« かご猫:140420 かご | トップページ | ブラックホールの比較 Black Hole Comparison »

2014年4月20日 (日)

歩く、金沢、歩く Part.3

「歩く、金沢、歩く」

Part.1 http://bit.ly/1r7OwoX

Part.2 http://bit.ly/1hZ2r13

Part.3 http://bit.ly/1oGWlSX

Part.4 http://bit.ly/1J8INus

話を進める前に位置関係をちょっと説明。

私が泊まったホテルは金沢駅前。観光的には何もないところである(夜になると営業しているのはチェーン系居酒屋くらいだし)しかも市内最大の繁華街「香林坊」まで2キロ以上の距離があるのだ。唯一の利点は市内バスの殆どがこの駅を起点としていることぐらい。これも一人旅では極力バスは使わない私にとってはあまりメリットが有るとは言えない。

市内観光地図(クリックで大きくなる)Rootmap

まぁ、「歩く」のは嫌いじゃないので、立地的には不満はないのだが(ホテル、飛行機代含めたパックで2万5千円ぐらいだったし)、むしろ今回は初日に「腰痛」という予期せぬ爆弾を抱えこんでしまったのでバス使用も仕方ないかという気分にはなっていた。

で、2日目の朝。

腰に痛みがない!どうやら昨日のように斜め掛けバックではなく普通のバックパックを使えば問題は起きなさそうである。それではガイドに頼らない行き当たりばったりの「歩き」で金沢を満喫しようじゃないか、と朝9時前にホテルを出発。

さてここで初日観光にも触れておこう。初日は金沢観光王道の「近江市場」→「尾山神社」→「香林坊」→「兼六園」→「金沢城公園」のコースとその周辺を歩いた。

お花見期間中の兼六園は入場無料で平日なのに人出が凄かった。お花見と言っても場所取りして宴会騒ぎというのではなく「花を愛でる」という純然たるお花見なのだが、桜の花にはアッパー系の中毒効果があって不思議な多幸感があるのだよね。皆、自然とニコニコ顔になる。外国からの観光客も多い。いろいろな国の言葉が飛び交っていた。しかし、中東やアジア系(特に家族連れ)の声のデカさは凄いな。あと関西系のおばちゃん集団(ひと目で判る)の迫力。そして時折見かけるPerfumeグッズを着込んだご同輩(ちなみに私はグッズ付けてません)。天気も良いし、団子も旨い、最高の気分である。

055

金沢城公園も美しかった。057

そして歩いてみると実感するのだが、金沢という街は「城」とそれを挟むように流れる2本の「川」(犀川と浅野川)を地理的なポイントとして形作られているのだなぁと。つまり、2本の川に挟まれた(自然の)高台としての城周辺と、それぞれの川の対岸の斜面と寺院群、経済や文化的な利点の他に防御的な意味でも優れた立地条件に恵まれているのである。

そこで漠然と旅の目的が決まってきた・・・・・

「川」を観ようと、ね。

だから2日目は先ず浅野川方面を目指して歩き始めた訳である。

う~む、長くなるなぁ。

Part.4に続く。

|

« かご猫:140420 かご | トップページ | ブラックホールの比較 Black Hole Comparison »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かご猫:140420 かご | トップページ | ブラックホールの比較 Black Hole Comparison »