« 正月三日:東博でお正月 | トップページ | 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 »

2013年1月 5日 (土)

ギター、その後・・・

(2年前)

母の死直後に3弦が切れて以来ギターを弾かなくなった。もう楽器は止めてもいいと思った。毎日あれほど触れていたのに不思議と未練はなかった。あの頃、音楽を楽しむと言うよりも別の感情でギターを弾いていたからかもしれない。「妬み嫉み恨み辛み」的な何かというか、そこまで剥き出しではなかったが、まぁいろいろあったのよ・・・

それが母の死で吹っ切れた。が、同時にギターを弾く意味も見失ったようだ。

(3ヶ月前)

が、昨秋、突然ムラムラと楽器欲望(?)が湧いてきて久々にギター引っ張り出し弦を張り替えてみた。

思いの外2年間のブランクは大きい。とっても押弦する指が痛い。こんなに痛かったっけ。それでも我慢して毎日少しづつ慣らしていく。

が、その先が見えない。意欲持続のための目標がないのだ。弾いていてもつまらんのだ。

楽器欲望は急速にシオシオと萎えていくのであった。

それでも、そのうち目標が見つかるかもと毎日短時間ではあったがギターには触れていたのである。

(現在)

それがね、何故か今ベースを練習(一週間前から)しているのだ。酒の席でおだれられてよせば良いのに本気になったしまったのだよ。な~んの確約もありません。ましてや己に自信などほとんどあ~りません。が、とても面白い、楽しい。まさに楽器を始めた頃の純粋な音楽的喜びを再び味わっているところなのだ。

新鮮だ。新たな音楽的刺激によって音楽への接し方聴き方まで変わった。

それにしてもギターとは全く別の「生き物」だなベースって。調教しているのか、されているのか(間違いなく後者)、今は毎日小指イジメである。

ギター?もちろん弾いてるよ。

|

« 正月三日:東博でお正月 | トップページ | 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 »

ギター」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽の演奏は内から湧いてくるエネルギーが無いときは出来ないです。
ギターを再び手にされた時、おそらく色々な悲しみなどから立ち直られたのだと思います。
「楽しむ事」が続けられる一番の意味です。

投稿: g・imai | 2013年1月 6日 (日) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月三日:東博でお正月 | トップページ | 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 »