« H25.07.15「今朝の一曲」:スーパージャンキーモンキー『See Me,Feel Me』 | トップページ | H25.07.17「今朝の一曲」:鈴木祥子『ラジオのように』  »

2013年7月16日 (火)

H25.07.16「今朝の一曲」:ジェントル・ジャイアント『A Reunion』

Twitter @KussyR から転載。 まとめタグ)今朝の一曲

平成25年7月16日(火)

お早うございます。今朝の一曲『A Reunion』Gentle Giant。英国的な翳りを帯びたミネアの「声」が最大限に活かされたGG屈指の名曲。音楽の教養と知識を「ポップ」に昇華させるミネアの作風はJ.ブルースの影響もあるような気が。2013.07.16 06:04

51sarpranjl_sl500_aa300_

追記)

プログレは好きだ。

雑誌で特集されるような代表的なアーティストのアルバムはほとんど聴いてきたし、CDで買い直した作品も多い。iPodにもいくつか落としている。

ただね日常的に(積極的に)聴くかといえば、これがそうでもないんだよな。

iPodのシャッフルで出てきた場合を除けば、こちらから選んで聴くことはあまりないのである。

しかし例外も幾つかある。

その一つが、Gentle Giantなのだ。

なんというか、(プログレに在りがちな)時代性とか社会性とか過剰なロマンティシズムとか、諸々の余計な部分が少ないのだよ。純粋に「音楽」だけで成り立っているといっても良い。

だから時代の変化で色褪せない。むしろ聴く度に発見がある。

まあ、あくまでも個人の嗜好の問題で、「分かる奴だけ分かれば良い」ではあるのですが。

・・・・・

ジャック・ブルース云々の件。

ケリー・ミネアもジャック・ブルースも王立の音楽学校(ジャックは王立スコットランド音楽演劇アカデミー、ケリーはロンドン王立音楽院)で作曲の教育を受け、共にチェリストという共通点がある。ジャックは早々にドロップアウトしてクリームでの成功を掴むのだが、当時在学中であったであろうケリー(ジャックより5歳年下)が彼の活躍に刺激を受けなかったはずはない。無論影響も受けたと思う。

節回し、和声、構成、等等、初めてGGを聴いた時から「似ているな~」と思い続けてきているのだが、どうなんだろ。

例えば、「オクトパス」収録の『River』、これって、ジャック主導時のクリームの楽曲みたいだと思いません?

しかし、ペンタ一発ソロのゲイリー・グリーンが気持ち良さそうで何よりだ。

|

« H25.07.15「今朝の一曲」:スーパージャンキーモンキー『See Me,Feel Me』 | トップページ | H25.07.17「今朝の一曲」:鈴木祥子『ラジオのように』  »

プログレ」カテゴリの記事

今朝の一曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« H25.07.15「今朝の一曲」:スーパージャンキーモンキー『See Me,Feel Me』 | トップページ | H25.07.17「今朝の一曲」:鈴木祥子『ラジオのように』  »