももう完全に田口華は頭にインプットされた。だってさぁ、最近人生何度目かの個人的「プロレス祭り」が再燃しそうなだよ。きっかけは5月末に野毛でたまたま発見した大日本プロレスのポスターだったのだが、まだ活躍しているのだよ!10年以上前にハマっていた時期の馴染みのレスラーたちが!伊東竜二とか沼澤邪気とか関本大介(ぶっこ抜きジャーマン!)とか、とか、なんか無性にプロレスが気になっていたのだよ。

そこに田口華だろ、プロレスの雑誌もチラチラ目を通していたので現在の業界地図は把握していたし新日がいま面白いことも知っていたが、やっぱり現役のファンが語るプロレスはとても魅力があり惹きつけられるのだよ。しかもそのファンが女子中学生でアイドルだぜ、たんまらんよな。

(あー、あー、誤解のないよう再度断っておくが、さくら学院は私には合わないんだよっ!)

田口華が日誌の中で触れていた「真夜中のハーリーレイス」再登場分の動画があったので貼っておく。「ヤラセとガチンコの2つでしか物事を語れない人間にはなるな」という教えを娘に語る父親・・・ガチの遺伝子と言うか、何と言うか、良い親子関係じゃないか。

・・・・・

あと、「紙のプロレス 」の良さを引き継ぐプロレス雑誌「KAMINOGE」最新号に鈴木みのると高山善廣の対談が載っているのだが、これが最高に面白かった。プロレスから一歩引いた立ち位置だったからこその熱いプロレス愛!笑った、そしてちょっと泣けた。これぞ田口父の言うところの「ヤラセとガチンコの2つでしか物事を語れない人間にはなるな」である。

 

|

« かご猫:くろ2題 可愛いが、傍若無人な振る舞いも | トップページ | BABYMETAL:歴史的とはこういうこと »

BABYMETAL」カテゴリの記事

エンターテイメント」カテゴリの記事

ネット動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かご猫:くろ2題 可愛いが、傍若無人な振る舞いも | トップページ | BABYMETAL:歴史的とはこういうこと »