« Perfume:新ベスト“LOVE THE WORLD”、そして海外ツアー | トップページ | Perfumeは魔法の武器(ホログラフィック)を手に入れた:氷結SUMMER NIGHT DIGITAL LIVE »

2012年7月25日 (水)

GRDⅣ:久隅守景「納涼図屏風」@東博

4~8週間ごとに作品の入れ替えが行われる東京国立博物館総合文化展。今回も予期せぬ嬉しい再会があった。

以前一度観て以来(東博でだったと思う)ずっと心の奥底に引っ掛かっていた作品、国宝「納涼図屏風」である。Rimg4886a

納涼図屏風 - e国宝http://bit.ly/MXcrnr (部分拡大もできます)

久隅守景は狩野派の高弟だった時期もあるらしいが、後年は流派に囚われない独自の画風を確立した(破門という説もある)。「納涼図屏風」はその時期の代表作である。

ということらしいが、

良いんだよ、この絵。

静かに寛ぐ三者三様のポーズと表情(特に女性)に「この夕涼みの瞬間は幸せに満ち足りているがそれは永遠ではない」という「儚さ」を感じるのだ。

例えば「明日から夫が戦に出る下級武士一家の最後のひと時」とか、あれやこれや裏のドラマさえも想像するのである。

8月いっぱいは展示されるので興味をもたれたら是非。

|

« Perfume:新ベスト“LOVE THE WORLD”、そして海外ツアー | トップページ | Perfumeは魔法の武器(ホログラフィック)を手に入れた:氷結SUMMER NIGHT DIGITAL LIVE »

カメラ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Perfume:新ベスト“LOVE THE WORLD”、そして海外ツアー | トップページ | Perfumeは魔法の武器(ホログラフィック)を手に入れた:氷結SUMMER NIGHT DIGITAL LIVE »