« 旧知 | トップページ | 猫はいつの時代も「猫」である。 »

2013年3月28日 (木)

Frank Zappa And Shuggie Otis - Rare Acoustic Jam, 1970

シュギー・オーティスの新作が出るということで久々にYouTubeで検索していたのだが、ふと、ザッパの『Peaches En Regalia』(アルバム「Hot Rats」収録)でベースを弾いていた事を思い出し「Zappa Otis」で検索してみた。

で、これを発見。

こりゃ凄い。

ジャムといっても在りがちな12小節やワンコードではないとても自由なモード的でアブストラクトなアプローチ、ザッパのギターソロ曲『Nine Types Of Industrial Pollution 』('69)とシュギー・オーティスのギターソロ曲『Freedom Flight』('71)を繋ぐミッシングリンクとも言える演奏だ。

しかし、シュギー・オーティスはこのジャムの時点でまだ17歳なんだよな。とんでもなく早熟な天才ぶりだよね。

|

« 旧知 | トップページ | 猫はいつの時代も「猫」である。 »

ZAPPA」カテゴリの記事

ネット動画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧知 | トップページ | 猫はいつの時代も「猫」である。 »