« 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 | トップページ | かご猫:イカ干し »

2013年1月 8日 (火)

俳優 佐藤允氏 死去

享年78。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130108/k10014659591000.html

中学一年のお正月、近所の東宝二番館で「レッツゴー!若大将」を友人たちに誘われて観た時の併映が彼が主演の作品だった。

たしか「作戦」シリーズの何か(タイトルまでは覚えていない)だったとは思うが、なんといってもその面構えに惹かれた。

「若大将(加山雄三)」的なものに居心地の悪い違和感を感じていた私にとっては友人たちとの付き合いとはいえあまり気が進まない映画鑑賞だったのだが、とっても救いになる「お顔」に出会えてとても嬉しかったのだ。

その後幾つかの作品を観て名画座で岡本喜八「愚連隊シリーズ」に辿り着くわけだが、どんな作品でも役柄でもこの顔が画面に登場するだけで映画を一瞬支配する力があった。監督にとっては使いづらくもありそして使いがいのある役者だったと思う。

もっとも昔は東宝作品に限らずそんな個性的は「脇」が多かった。でも、主役まで任されるように彼が成り得たのは佐藤充氏にあの頃の(同世代の)価値観を体現できるリアリティーがあったからだ。笑顔で「反骨」が表現できる役者はなかなかいないからね。

映画の楽しみを教えてくれてありがとうございました。

謹んでご冥福を祈ります。

|

« 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 | トップページ | かご猫:イカ干し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七尾旅人@渋谷公会堂 2013.1.5 | トップページ | かご猫:イカ干し »