« まる(ネコ):いろいろなねこ15。-Maru&Hana2.- | トップページ | 長沢芦雪「蝦蟇仙人図」、「虎図」も。 »

2013年12月 8日 (日)

「今朝の一曲」ひとまとめ:11/24~11/30、7日分

Twitter @KussyRから修正・加筆の上転載。 まとめタグ)今朝の一曲

平成25年11月24日(日):ロビン・トロワー『Too Rolling Stoned

お早うございます。今朝の一曲『Too Rolling Stoned』Robin Trower。ダカタン・ダカタン・ン・タッタのイントロで朝から気分が高揚。ジミ・フォロワーの一言で片付けてしまって勿体無いロック・トリオの良質ライヴから。

・・・・・

このライヴ盤からドラムにビル・ローダンが参加している。これがまた靭やかで力強く、おまけにファンキーなグルーヴ感も兼ね備えているという、ロビンの目指す音楽にとっては願ってもない人材だったのだ。

この人物については当時も私の仲間内で話題になってはいたが、いかんせん情報が少なく、元スライ&ファミリー・ストーン在籍ということぐらいしかわからなかった。それにしたって、当時の私の知るスライのアルバムに彼のクレジットはなかったのだが(「Small Talk」に参加していた)・・・果たしてどんな経緯でスライと係ることが出来たのか?

長年モヤモヤが残ったままであった。

で、このブログのために「Bill Lordan」でググってみた。

すると、世の中には同じような疑問を持った方がいるもんで、「吉田英樹の音楽コラム」というブログに全て語られていたのである。

元々、西海岸でファンク、ラテン、プログレ等、今で言うミクスチャー系音楽指向の活動をしていたのか、なるほど。70年代はじめに在籍していたGypsyのアルバム「In The Garden」を聴いたが、如何にもウェストコーストっぽいメロに凝った曲展開、しかし最後まで飽きさせずに聴かせる演奏能力と構成力、という内容で、かなり良かった。何とベースはウィリー・ウィークス、そしてビルのドラムソロもあるのだ。

5162tnnwp1l_sl500_aa300_ http://amzn.to/1jw5I3y

平成25年11月25日(月):マイルス・デイヴィス『Yesternow

お早うございます。今朝の一曲『Yesternow』Miles Davis。呟くマイケルのベース、じっくり語るマイルスのペット、合いの手のように応える各楽器、この流れで最後まで行くのかと思うと…中盤からのテオの編集マジックに幻惑されるのである。

・・・・・

前半は何と言っても、念仏のように繰り返されるマイケル・ヘンダーソンのベース。シンプルなフレーズなのだが内包されたファンクネスがチョロチョロと溢れ始めて、中盤でもうそろそろ絶頂か!というところで2段構えで場面転換。

まさに焦らしのテクニック。

しかしここからがテオ・マセロの真骨頂。ラスト、マイルスのペットに導かれて登場するJack Johnsonの肉声に何時も背筋が伸びるのである。

41rtvwzgyal_sl500_aa300_ http://amzn.to/1cKmWYF

平成25年11月26日(火):ロウエル・フルスン『Black Nights

お早うございます。今朝の一曲『Black Nights』Lowell Fulson。ブルースは気合だと思っていた時期もありました、が、気がつけばこの気負いのない「軽味」もしくは田舎のジゴロ然とした「いなたさ」が大好物になっていたのだ。

・・・・・

B,B.キングで有名な『Everyday I Have the Blues』やクラプトンもカヴァーしている『Reconsider Baby』そしてファンキーブルースの古典『Tramp』等、ロウエルはブルース・スタンダード化した曲が沢山あるとっても凄い方なんだけど(B.B.曰く、眠れる巨人)、佇まいがとても「いなたい」のである。

たぶんそれは最初に手にした彼のアルバム「Tramp」の貨物列車の側で女性に囲まれてニヤけたジャケ写のイメージによるところが強いのだろうけど。ちなみに'Tramp’は放浪者・流れ者という意味で、行く先々で「人生を楽しむ」風なところを演出したようだ。「田舎者で結構、田舎者上等!金も愛も車だってあるぜ」てところなんだろう。

ところで、何時も若干フラット気味な「いなたい」ギタープレイも癖になる味があるのである。

何時もより大きめにジャケ紹介

61qlca6zknl_2  http://amzn.to/19XekLd

平成25年11月23日(土):アルフォンソ・ジョンソン『Stump』(実はPerfume『Sweet Refrain』と日付を取り違えていた為、ここに転載した)

お早うございます。今朝の一曲『Stump』Alphonso Johnson。ベースとドラム(M.ウォルデン)がグルーヴのツボを刺激しまくる逸品。ウォルデンはJ.ベック「Wired」参加と同時期のせいか『Led Boots』とリズムへのアプローチが良く似ている。

ん、改めて聴くと曲自体もよく似ているな。

51twt5vibul_sl500_aa300_ http://amzn.to/1aW8jP8

平成25年11月28日(木):ジェネシス『Seven Stones

お早うございます。今朝の一曲『Seven Stones』Genesis。ラスト近くハケットのギターに導かれて登場するエコー成分控えめなメロトロン(クリムゾンから譲渡)の音の生々しさ。こういう音なのか、なるほど、と思ったもんである。 

例えばキング・クリムゾンの『Epitaph』とかメロトロンの音響処理が素晴らしくて本来の意味でオーケストラの代用として使っている。尤もライヴでは既に「楽器」としての特性を活かした(大音量で歪ませた)『Mars』みたいな曲を演奏しているけど。

61ifho9vagl_sl500_aa300_ http://amzn.to/IqeBk7

平成25年11月29日(金):長見順『サラリーマンのうた

お早うございます。今朝の一曲『サラリーマンのうた』長見順。iPodに落とそうとしたらケースしか見つからなくてガッカリしてから3年、昨日ひょんな所で中身発見!やれ嬉しや記念。PVもあるのだ。

シュールさとそこはかとなく漂う哀切感のバランスが絶妙な名曲ですな。

CD本体は実は長く使ってないCD携帯プレイヤーの中にあった。そうじゃなかろうかとは思っていたのだが、プレイヤー自体をどこに仕舞ったやら分からん状態に…‥別の探し物の時に無事発見したのである。

515z1hv7apl_sl500_aa300_ http://amzn.to/1caQ9xy

平成25年11月30日(土):アルカトラス『God Blessed Video

お早うございます。今朝の一曲『God Blessed Video』Alcatrazz。ヴァイが遂にメジャーへ浮上、しかもメタル、更にインギーの後釜!という事で一曲目からどんなソロを弾き倒すのかと期待してたら…これだもの、流石の外し方。

グラハム・ボネット安定の「やっさん」ぶり、しかも金髪。

41ngfjldhcl_sl500_aa300_ http://amzn.to/18sJ50H

|

« まる(ネコ):いろいろなねこ15。-Maru&Hana2.- | トップページ | 長沢芦雪「蝦蟇仙人図」、「虎図」も。 »

ネット動画」カテゴリの記事

今朝の一曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まる(ネコ):いろいろなねこ15。-Maru&Hana2.- | トップページ | 長沢芦雪「蝦蟇仙人図」、「虎図」も。 »