« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

「シップブレイカー」パオロ・バチガルピ

近未来のタイを舞台にしたSFと言うよりも幻想(妄想)小説といった趣が強い異形の世界観ゆえ、パクチー(東南アジアを代表する香辛料)を初めて味わった時のような後味が残り続けた「ねじまき少女」に続く期待の新作「シップブレイカー」(ローカス賞YA部門受賞作)。

51ruyx5twpl_sl500_aa300_ 舞台は近未来、ただし今回はアジアではなくアメリカ南部(海岸線沿い)。

ご多分に漏れず、この世界でも経済は行き詰まり、エネルギー政策は破綻し、環境汚染は劣悪、貧富の差は極限、そしてその底辺も底辺、本来の寿命も全うできないような最底辺で日々暮らす少年が主人公である。

前作同様、そんな環境のディテールを読み手の想像力で補完する為に前半はじっくりと読み進めなければならないのかと思いきや、これが驚くほどサクサク読める。

ほとんどの風景や環境は過去の映画的記憶で安易に想像可能なのだ。

そう、判りやすいのだよ。

物語も(乱暴に言ってしまえば)「ボーイ・ミーツ・ガール」だし。

ああ、これがYA(ヤングアダルト、ハイティーン向け)小説たるところか、と納得。

ただし、少年達の労働環境の悲惨さや父親との確執(ほぼ一方的な暴力だが)、そして決して優しさの安売りはしない現実的な登場人物(相手役の少女も)たち、と前作ほど過剰ではないが「苦味」成分もピリッと効いているところがこの作者らしいところだ。

そんなキャラの中で半獣半人のとある人物(?)がとても印象に残った。彼のその後についての次作が準備されているようで楽しみだ。

ところで、読んでいる最中に「未来少年コナン」を思い出したのだが、そんな人も多いみたいだね。

ねじまき少女」ブログ記事 http://bit.ly/tCcZPh http://bit.ly/uzB721

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

サイモンズ・キャットひとまとめ:Simon's Cat: All The Films!

原作者自らによる動画ひとまとめ。

2008年3月の1作目から最新作まで全26作。久々に観ると初期は結構アグレッシヴな味わいですね。それにしても犬は・・・

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

いよいよ寒いっす

電気代も上がっているし暖房費のことを考えちゃうのだよね。

要は自分の体熱を逃さず如何にキープし続けるかが問題なわけで、重ね着の組み合わせとか、下半身、特に足元の「冷え」(これが結構重要)回避方法とかいろいろ思案中である。

今はユニクロ等の防寒特化型のアイテムを幾つか検討しているのだが・・・

思えば炬燵は偉大な存在だった。

昔、一人暮らしを始めた当初は部屋に空調設備などなかったが、炬燵一つで十分冬を越せたもんだ。まぁ、若かったからかも知れんが。





| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

初期ウェザーはライヴが凄い:動画「Weather Report 1971 "1" 」

61evaftga6l_sl500_aa300_ 先日、ウェザーの初期アルバムをBOX化した「Complete Columbia Albums 1971-75」を購入したのだが、これがほんとに驚きの「目から鱗」連発。

←これです。

特にヴィトウス在籍時は大人になって音楽がある程度判る(おこがましいですが・・・)ようになってからもまともに向き合うことがなかった。若い頃背伸びして聴いて判った気になって、初来日公演にも行って、それっきり。

1stや日本公演ライヴもCD化の際に再購入したが、きちんと聴いては来なかった。

それが何故突然聴きたくなったか。

それはウェイン・ショーターなのだよ。

ここ数ヶ月、ショーター在籍時のマイルス(アコースティック&エレクトリック)を集中的に聴いてきて、今更ながらショーターの化物ぶり(特にライヴ)に魅了された。常軌を外す、戻す、曲想を解体する、構築する、等々、モード概念すら超える変化自在のソロパフォーマンスが圧倒的なのだ。

そこで初期ウェザーとなるわけだ。

スタジオアルバムでは曲の枠組みが優先はされるが、それでも自由度は高い(ジャム的要素が強い)。だから制約の少ないライヴではほぼ全編インプロヴィゼーションに塗りつぶされる。なかでもサックスは文字通り「リード」楽器であるわけで伴奏に逃げ場はない。しかも曲を決めるのも展開を導くのも全てリード次第、つまりのべつ吹きまくる必要があるのである。

これはショーターが目当てだったら再びきちんと聴くしかないでしょ、そしてどうせなら、最新リマスター盤でしょ、ということで購入したのだ。

とりあえずはライヴだよ、ライヴ、という訳で、いきなり「Live In Tokyo」2枚組はキツい(過去全編通しに何度か挑戦して途中でメゲた)ので、2nd「I Sing the Body Electric」の好編集だという日本公演ライヴから聴いてみる。

これは聴いてもらうしかない。編集の素晴らしさもさる事ながら、演奏自体が凄すぎる。ウェインだけじゃない、もう全員、花丸印。曲を引っ張るのはショーターかと思っていたが、ヴィトウスが局面局面で好サポートしているのだ。ボーイングのソロもエグい。当時紛れもなく最前衛にいた事を証明する好演である。そしてドラムのエリック・グラバット!以前聴いた「LiveInTokyo」では制作が日本スタッフだったせいか旧態然とした「ジャズ」ドラムの音に処理されていてバスドラボトボトシンバルバシャバシャ(しかも薄っぺら)と耳障りで閉口したのだが、さすがリアルタイムで音楽シーンの変化を感じていたアメリカのスタッフは違う。見事にメリハリの効いたキレの良いサウンドになっている。演奏自体も全体の流れをを意識した当意即妙ぶりで、多分この人の世代あたりがロックやソウルも普通に聴いてちゃんと演奏も出来るよ、という新しいタイプのドラマーの始りなのだろうなと思う。パーカッションのドン・ウン・ロマンとのコンビネーションも良い。

ショーター?言わずもがな。

ザヴィヌル?この方はサポートに徹しているけど、実は彼の想う「世界」を目の前に現実化しようとしている司祭かもしれない、と言ったら褒め過ぎか。

と、こんなに長い前置きを書くつもりじゃなかったが(書き足りないし)、今回の本題。

こんな映像が残っていた事に驚き。そして今の時点で発見できたことに感謝。ちょっと前だったら無視していたかもしれないしね。

なんて刺激的なんでしょ。ドラムが初代ドラマーのアルフォンス・ムザーン、手数が多くて「ビート」系ではないけどこれも悪くなし。

聴きどころのポイントが分かった「LiveInTokyo」も今は抵抗なく楽しめるように・・・でもやはり全編通しはしんどいな。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

「永遠の夜」(上・下巻)               ギレルモ・デル・トロ+チャック・ホーガン

51bwlifgsgl_sl500_aa300_沈黙のエクリプス 」「暗黒のメルトダウン」と続いたストレイン三部作の完結編(とは言え限りなく「続く」可能性は大有りな終わり方)。

前作に登場した女性宇宙飛行士のエピソードからひょっとしたら次回の舞台は宇宙かと懸念(期待)したがあっさり「燃え尽きた」。

それどころか、「宇宙」以上の禁じ手「◯使様」登場である。

三部作通して意識的(もしくは何も考えず?)に張り巡らせていた「伏線らしきもの」は・・・

デカイ一発で吹っ飛んじゃった

でも、最後まで面白く読めちゃうのは、基本活劇だからかな。

ああ、そこで思いついたのだよ。

これ崩壊後の無法地帯を舞台にしたFallout的な物語の壮大な前ふりだったんじゃないか、と。怪しげな宗教・思想に結びつきそうなネタはそこら中に振りまいて終わっているし、モンスターどころか最後に天◯様まで登場しちゃたらもう何でもありだし、自由自在に展開できるぞ、とね。

とりあえず、長い長い遠回りだったけどデル・トロ監督、テレビドラマ化おめでとう。

| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

Perfume:初の海外ツアー、フィナーレを約3万人が目撃

近場の某映画館でライブビューイングを観てきた。

Pfg02546

内容等詳細はナタリーの記事に報道とは思えんほど詳しく載っているのでそちらをどうぞ。http://natalie.mu/music/news/80503

以下個人的感想。

お客さんにグッズで身を包む人も殆どいなくて、開演前は普通の映画上映のような雰囲気。客層に年配者多し、俺が最高齢かと思っていたのだがそんなことは全くなかった。

本編開始前に既存のPVがスクリーンで流れていたのだが、大画面で観るととても新鮮。ベストのショットを演出する光線の具合とか繊細なカラー調整とか、製作者達のクリエイティヴィティがよく伝わってくるのだ。まぁ、PVはネットの小さな画面で観ることが当たり前になっちゃったけど、ちょっと勿体無いな。

本編開始直後はどう反応して良いのか(これ生ライヴじゃないし、マジで反応したら恥ずかしくねぇ?みたいな)観客にも戸惑いがあったが、すぐにタガが外れた。拍手、スタンディング、手拍子、声出し、フリ、と普通のライヴと変りなし。Perfume、おそるべし。

とはいえ、一般のライヴ会場よりも公共性の高い映画館ということで自然な節度も感じられたのは年配者が多かった故か、それともPerfumeファン故か。

ただね、大きな声、大きな身体(ピザ度高し)表現等が目立つオタ系の方は(大会場では紛れるが)こういうとこでは浮くな。

終わってみれば大満足。

3人に感謝。

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Nut Again'

その手は喰わないぞ、と学習しつつも、応用が効かず・・・

不滅の「トムとジェリー」型チェイス。


リスの動きは勿論だが、木の枝や水の表現等々、相変わらず細やかですね。

それはこのプロモ動画での彩色の繊細さでも伝わってきます。



| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

ボーダーランズ2:完了記念(とりあえず)思いつくままに

ネタバレ回避のためストーリには詳しく触れないが、いやまあ何というか、日本語吹き替えの声優さんたちも楽しかっただろうな、と。

女性キャラでプレイしたのだが、途中とある理由で「男」声になるのだ。ゲームを通して嫌というほど(いや、嫌じゃないな、むしろ好き)聞かされてきた(クセのある)声が自キャラ周辺で突然流れたので最初はびっくり!非常にヘンである。オカマのようだ。

人体破壊、大量出血があちこちで(すぐに消えるが結構リアル)。

敵キャラは基本フリークスで左巻き系(セリフ、吹き替え共に秀逸)。日本じゃそれだけで無理だ。そして敵キャラ以上に狂っている人物が主人公周辺にもたくさんいる。特に自動車工のアレ。他のキャラは何となくトラウマっぽいものが示唆されるが、アレはヤバい、本物だ。(優秀な)技術者じゃなかったら即バンディットボスキャラ転身まちがいなし。

自キャラでは使えないのだが、ティナという最凶の14歳娘が強烈な印象を残す(喋り方が非常に魅力的、声優さんGJ)。この子には事情もありそうで・・・別の探索場所で母親との音声記録を見つけたりパーティー会場が復讐会場だったり・・・そりゃ、「いい具合に」狂っていなくちゃこの世界生きてはいけんわな。

今回はこんなとこ。

また暫く間をおいて、別キャラで再挑戦してみたい。

お前らまとめてブーンブーンだぜ

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

Perfume:12月26日・海外ツアー密着ドキュメンタリーNHK総合で放送

一度、音楽ニュース配信サイト「ナタリー」でアップされたのだが、何故かその後エラー扱いに。多分、公式発表よりも先走ったか、それとも一部不適切だったか・・・気持ちは分かるが、焦るな、ナタリ

という訳で、公式発表↓

NHK総合「MJ presents Perfume 海外ツアー ドキュメンタリー (仮)」放送決定!!

Perfume初となる海外ワンマンライブツアー「Perfume WORLD TOUR 1st」。
ツアー初日の台湾公演と、最終日のシンガポール公演での模様や、
韓国・ソウルにて行われた音楽祭典「The ABU SONG FESTIVAL」に密着したドキュメンタリー映像を放送いたします!!

12/26(水)24:2525:08 [NHK総合]

いろいろと懸念のあった韓国公演も無事成功で終了。さて24日はいよいよシンガポール、そしてライブ・ビューイング!とっても楽しみである。

| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

20万アクセス

感謝です。

メイン記事であるはずの音楽(特に洋楽)がTwitterで済まされてしまっているのは何とかしたいなとは思っています。

今若干の手抜き状態なのはゲーム(ボーダーランズ2)にハマっているせいです。

それもそろそろ一段落付きそうですので、今週末あたりから通常ペースに戻るつもりです。

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

まる(ネコ):愛おしいもの

ネコの可愛さは成猫になっても仔猫時代の幼児(仔猫)性が消え去らないことにある。つまり母猫の温もりに包まれて満ち足りた時間を過ごした短い期間の経験を一生忘れないということなのだ。だから(喜怒哀楽、何がきっかけかは判らんが)時折呆れるほど「回帰」してしまうこともある。

で、まるさん。

おしゃぶりなねこ?-Maru's pacifier?-

守るねこ。-Defending Maru.-

洗面所シンクの排水口にあるゴミ受けらしいのだが完全に「おしゃぶり」と化している。

思わず鳴き声が出てしまうほど愛おしいのである。

そして、愛おしいものは断固守るのである。

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

Tokyo HDR Timelapse 東京HDR微速度

美しく幻想的な都市TOKYOの風景(HD1080p/フルスクリーン再生推奨)。

ところどころ明治幕末の着色写真を髣髴させる独特の発色が魅力的、特に2:03からの映像の神々しさには息を呑む。

この手の映像は音楽によっても大きく印象が変わるのでいろいろ試してみよう。

| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

宇多田ヒカル - 桜流し

紛れもなく「唄」である。

「詞」や「映像」から意味を探る必要はない。

彼女の肉声の「響き」が全てだ。

それで十分過ぎるほど「想い」は伝わってくる。

オフィシャルから

2012年11月17日公開 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソングとして書き下ろされた宇多田ヒカルの新曲。
このミュージッククリップの監督はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞している河瀨直美。"母性"を普遍的ながらも美しき日本の風景で表現し、監督曰く「こういった時代だ­からこそ、"今身近にある、触れられるものを大切にしたい"というメッセージも込めたかった」とのこと。宇多田ヒカルと監督が何度も打ち合わせを重ねて作り上げたまさにコ­ラボレーションフィルムです。
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id576139166

活動再開ということではないそうだけど・・・

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

「パイの物語」:Life of Pi - Official Trailer (HD)

ネコ(科)好きとしては見逃す訳にはいかない映画である。

日本では『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』という何とも説明的なタイトルで2013年1月25日公開。

アン・リーの色彩感覚は独特、予告だけでも感動的。J.キャメロン監督曰く、「見世物」ではない物語ありきの3D映画(大意)、ということらしい。

参考記事http://news.walkerplus.com/2012/1115/6/

| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

ネコのバイク便:My cat can ride a bike better than you can

ネコの名はMJ、飼い主はフィラデルフィアでバイク便の仕事をされている方らしい。

とても幸せな気分になれる、良い動画。

MJも移りゆく周りの風景に興味津々、ネコってのはほんとに不思議な動物だね。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

「羊の木」第22話:呼応

今回から新しいサブタイトルが付いた。

「呼応」である。

一人ひとりの心の奥深くに棲む「何か」が呼応するのだろうか。

「呼応」は「連鎖」を生み、「連鎖」は「崩壊」を齎す。

危うい均衡で辛うじてフラットに保たれてきた(平和的な)日常が加速度的に歪み始める。

事態は、収束するのか、拡散するのか、この作者二人ならならどっちもあり、だから全く予測がつかない。それでも次号あたりで(この物語にとって)決定的な「事件」が起こるのだろうか。

それにつけても、ラスト直前の市長の目つき、ヤバいでしょ。

そして頭陀袋、いつ見ても腹立つ顔しているなぁ、本人のせいじゃないけど・・・いや性格にも問題あるか。

・・・・・

おら、おら、おら~、と俺たちの「ネ暗トピア」が還ってきた、傑作、異論は認めない。

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

12月13日:泥窪のすべらない生誕祭Vol.36@高円寺ペンギンハウス

知人で高円寺在住のミュージシャン泥窪氏のライヴである。

今回はフライヤー制作をお手伝いした。2

素晴らしい泥窪イラストは岩井シゲヨシ氏、予算の都合で残念ながら実際のフライヤーはモノクロコピーになってしまったのでカラー版を上げておく。

泥窪氏は最近ギターをアコギに替えたのだが、これが大変良いのだ。この生誕祭にはジャズ風バンド編成で登場するのだが、オリジナルも演奏するそうなので楽しみである。

12月13日(木)高円寺ペンギンハウス、良かったら記憶の片隅に留めておいて下さい。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

映画館で「祭典の日」Led Zeppelin

観ておいて良かった、とつくづく思う。

・・・以下、だらだらと。

若い頃、良質のライヴを観た直後から心の中で何度も何度も再生して上書き保存、気がつけば現実以上に妄想部分が加味されて、これは現か幻か、オヤジの昔話は眉ツバ物、実は俺もワルだった、嘘で固めた人生さ、と何を書いているか自分でもよく判らんが。

要は、久々にあの頃の「感動の仕方」を味わったということ、それは一期一会、全ての瞬間に神経を集中して隅々まで味わい尽くす記憶に留めるということである。

またね、カメラが観たいところを絶妙のタイミングとアングルで切り取ってくれるのよ、これが。

ジェイソンはもちろんだが、R.プラントとJ.P.ジョーンズの現役感が素晴らしい。若い頃より確実に進化しているのだ。

ん?ペイジか・・・ソロが始まる度にヒヤヒヤしたが、よく頑張った、よな。

実はね、

実際のライヴから5年の歳月を挟んでリリースされたということに若干の不安を感じていたのだ。あまり出来が良くなかったので躊躇していたのでは、とね。テクノロジーの進化を待って「あれやこれや」の処理があったのではないか、なんてことも考えたりしていた。

杞憂だったね。

で、とりあえず、11月21日の発売日にはCDだけ購入しようかと思っている。CD音源で補完して映像はしばらく脳内再生を楽しむよ(映画館の音響はロック的にはイマイチだったのだ)。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

まる(ネコ):いろいろなねこ10。 Many Maru 10

冒頭のまん「まる」顔にヤラれました。

「It's funny because he's fat」のコメントに同意。

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

Perfume パフューム - 抵港 20121107

アジアツアーで香港到着。

きっと良いライヴになるだろう。

これが噂には聞いていた「全身黒尽くめ」のっちか。

似合うじゃないか・・・

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

Borderlands 2 (ボーダーランズ2)

アメコミの絵柄そのままヌルヌルとキャラが動き回る(RPG要素の強い)FPSゲーム。91wzwhmv2l_aa1500__2

前作が気に入っていたので今回も、と思っていたが知らぬうちに発売日を過ぎていた。「Halo4」の発売も迫ってきているし、店頭を覗いても商品は無さそうだし、と半ば入手を諦めていたのだが、某カメラ屋系量販店で在庫を聞いてみたら「ある」とのこと。この商品は18禁レーティングのため目立たない場所に置かれていたので(しかもXboxだし)発見できなかったようだ。見れば初回盤のようだし思い切って購入した。

めちゃくちゃ面白いわ、これ。

前作もかなりのものだったが、(基本的なシステムやイメージは引き継ぎつつ)大幅にヴァージョンアップした世界観やキャラクターたちが魅力的で素晴らしい。今回は敵キャラ以外、特にお馴染みのNPCやあの方やこの方もよく動きよく喋ってくれる(日本語吹き替えも良い)ので楽しみ倍増、物語性もずっと深まった。

とりあえず、基本キャラ4体と特典キャラ1体で導入部分を試してみたが、各者それぞれ癖があり誰を使うか非常に迷う。結局、特典キャラのメクロマンサーGaige(女性)でスタートすることに決めた。

大正解。詳しくは書かんが強力なスタンド(?)デストラップが頼もしいのだ。特にわらわらと湧き出るザコ相手には大変重宝するのである。

まだ序盤をこなしているあたりだが、戦闘バランスはかなりシビアである印象。時折登場するワンランク上の難敵Badassやボス戦には苦戦するが、死んでも安心(ただしものすごく悔しい)即復活システムが有難い。自らの得意技や武器の特性を上手に使えば必ずや勝機は開かれるし、要は頭を使って工夫できる部分が多いということなのだよ。

しかし先が長そうなんだよね・・・「Halo4」、どうしようかなぁ。

| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

街猫探検隊:秋深し

秋の日差しは好き。Rimg5071_2

Rimg5072

Rimg5073

Rimg5075

夏の暑さを乗り越え、気候の不安定な初秋も終わり、野良たちにとってはやっと一休みの日向ぼっこ。

でも直ぐに冬の寒さがやって来る・・・

 

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

国芳の春画 (別冊太陽)

Photo

実は刊行は10月13日だったそうだが、目黒の書店で目立つ場所に「積んで」あったのでやっと気がつくことができた。嬉しい判断じゃないか、有隣堂さん。近所の書店じゃ(内容的に)無理な話だし。

さっそくパラパラと目を通す。

やったー!無修正ドンと来いである

ちゃんと「猫」のページもあるのだよ(帯にもいるし)。

じっくりと鑑賞(吟味)した上、感想を上げる所存でござる。

しかし、江戸の「性」は大らかだなぁ。

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

MUSE / EXOGENESIS PART 3 (REDEMPTION) 鉄拳「振り子」ver. (Official)

何度観ても泣ける。でもあざとくない。作者が真摯な気持ちで造っていることが作品を通して伝わってくるからだ。

数年前テレビの企画物番組で紹介され話題になり、その後YouTube等の動画サイトで世界中に紹介され、使用された楽曲「Exogenesis Symphony Part 3 (Redeption)」の著作権利者であるロックグループMUSEの知るところとなった。

と、ここで昨今の時代の流れならば、強く抗議もしくは訴えられても、となるところなのだが、MUSEは素直に作品の質の高さを認め、逆にこの曲のオフィシャルビデオクリップとして認定してしまったのである。

ロンドンオリンピック閉会式にも登場した英国の国民的バンドMUSEがですよ!

鉄拳氏、良かったね、おめでとう。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »