« Perfume:12月26日・海外ツアー密着ドキュメンタリーNHK総合で放送 | トップページ | 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Nut Again' »

2012年11月22日 (木)

ボーダーランズ2:完了記念(とりあえず)思いつくままに

ネタバレ回避のためストーリには詳しく触れないが、いやまあ何というか、日本語吹き替えの声優さんたちも楽しかっただろうな、と。

女性キャラでプレイしたのだが、途中とある理由で「男」声になるのだ。ゲームを通して嫌というほど(いや、嫌じゃないな、むしろ好き)聞かされてきた(クセのある)声が自キャラ周辺で突然流れたので最初はびっくり!非常にヘンである。オカマのようだ。

人体破壊、大量出血があちこちで(すぐに消えるが結構リアル)。

敵キャラは基本フリークスで左巻き系(セリフ、吹き替え共に秀逸)。日本じゃそれだけで無理だ。そして敵キャラ以上に狂っている人物が主人公周辺にもたくさんいる。特に自動車工のアレ。他のキャラは何となくトラウマっぽいものが示唆されるが、アレはヤバい、本物だ。(優秀な)技術者じゃなかったら即バンディットボスキャラ転身まちがいなし。

自キャラでは使えないのだが、ティナという最凶の14歳娘が強烈な印象を残す(喋り方が非常に魅力的、声優さんGJ)。この子には事情もありそうで・・・別の探索場所で母親との音声記録を見つけたりパーティー会場が復讐会場だったり・・・そりゃ、「いい具合に」狂っていなくちゃこの世界生きてはいけんわな。

今回はこんなとこ。

また暫く間をおいて、別キャラで再挑戦してみたい。

お前らまとめてブーンブーンだぜ

|

« Perfume:12月26日・海外ツアー密着ドキュメンタリーNHK総合で放送 | トップページ | 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Nut Again' »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Perfume:12月26日・海外ツアー密着ドキュメンタリーNHK総合で放送 | トップページ | 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Nut Again' »