« まる(ネコ):いろいろなねこ10。 Many Maru 10 | トップページ | 12月13日:泥窪のすべらない生誕祭Vol.36@高円寺ペンギンハウス »

2012年11月10日 (土)

映画館で「祭典の日」Led Zeppelin

観ておいて良かった、とつくづく思う。

・・・以下、だらだらと。

若い頃、良質のライヴを観た直後から心の中で何度も何度も再生して上書き保存、気がつけば現実以上に妄想部分が加味されて、これは現か幻か、オヤジの昔話は眉ツバ物、実は俺もワルだった、嘘で固めた人生さ、と何を書いているか自分でもよく判らんが。

要は、久々にあの頃の「感動の仕方」を味わったということ、それは一期一会、全ての瞬間に神経を集中して隅々まで味わい尽くす記憶に留めるということである。

またね、カメラが観たいところを絶妙のタイミングとアングルで切り取ってくれるのよ、これが。

ジェイソンはもちろんだが、R.プラントとJ.P.ジョーンズの現役感が素晴らしい。若い頃より確実に進化しているのだ。

ん?ペイジか・・・ソロが始まる度にヒヤヒヤしたが、よく頑張った、よな。

実はね、

実際のライヴから5年の歳月を挟んでリリースされたということに若干の不安を感じていたのだ。あまり出来が良くなかったので躊躇していたのでは、とね。テクノロジーの進化を待って「あれやこれや」の処理があったのではないか、なんてことも考えたりしていた。

杞憂だったね。

で、とりあえず、11月21日の発売日にはCDだけ購入しようかと思っている。CD音源で補完して映像はしばらく脳内再生を楽しむよ(映画館の音響はロック的にはイマイチだったのだ)。

|

« まる(ネコ):いろいろなねこ10。 Many Maru 10 | トップページ | 12月13日:泥窪のすべらない生誕祭Vol.36@高円寺ペンギンハウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まる(ネコ):いろいろなねこ10。 Many Maru 10 | トップページ | 12月13日:泥窪のすべらない生誕祭Vol.36@高円寺ペンギンハウス »