« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

Perfume : ピュレグミ2013CM+メイキング

KANROピュレグミ公式サイトがPerfumeでリニューアル。同時にCM映像とメイキングも公開された。http://www.kanro.co.jp/pure/

YouTubeから

メイキングも、

のっちはクリエイティブに常に先へ先へ、かしゆかは自分のスタイルに取り込もうと咀嚼しながら、あ~ちゃんは全体のバランスの要になろうと。三者三様、個性の違いがとても面白く魅力的。

同性から見ると「かわいい」や「好き」を通り越して「憧憬」に近い想いがあるのかも、いや単に想像ですが。

どちらにしろ(性別関係なく)これから表現者としての絶頂期を迎えようとする兆しとしての「輝き」があることは確かだ。

今年はエラい年になりそうだ。

ということで、対バンツアー、当選祈願!

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

GRDⅣ:街猫探検隊 中延商店街裏道

久しぶりに近寄っても逃げない猫、と言うか興味も無さ気であるが。

Rimg5279

あるお宅の庭にいたのだが、フェンス越しだったため(フェンスの)隙間にカメラを突っ込んで撮影したのだ。知らない方に目撃されたら通報間違いなしの怪しさである。

Rimg5278_2

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

猫はいつの時代も「猫」である。

クロアチアの歴史的にも貴重な古文書(15世紀)に残された猫の足跡。

Article228956318808da7000005dc748_6

ああ、愛すべき猫の悪戯!

元ネタhttp://bit.ly/XLssCx

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

Frank Zappa And Shuggie Otis - Rare Acoustic Jam, 1970

シュギー・オーティスの新作が出るということで久々にYouTubeで検索していたのだが、ふと、ザッパの『Peaches En Regalia』(アルバム「Hot Rats」収録)でベースを弾いていた事を思い出し「Zappa Otis」で検索してみた。

で、これを発見。

こりゃ凄い。

ジャムといっても在りがちな12小節やワンコードではないとても自由なモード的でアブストラクトなアプローチ、ザッパのギターソロ曲『Nine Types Of Industrial Pollution 』('69)とシュギー・オーティスのギターソロ曲『Freedom Flight』('71)を繋ぐミッシングリンクとも言える演奏だ。

しかし、シュギー・オーティスはこのジャムの時点でまだ17歳なんだよな。とんでもなく早熟な天才ぶりだよね。

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

旧知

実は先日の「なかのぶジャズ」は高校時代からの知人二人と観に行った。

「旧知の仲」というのかな、高校同級生の友人と彼の妹なのだが、N.Y.在住の妹さんとは二十数年ぶりの再会である。

今はお互い全く違う生活環境に身を置いているのだが、不思議なもので会った瞬間にあの頃の感覚に戻るのだ。

楽しかった。

友達って良いなぁ、と柄にもなく思ったりして・・・

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

Perfume:2013年 初夏 第2弾NEW SINGLE リリース

噂のあったカンロ「ピュレグミ」新CMソング、前曲は「コミュニケーション」だったが、今回も「可愛い」路線のようだ。もちろんCMキャラクターも務める(楽しみ)。

Bgq5pjq

以下、オフィシャルのキャッチから

甘い歌声と心にキュンとくるキャッチーなメロディ、理想の恋の始まりを淡く夢みる等身大の女の子を描いた楽曲。
魔法のように「ドキドキさせる」キュートなダンス、そんなPerfumeならではのダンスが楽曲と一体となり、彩りを加える真骨頂の1曲。

「Magic of Love (CM Ver.)」着うた(R) [レコチョク]、[アミュモバ☆DX] にて4/1より先行配信スタート!!

だそうです。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

なかのぶジャズフェスティバル@品川区荏原文化センター 2013,3.24

第7回目の「なかのぶジャズ」に行ってきた。Poster

出演者)渡辺香津美(g)、今田勝(p)、市川秀男(p)、清水絵理子(p)、稲葉国光(b)、納浩一(b)、中村誠一(ts)、峰厚介(ts)、土岐英史(as)、本多俊之(as)、岡崎好朗(tp)、松島啓之(tp)、向井滋春(tb)、駒野逸美(tb)、本田珠也(ds)、小山太郎(ds)、今村祐司(per)、鈴木道子(vo)

今回も楽しい時間を過ごすことが出来た。

どの演奏者も素晴らしかったが、個人的には本田珠也のジャンルに囚われない自在なドラムプレイが印象に残った。バッキングに徹しながらも時折ダイナミックなアプローチを見せる清水絵理子のピアノも良かった。

大変満足、お腹いっぱい。

ただ文化センターの(狭い、小さい)座席は長時間観賞には向かないなぁ。年々、背や腰への負担が増えてくることを実感するのだ。

来年は新設のスクエア荏原(品川区立荏原平塚総合区民会館) ひらつかホールでの開催を切に希望するものである。あ、そうすると「中延」じゃ無くなっちゃうのか。いや、メインとサブと使い分ける手もあるぞ。いっその事もっと規模を大きくしちゃえば良いのだ。

と勝手なこと申しておりますが・・・

出演者やスタッフの方々、ご苦労様でした。次回開催も楽しみにしています。

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

かご猫:けんかをやめて Cat to stop the fight

けんかを止めるちびがとても健気で可愛い。

しろが劣勢ということも珍しい。寝ているところに不意を突かれて最初から(下側という)防御体勢になってしまったのかな。あと突然のクシャミも相手に攻撃のチャンスを与えてしまい更に形勢を不利にしているようだ。

こういう時には逃げるが勝ち。良い判断である。

そして、ここで相棒の深追いを止めるちびに吃驚。こんな猫の行動は初めて見た。とても人間臭く思える。

ちびの鳴き声も可愛い。

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

お彼岸墓参り

風邪のため中日(20日)のお参りは回避していた墓参りに今日行ってきた。

かなりの混雑が予想されたので午前中早めに出発したのだが案の定送迎バスの停留所には長蛇の列ができている。

歩いていけない距離ではないのだが、それほど急ぐわけでもないし(この期間はバスも増便されている)そのまま並んで待つことにした。

目の前に親戚関係と思われる高齢の男性二人、その会話を聞くことなしに聞いていたのだが、ちょっと面白いことを話していた。

「毎回毎回墓参りする度に思うのだけど、「誰」というよりも「墓」自体にお参りしてんだよね、いつのまにか。墓参りすればすればするほど「俺の番」が近づく「墓」にさぁ。」

「私の時はよろしくお願いします、ってことかい?」

「いや、なんだろうね、気がつくと自分と向き合っているというかさ・・・」

ここで彼らの親族らしい若い親子が挨拶に来てそれ以上は続かなかったのだが。

・・・・・

中日にお参りしてくれた弟夫婦の献花がまだ十分「元気」だったので自分が持参したものと合わせて飾った。ほんの少しいつもよりも豪華になったかな。Rimg5261

そして、先ほどの男性の話を思い出しつつ、いつもよりも真剣にお参りしたのである。

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

まる(ネコ):いろいろな箱とねこ3。-Many boxes and Maru3.-

躊躇なく装着し、さも当たり前のように歩き出す。

もしくは、みっちりと(むっちりと)箱に収まる。

箱にはどうしても収まりたいのである。

身体の一部だけでも幸せなのである。

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

Perfume:A-chan “We’re planning to go to the States and Europe this year”

映画情報サイト「シネマトゥデイ」インタビュー記事でのあ~ちゃんの発言から。http://www.cinematoday.jp/page/A0003632

以下、Alex氏(イタリア)のPerfume Discoから転載

A-chan:

The  lyrics in the verse (of Mirai no Museum) says:
“Let’s go together to our dream, Hey, let’s go to beyond the world spreading out”
We held a world tour last year and visited Asia. And we’re planning to go to the States and Europe this year.

(Credits to shellfish1004 @ Perfume City Forums for the translation)

既にどこかで発言していたような記憶もあるが、公の場で具体的なツアー先を上げてワールドツアー2に言及したのはこれが初めてか?

アメリカとヨーロッパ、先方では早くもじわじわと波紋を広げつつあるようだ。

今後の反響の広がりにも注目して行きたい。

・・・・・

で、公式は発表は何時なのだろう。あちらさんではニューアルバム発売に合わせてなんて説もあるけど、どうなんだろ、いくら何でも早すぎじゃろ。

4月1日だったりしてな。

A-chan’s word is (and has always been) law!  

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

Perfume: レギュラー番組のお知らせ

レギュラー番組であるNHK総合「MUSIC JAPAN」とTOKYO FM系「SCHOOL OF LOCK!」内「Perfume LOCKS!」の担当は来年度も継続となった。

ただ、どちらも放送日時に変更がある。

ファン以外の方々の為にオフィシャルから情報を転載しておく(まあ自分がうっかり忘れそうだからなのだが・・・)。

4月からの番組放送日時

NHK総合「MUSIC JAPAN
毎週木曜日 22:5523:20
※放送日時変更後一回目の放送は44日()です。
司会:Perfume・吉田一貴アナウンサー ナレーション:水樹奈々

TOKYO FM系「SCHOOL OF LOCK!」内「Perfume LOCKS!」
毎週月曜日 23:05頃〜23:20頃 (約15分間)
※放送日時変更後一回目の放送は41日()です。

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

風邪、だいぶ回復

だがまだ完調とは言い難い。

まず「声」が酷い。そりゃもう話している本人が一番ビックリするほど。

そしていきなり襲う咳の発作。これねぇ涙がでる程辛いのよ。

まだまだ無理はしないほうが良いようだ。

それで、お彼岸のお墓参りや同日夜の泥窪のライヴ(高円寺JIROKICHI)には残念ながら行かないことにした。

ああ、早く「クラウド・アトラス」も観たいしなぁ。

週末までには完治させるぜぇ。

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

風邪、もう勘弁して

金曜日の段階で今回の症状は軽いかなと思っていたのだが

甘かったわ。

あれは「潜伏期」開けというか、緩やかにピークに向かっている段階だったのだな。

花粉症の症状を風邪の発症と勘違いしていたところもあったし。

おかげで症状のピークが訪れたこの週末は最悪だった。

喉の不快感や咳の発作で熟睡出来ないのがとても辛い。

・・・・・

もういいでしょ、このぐらいにしといてくださいよ。

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

風邪、遅々として快癒せず

結局、土曜日は食事で外出した以外は引篭もりで過ごした。

ベースを一日中練習、否、弄っていたという表現のほうがピッタリか。

時折、咳の発作が起きるのが辛いな。

さて日曜はどうだ?

・・・・・

食事の帰り、公園で街猫発見。どうやら無事冬を乗り越えたようだね。Rimg5253

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

風邪、しかしペ・ドゥナは観たい。

気温の高低差が厳しい時期、ちょっと油断していたら「風邪」ひいた。

早めに対処したので最悪な症状は招かなかったが「喉」の痛みと不快感は継続中。

ああ、この週末に「クラウド・アトラス」観たかったんだけどなぁ。

う~む、土曜日一日様子を見て大丈夫そうだったら夜の上映に行こうかな。

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

Perfume : 対バンTOUR決定!!

なるほどの人選。

「Perfume」フェスを主催したいとは聞いていたけど、正直なところ(王道系の)J-POPミュージシャンばかりだったら無理には行かないかな、と考えていたのだ。

蓋を開けてみれば、「大衆性」よりも「個性」を優先したまことに彼女達らしいセレクトで安心した。しかもライヴハウス規模のライヴという贅沢さ。これは是非とも行きたいよね。

詳細は以下(オフィシャルサイトから転載)

東京、名古屋、大阪にてPerfume初となる対バンTOURを行います!!
メンバー発案で決まった今回の対バンTOUR、
地域によって対バン相手が異なり、ジャンルを越えた異色のラインナップでのライブが実現!!
メンバーがリスペクトするアーティストとの夢の対バンTOURに乞うご期待下さい!!

[日程] 2013/05/29(水)、30(木)
[会場] Zepp DiverCity
[開場/開演] 18:00/19:00
[出演] Perfume/斉藤和義
[問い合わせ先] ホットスタッフプロモーション 03-5720-9999

[日程] 2013/06/04(火)、05(水)
[会場] Zepp Nagoya
[開場/開演] 18:00/19:00
[出演] Perfume/奥田民生
[問い合わせ] サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

[日程] 2013/06/17(月)、18(火)
[会場] Zepp Namba
[開場/開演] 18:00/19:00
[出演] Perfume/マキシマム ザ ホルモン
[問い合わせ] キョードーインフォメーション 06-7732-8888

[TICKET] 前売:¥5,250- (税込/ドリンク代別)
東京公演 1Fスタンディング (入場整理番号付)/2F指定席/2F立見エリア スタンディング (入場整理番号付)
名古屋・大阪公演 1Fスタンディング (入場整理番号付)/2F指定席
※未就学児童の方はご入場いただけません。
[一般発売日] 2013/05/11(土)

Perfumeからのコメント

「念願の対バンLIVEフェス!決定!!!昔から、対バンするならこの人達!と心に決めていたマキシマム ザ ホルモンさん。レーザービームを厳島神社で唄ってくださった故郷の大先輩、奥田民生さん。一方的にずっと好きだったんだぜぇ~な斉藤和義さん。笑
最高に異種なライブツアーになりそうです!!せっかく一緒にやらせていただけるんですから、ここは図々しく、なにかしらコラボレーションもさせていただきたい!と思っています!!笑
いろんな妄想は膨らむばかりです。。
ただただ楽しいライブにしたいと思ってますので、是非みなさん遊びにきてください(^ν^)」

一応ファンクラブP.T.A.の先行発売もあるけど、チケット確保にはかなりの「運」が必要そうだな。

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

かご猫:ちびの香箱座り

それはもうまことに猫らしい見事な「香箱」である。

鈴がよく似合う顔でもある。

個性豊かな5匹の中では「高木ブー」的な存在のこっちのちびであるが、今回は珍しく主役なのだ(ちなみに白黒2匹はまとめてちびという名前)。

しかしみみは元気だなぁ。

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

再び、3.11

某所にいたのだが、その時間(14時46分18.1秒)に黙祷を促す館内放送があった。

生なましい記憶が瞬時に蘇る。

被災地は地続きであり時続きなのだと思う。

そして確実に未来へも続くのだ。

・・・・

ところでちょっと気になっていたのが義援金の行き先。

ちゃんと被災地に役立っているのか心配ですよね。

調べたら「赤十字社」関連については以下のことが判りました。

『日本赤十字社等に寄せられた義援金とその配付状況―その16-

[全体状況] 日本赤十字社と中央共同募金会、日本放送協会、NHK厚生文化事業団の四団体に寄せられた国内外の皆様方からの東日本大震災の義援金は、11月18日現在で3,384億円で す。皆様方の温かいご支援に深く感謝申し上げます。

この義援金は、日本赤十字社等から、まず被災都道県に送金され、各都道県の義援金配分 委員会で被災者への配付基準が定められます。その上で、市町村を通じ、銀行口座振込など の形で、被災者の御手元に届けられています。

日本赤十字社等では、未確定の被害に対応するための当面の留保分を除き、順次送金して います。現在までに、募金総額の9割の3,049億円が都道県に送金されています。』

※厚労省「ホーム > 東日本大震災関連情報 > 義援金について」

<http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/gienkin.html>内に、一週間に一度状況を掲示しています。最新は、

「平成23年11月18日現在
義援金とその配付状況(11月18日現在) [103KB]
都道府県別配付状況(11月18日現在) [715KB]」」
を見てください。

なお、日本赤十字社については「ホームページ > 義援金」<http://www.jrc.or.jp/l2/Vcms2_00002320.html>があります。

『義援金は ”全額” 被災された方々へ

東日本大震災の義援金は、4月下旬以後、「義援金配分委員会」を通じて被災された方々への配分が始まっております。お寄せいただいた義援金は、全額が被災された方々のお手元に届けられ、手数料などを日本赤十字社が取ることは一切ありません。

義援金の受付は、平成24年3月31日まで行っております。皆様からの温かいご支援に感謝申し上げるとともに、今後とも引き続きのご協力を、よろしくお願いいたします。』

募金活動をしていた他の団体もホームページ等に情報公開しているようですが(個別に確認はしていません)、街角募金は問題ありそうですね。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

ぬるま湯のような誕生日

生ぬるい暑さとでもいうか、おかしな天気だった。

人の容貌は25歳ぐらいに決まるという。それまでの「生き方」が肉体(特に顔)に刻印されてしまうらしい。

だから、20代以降の人生は否が応にもその(決定稿としての)己の顔と向き合って生きていくしか無いのである。しかも歳とともに「老い」が刻まれていく「顔」と。

それでも20代の頃はまだまだ若さが充満していたし、「大人」というよりも10代の延長のような気分があった。当時の友人たちと撮り合った写真を見ても「写りが良い、悪い」程度の感想しか出なかった。

30代。20代の頃の写真を見て「まだまだ変わらんな(変わりたくない)」と。

40代。この辺りから鏡に写る中年顔が気になり始める、それでも「あの時は若かった(でも今でも元気)」と。

50代。歳を取れば「大人」になれる、達観出来るようになる、それは大きな間違いであった事に気がつく。どんな立場でも人が生きていくことは「難儀」なのだと思いしらされる。そして若いころの自分(若さ)に軽い嫉妬すら覚える。

そして、今日58歳。「達観」ではなく「忘却」という手段に思い当たる。

60代。若いころの写真を見て、「こちらはどちら様ですか?」

70代。虚無

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

かご猫:茶トラの黒い帽子 & 軽トラの3匹

ジャミロクワイ

「かご猫」や「まる」のシリーズの良さは、若干の演出(被り物、小物等)があったとしても、基本的に猫の日常を淡々と撮っていることにある。

それによって逆に個体ごとの個性が際立つのだよね。

あえて言えば、仲間たちと開放的な空間で暮らす「かご猫」は受動的、一匹だけで閉ざされた空間で暮らす「まる」は能動的、環境や性格の違いが面白く、かつまたそれぞれの魅力になっていると思うのだ。

どちらのシリーズも日本人よりも海外で人気があるという事実も興味深い。動物に対するスタンスの差なのだろうか、どうしても我が同胞たちは即効性のある「猫可愛がり」や「カワイさ」を求めるからなぁ。

そんな訳で、次はしろの後ろ姿が(即効的に)キュートな「軽トラの3匹」をどうぞ。

尻尾の動きが良いよね。

| | コメント (2)

2013年3月 8日 (金)

ポッドキャスト:シネマハスラー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

ライムスター宇多丸のラジオ番組「ウィークエンドシャッフル」の人気コーナー「シネマハスラー」で『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』が取り上げられた。

「パイをナメてた」宇多丸氏、その評価は・・・納得の大絶賛!

ポッドキャスト配信 http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20130302_hustler.mp3

「物語」の語り部という立場(ラッパー)からのさすがの解読ぶりでお見事である。特に名優ジェラール・ドパルデューの配役(まさかのちょい役)への言及には首肯せざるを得ない。

ニコニコにもあった。

宇多丸氏は触れなかったが、原作には登場しなかった初恋の彼女とのシーンはさり気なくインド文化(音楽、舞踊等)の奥深さを伝えていて個人的に好き。

ここにかぎらず前半での各宗教の扱い方や音楽の使い方、どれも押し付けがましくはないがその本質(重要度や魅力)はきちんと伝えられていたと思う。原作ではこの部分とても長いのだ。よくコンパクトに纏め上げたものだ、さすがアン・リー監督。

しかも「絵」的にも美しかったし・・・この程度で長すぎとか眠くなったとか、映画をアトラクション的に見る人たちが増えたのかなぁ。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

かご猫:しろ11歳 11-year-old birthday

世界中からハッピーバースデイ!

私からもおめでとう。

王冠が似合うねぇ。

しろのはけが一番早いのはお約束。

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

Perfume:彼女たちの夢を見る

そこまでミーハーかよ、と、ちょっと恥ずかしいが、夢自体が面白かったので記しておく。

花粉症のおかげでなかなか眠りにつけず結局起き出て小説を読み始め再び就寝したのは明け方近く。

小説(創元推理文庫「護りと裏切り」、とても面白いのだ)ですっかり覚醒した脳みそと切実に睡眠を求める身体、そんな状態で床に入れば必ず夢を見る。それも最悪な悪夢かぶっ飛んだシュールな夢か、共通しているのは目覚めた時細部までしっかりと記憶していることだ(まあ大抵の場合は後味悪くその日一日夢の残滓を引き摺ることになるのだが)。

で見た、彼女たちの夢を。

すごく身近なのに遠くから観察しているような、これは夢だとすぐに理解できる感覚。

とてもあり得ない状況・展開でありながらひどく生々しいリアル感、これも夢だ。

流石にエロティック方面には展開しなかったが、逆にリアルな人間関係(諍い、軋轢)が登場してきて、「あれ?ケンカはしないはずじゃ・・・」と夢の中なのにちょっと驚く。これは直前に読んだ小説に登場する女性たちの会話がもろに影響したのだろう。

夢なので場面や状況は唐突に飛ぶ。だが全てのシチュエーションに彼女たちは登場してくる。やっぱ好きなんだな、俺。

昔から女性の手を握ると母性的な安らぎを得るという性癖があるのだが(変態じゃないよ)、今回握らせてくれたのは、あの方、分かるかな。

その方が「4月に予定していたフランス公演は出来なくなりとても残念です」と言っていたのがとても現実的な発言だったのでちょっと吃驚。これは夢のお告げか、否、出来なきゃ公式な発表自体も無いか・・・

そんな訳で、Perfumeの夢を観させてくれた創元推理文庫「護りと裏切り」はとてもお薦め(今、下巻を読んでいるのだが、法廷場面が圧巻の素晴らしさ)。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

花粉症、爆発

年によって軽度だったり重度だったりするのだが、今年は3月に入るまでさしたる症状は見られなかった。

それでちょっと安心しすぎていた。例年なら用心してティッシュを多めに持ったり専用の目薬をバックに入れて外出していたのに、今年は全くの無防備だったのだ。

それはいきなりやってきた。

クシャミ連発、かんでもかんでもダラダラ流れだす鼻水、目玉を取り外して丸ごと洗いたいような「痒み」・・・

もう公衆の面前で恥ずかしいったらありゃしない。

そういえば去年は3月下旬に旅先の京都で「爆発」を体験したのだ。あの時は現地で購入した専用薬が劇的に効いて症状が治まったのだけど、あれ、何処にしまったのだっけ。毎回の薬代はバカにならないし、ちょっと本気で探してみるか。

いずれにしろ、なるべく自宅にまで花粉を持ち込まないよう注意していこう。

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

Perfume : テレビ朝日系「徹子の部屋」出演

38日(金)13:20放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」 Perfumeゲスト出演

芸能人にとって一度はお邪魔してみたい憧れの部屋である。

Perfumeも十分(出演の為の)条件は満たしていたとは思うのだが、番組周辺の「大人」の思惑で出演者が決まる傾向が強く、「大衆性」という点で今ひとつ押し出しが弱かったPerfumeに声が掛かる事はなかった。

それが、「ひみつ道具」的な「何か」のお陰で目出度く出演出来る事になったのである。

皆、良い笑顔↓Docpepy

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

Audrey Hepburn Starring in Galaxy Chocolate UK TV Advertisement

オードリー・ヘップバーン(CG)出演のチョコレートCF

辛うじて「CGっぽさ」を感じる部分もあるが、それさえも「わざと」ではないかと勘ぐってしまう。

映画業界では俳優組合等の兼ね合いもあり公にしていないが、(表情のアップなどを除けば)実はかなりの部分でCGを利用しているのだ。いや、もう既にCGの「虚構」人気俳優がいたりして・・・

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

泥窪@高円寺ペンギンハウス 2013.2.28 + 個人的音楽嗜好

お馴染み泥窪ライヴ、今回はドラムと共演。

「唄」が強いのでどんなバッキングでもスタンスは揺るがない。

先ずオリジナルであること、そのオリジナルがライヴを通して更に磨き上げられていること、そして泥窪だけにしか表現できない「個性(音楽)」が聴き手にも伝わり始めていること。

今回どれだけ泥窪初見の方がいたかは判らないが、観客を惹き込む「引力」は確実にパワーアップしてきたようだ。

・・・・・

「タメる」、「ハネる」、「ネバる」、そして「ネジれる」、更に言えば「歪む」、現時点での個人的音楽嗜好はこの辺りが基準。

もちろん全て網羅している必要はない。

「魅せる」も重要、「魅せる」で全てOKの場合もある。

アンサンブル的には「足し算」よりも「引き算」の発想のほうが好き。一摘みで効果絶大な「掛け算」や解体再構築の「割り算」は造り手のセンス次第。

そして、聴き手に届けるという点で「ポップ」という概念はとても重要だとも思っている。

ということで、ジミ・ヘンドリックスの「新譜」が楽しみすぎるのである。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »