« 黄金色 | トップページ | Perfume:Pop Group of William Gibson’s Dreams »

2012年12月 2日 (日)

Computer Magic、知ってる?

ニューヨーク、ブルックリン、インディーズ、現在21歳の宅録娘、「コンピューター」はあくまでもツール(ライブはバンド仕様)、その音楽はポップで切なくそれでいてしっかりと「今」のロック、しかもSF好き、こりゃ好きに為らざるをえない、ということで見事ハマりました。

愛称:ダンジーちゃんComputermagic_500

51xev4xpdal_sl500_aa300_ 数年前からシングル(アナログ、カセットetc)をリリースしているのだが、今回それらの曲をまとめたアルバムで日本デビュー(発売元はP-VINE)。

曲によっては明らかにシンガーソングライター指向の強いものもある。そういう曲では驚くほど歌が「強い」のだ。

やっぱり「声」なんだよね。外見や音楽はいくらかは誤魔化しが効くけど、「声」でその(キャラとかセンスとかの)真偽の程はある程度判ってしまう。上手い下手だけではなく滲み出る個性とでもいうか・・・。

その意味では、彼女は本物だ。

宇宙飛行士姿でやや猫背気味にNYを歩く彼女の佇まいは歌から感じる世界観そのものだ。

近い将来大きく「化ける」に違いない。

今のうちでっせ。

余談だけど、このアルバムの一曲目を初めて聴いた時、D.スチュワート&B.ガスキンを思い出したのが購入の直接のきっかけだった。分かる人には分かってもらえると思う。

|

« 黄金色 | トップページ | Perfume:Pop Group of William Gibson’s Dreams »

ネット動画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄金色 | トップページ | Perfume:Pop Group of William Gibson’s Dreams »