« H25.06.25「今朝の一曲」:Cocco『遺書。』 | トップページ | H25.06.26「今朝の一曲」:中森明菜『Political Moves』 »

2013年6月25日 (火)

「北斎と暁斎ー奇想の漫画」展(後期)、北斎だよね、やっぱ

勝敗を付けるような展覧会ではないのだが、あえて言えば前期同様、北斎の圧勝である(注:個人の感想です)。 ま、相手が北斎じゃ暁斎も分が悪いわな。

前期ブログ記事 http://bit.ly/121Ljeo

浮世絵の面白いところは、幾度も見てきた作品でも「摺り」の良し悪しや保存状態で印象が変化することだ。だから同じような内容の展覧会が何度あっても決して飽きないし、それだけの価値も有るのである。

今回、大好きな「諸国名橋奇覧」や「諸国滝廻り」シリーズが何点か見れただけでも足を運んだ甲斐があった。

北斎:諸国名橋奇覧「飛越の堺つりはし」Hokusai104_main

北斎:諸国滝廻り「下野黒髪山きりふりの滝」Hokusai083_main

北斎は挿絵もとても面白いのだ。

滝沢馬琴「椿説弓張月」から 20091202_867402_4 ↑色摺り浮世絵のような制約がないせいか自由自在に発想を「爆発」しておりますなぁ。


|

« H25.06.25「今朝の一曲」:Cocco『遺書。』 | トップページ | H25.06.26「今朝の一曲」:中森明菜『Political Moves』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« H25.06.25「今朝の一曲」:Cocco『遺書。』 | トップページ | H25.06.26「今朝の一曲」:中森明菜『Political Moves』 »