« 「とめはねっ!」(第10巻)河合克敏 | トップページ | 小野不由美:十二国記シリーズ »

2012年9月 5日 (水)

かご猫:はしごの上のしろ SHIRO on the ladder

去勢されていない雄猫のジョウル顔っていいね。

もっとも都会じゃ飼い主によほど覚悟がないと雄人生を全うさせてあげるのは難しいかな。

何しろ野性の獣性丸出しだからね。

年中絶賛発情中、強烈な縄張り意識と闘争本能、そしてマーキングの洒落にならない「臭い」等々、猫が紛れもなく「動物」であることを嫌というほど証明してくれる厄介ごと(人から見れば)てんこ盛りだし。

それでも、歳とって落ち着いてきたジョウル顔はほんと本来の猫らしくて好き。

で、今回のかご猫。

大自然の中で雄猫人生を満喫しているしろは果報者だなぁ。

|

« 「とめはねっ!」(第10巻)河合克敏 | トップページ | 小野不由美:十二国記シリーズ »

ネット動画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ジョウル顔って、去勢していないオス猫の膨らんだホッペタ顔なんですね、知らずにいて、調べちゃいましたよ。そうだったのか、シロくんのでかい顔はそういう事だったのね。この立ち姿の後ろ足、着ぐるみを着た人間みたいでたまりません。まるとシロ、こちらのブログと共に、楽しませてもらってます。

投稿: 年下の姉 | 2012年9月 7日 (金) 08時02分

年下の姉サン。

コメント、ありがとうございます。

いやね、ジョウルは外来種で表出するとほとんどお笑いです。

以前、アメショーのジョウル顔を見たことがありましたが、「種」を残すために飼い主の失ったものは大きいかなと思いました。

でも私は好きだなぁ。

投稿: | 2012年9月 7日 (金) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「とめはねっ!」(第10巻)河合克敏 | トップページ | 小野不由美:十二国記シリーズ »