« 宇宙の果てまでをCGで描いた「宇宙地図」 by カーター・エマート | トップページ | 苦い後味:ゲーム「バイオショック インフィニット Bioshock Infinite」 »

2013年5月11日 (土)

国芳「猫のすずみ」

先日まで開催されていた府中美術館「かわいい江戸絵画」前期分でも展示されていた団扇絵の傑作「猫」絵である。

人間の誰かに似せるとか簡略化して親しみやすく(可愛く)描くとかでは無く、「猫」がリアルに「猫」のまんまなのである。

展覧会で御一緒して戴いたご婦人は「怖い」と仰っていたが、さもあらん。

人によっては立派なジョウルを持つ左の船頭(雄)猫に剥き出しの獣臭を感じてしまうかもしれない。

歌川国芳「猫のすずみ」(部分)_new

でも私にとってはとっても「かわいい」ものなのだよ。

|

« 宇宙の果てまでをCGで描いた「宇宙地図」 by カーター・エマート | トップページ | 苦い後味:ゲーム「バイオショック インフィニット Bioshock Infinite」 »

国芳」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙の果てまでをCGで描いた「宇宙地図」 by カーター・エマート | トップページ | 苦い後味:ゲーム「バイオショック インフィニット Bioshock Infinite」 »