« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

暑中お見舞い申し上げます

熱中症という名の「死」をこれほど身近に意識する夏がかってあっただろうか、いやない。

こんな夏、お前らにやるよ→「夏はもらったぜ」藤岡藤巻

ということで、皆様もご自愛下さいませ。

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

Perfumeは魔法の武器(ホログラフィック)を手に入れた:氷結SUMMER NIGHT DIGITAL LIVE

"キリンチューハイ 氷結"の誕生日である7/11を記念して、この夏、氷結とPerfumeによるスペシャルプロジェクト、「セカイガ キラキラ ハジケル SUMMER PROJECT」が始動。詳細→氷結プロジェクトサイト

その一環として7/23(月)に行われたスペシャルイベント”氷結SUMMER NIGHT”の模様をまとめたダイジェストムービーがYouTubeに公開された。

まあ観てください。

最新技術の3Dホログラフィック映像と「ライブ」でここまで完璧にコラボレーションできるのはPerfumeだからこそだと思う。

しかもPerfumeだからこそ更なる可能性も生まれてくるのである。

コメントで、ホログラフィックで「吹き出し」を作って同時通訳を入れれば海外公演でのMC問題も解決、というのがあったけど、それも十分「あり」だ。

いやほんと、最新のPerfumeが常に最高のPerfumeなんだよな。

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

GRDⅣ:久隅守景「納涼図屏風」@東博

4~8週間ごとに作品の入れ替えが行われる東京国立博物館総合文化展。今回も予期せぬ嬉しい再会があった。

以前一度観て以来(東博でだったと思う)ずっと心の奥底に引っ掛かっていた作品、国宝「納涼図屏風」である。Rimg4886a

納涼図屏風 - e国宝http://bit.ly/MXcrnr (部分拡大もできます)

久隅守景は狩野派の高弟だった時期もあるらしいが、後年は流派に囚われない独自の画風を確立した(破門という説もある)。「納涼図屏風」はその時期の代表作である。

ということらしいが、

良いんだよ、この絵。

静かに寛ぐ三者三様のポーズと表情(特に女性)に「この夕涼みの瞬間は幸せに満ち足りているがそれは永遠ではない」という「儚さ」を感じるのだ。

例えば「明日から夫が戦に出る下級武士一家の最後のひと時」とか、あれやこれや裏のドラマさえも想像するのである。

8月いっぱいは展示されるので興味をもたれたら是非。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

Perfume:新ベスト“LOVE THE WORLD”、そして海外ツアー

いきなり加速したという感じです。もう情報を追いかけるだけで手いっぱい。とりあえず掲載しておきます。

Photo

クリックでオフィシャルインフォメーションに飛びます↓

☆アジアツアー決定!!

☆「Perfume Global Compilation “LOVE THE WORLD”」リリース決定!!

☆「Spending all my time」、「ポイント」、「Hurly Burly」海外iTunes Storeより、世界50ヶ国配信決定!!

☆「Spending all my time」、「ポイント」、「Hurly Burly」アジア7ヶ国にて着うた(R)、着うたフル(R)、PC配信決定!!

今回の海外単独公演は実質的なワールドツアーの始まり、先ずはアジアから。ということなのでしょう。

新しいベストとなる「Perfume Global Compilation “LOVE THE WORLD”」は9/12リリース。初回限定盤には新たに制作される『Fake It』のPVはじめ豪華映像が盛り沢山。こりゃ早めの予約が吉かと。

これらに伴うあれやこれやのプロモーション活動からも目が離せませんな、もうね、「嬉しい悲鳴」が上がるってもんですわ。

おまけ:「GLITTER (Album-mix)」 from LIVE DVD」(公式YouTubeチャンネルから)

相変わらず海外からのコメントが多いですね。いやむしろ日本語のコメントより多いかな?

代表してメキシコから悲痛な叫びを↓

PLEASE COME MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO
MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO
MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO
MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO
MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO MEXICO.

We love you here!!

| | コメント (2)

2012年7月22日 (日)

墓参り

今月23日は父の5回目の命日。

「似てきた」とよく言われる・・・

Rimg4884

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

GRDⅣ:大井町から立会川沿いに品川水族館へ、そしてアザラシのジャンプ!

先週末の猛暑の中、大井町から立会川沿いを歩いて品川水族館に行ってきた(キツかったが楽しかった)。

立会川の暗渠はそのほとんどが自動車道路化してしまっていて「川」の記憶を留めるモノは「緩やかなカーブ」ぐらいなのである。だがJR大井町駅を過ぎて遊歩道に変化した辺りから「川」の気配が濃くなってくるのだ。

(写真はクリックで大きくなります)

JR大井町駅脇の暗渠は通路兼駐輪場に、カーブ具合でそれと判る。Rimg4839 「式場」帰りなのだろうか、黒のスーツはご苦労さんである。

そして振り返ると、遊歩道入口。ここから川に沿って旧東海道まで歩く。Rimg4840

遊歩道中間地点にある関ヶ原公園、このご大層な名前はこの辺りが江戸時代の薩摩藩屋敷跡だったことに由来しているそうだ(そう、薩摩といえばあの島津の退き口、だから関ヶ原)。Rimg4846

Rimg4847

Rimg4848

そして、遊歩道が終わると、なんと立会「川」が復活するのである。Rimg4850

近年の水質改善のおかげで匂いはほとんど無い(昔はかなり臭かったらしい)。

川のある風景は昭和の記憶を呼び覚ます。特にこの辺りは濃厚である。

以前は自家製パン屋だったのだが、川の氾濫で設備がダメになりカレー「専門」店に転じたというお店。Rimg4854

カレー店とまるで兄弟のように似たテイストを漂わす喫茶店。Rimg4858

川端の集合住宅。Rimg4862

立会川駅前商店街、第一京浜を挟んでこっち側は飲食店が多いのでこの時間は閑散としている。Rimg4831

第一京浜を渡ると京浜急行「立会川」駅、商店街を抜ければ旧東海道。Rimg4866

Rimg4868

しばらく行くと、水族館のある「しながわ区民公園」に到着。Rimg4871

とても珍しいゴマフアザラシのジャンプ(訓練中)。この夏から品川水族館ではアザラシショーを始めたのだ、可愛いぞ。Rimg4881

品川水族館http://www.aquarium.gr.jp/

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

立会川、思い出すままに

一週間前のブログ下書きから、何故か思い出したので。

家の近くを立会川が流れていた。江戸・東京を通してそれなりに有名な川であったことはだいぶ大人になってから知った。現在は河口付近を除いて暗渠になってしまったが、昭和30年代には川を中心として営まれた人々の生活の名残がまだ所々に残っていた。

立会川の西小山辺りには(まさに歌の通りの)「粋な黒塀と見越しの松」の花柳街が有り、川に沿って植えられた柳が三業地独特の風情を醸し出していた。周辺には映画館や温泉もあった。そう、今では想像もできないが、東京には地域ごとに総合歓楽街があったのだよ。

洗足周辺の(お山の上の)住民と川端に暮らす住民との「貧富の差」も子供心に凄まじいものがあった。駅そばには貧民窟のようなバラック集落もあった記憶がある。今で言うハーフ、あいの子もたくさん近所にいた。そんな立会川周辺の子供たちが通っていたのが私の母校第二延山小学校、親たちはどうだったかは知らんが、生徒たちに「差別意識」をこれっぽちも持たせなかった当時の先生たちの教育には今でも感謝している(その後、世の中が差別と偏見で満ちていることを知って衝撃だった)。

西小山から上流の目黒区側には水源を利用した農作地が広がり雑木林や農家そして碑文谷八幡や圓融寺等の由緒ある寺社も点在していてちょっとした郊外の趣があった(肥溜め臭かったが)。

子供の頃は自転車でこの上流辺りを「冒険」するのが最高の楽しみだった。

・・・キリがない、このへんで。

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

まる(ネコ):箱とねこ12。-Box and Maru 12.-

横からのアプローチだと箱が倒れしまうことを学習するまる(ネコ)さん、さすがである。

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

「国芳」タグ、作りました。

それなりに需要があるようなので「国芳」のタグを作りました。

おまけ↓

みかけはこわいがとんだいい人だAt_first_glance_he_looks_very_fiarc

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

WOWOW:黒澤明監督全30作品ハイビジョン一挙放送

8月12日(日)の「七人の侍」から順次放送される。

8月の放送予定は以下の通り。いやはや、すごいラインナップである。

812日(日)15:00~『七人の侍

813日(月)21:00~『用心棒

814日 (火)21:00~『椿三十郎

815日(水)21:00『天国と地獄

816日(木)21:00~『生きる

823日(木)21:00~『姿三四郎

830日(木)21:00~『悪い奴ほどよく眠る

WOWOW http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/001973/index.php

今回の放送についてはTwitterでの反響が早かった(私もTwitterでこの情報を知った)。

放送後の反応や感想も楽しみである(特に若い世代の)。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

太田記念美術館「浮世絵猫百景」+画稿(下描き)「見立て猫見八貝」

このブログでも何度か紹介した原宿太田記念美術館特別展「浮世絵猫百景 ー国芳一門ネコづくしー」。http://bit.ly/NagQXZ http://bit.ly/M0erix

後期にも行ってきました。一部入れ替わっていますが国芳の作品は継続している物も多く後期だけでも十分楽しめます。会期は7月26日(木)までですのでまだ間に合いますよ。

原宿太田記念美術館http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

さて、有名作や代表作はもちろんですが、浮世絵の展覧会の楽しみの一つは初めて出会う作品にあります(人気浮世絵師でさえ未見の作品が数多くあります)。

今回印象深かったのは国芳の画稿(下描き)「見立て猫見八貝22

この達者な筆致、巧いことはもちろんですが、「猫を描く」事が心底好きなんだなと(直筆ということもあって)直接伝わってきます。下の完成形のいかにも浮世絵風な(硬い)描写に比べるともっと漫画的というか「動き」のある人間(猫?)味に溢れた楽しさがありますよね。特にネズミに怒っている猫の顔とか最高です。

猫身八毛意21

国芳作品はまた追追紹介していきます。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

「羊の木」第18話

「イブニング」最新号から。

感想↓

うっわわわわわ

こう来ましたか。

こっち側にキーマンがいそうだなと何となく予感はしていたが・・・

とにかく衝撃の引き、そしてここで一週休載のお知らせ(しかも次回以降は月一連載に)。

焦らすねぇ、上手いねぇ。

とりあえずもう一度単行本2冊を読み直してこの先に耐える準備をしておけ(未読の人は購入しなさい)ということなのであろう。

特に第2巻収録の山上たつひこ短編小説「浜辺」は必読。

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

GRDⅣ:アシカ、猿+街猫

予報は曇りだったので凌ぎやすいかなと上野へ出かけたのだが・・・きっちり晴れてるではないかい!

アシカ、丸干し中。Rimg4803

ただ今発情期、賢者タイム?のジョン。Rimg4795

猿山、強烈な西陽のせいで「誰も」いない。Rimg4804

猿山の群れには入れなかったのだろうか、ハブ?目や表情がなんとも・・・Rimg4806

夕暮れ時の猫は逃げない。

やぁRimg4809

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

まる(ネコ):頭を洗うねこ。-Maru washes his head.-

右手(前足)の添え方が可愛いなぁ。



| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

暑い。猫を見習おう。

先週末からの「じっとしていても不快感を感じさせる暑さ」到来に身体がついていかない。

晴れれば焼けるような日差しがキツイし、曇れば汗ばむ蒸し暑さが鬱陶しい、夏本番はこれからなのに大丈夫か、俺(節電もあるし)。

せめて早く梅雨明けして欲しい。去年は早かったんだよ(7月上旬)、平年は20日過ぎということらしいが。

で、

ここで猫の話。

Rimg3436_2

この時期、夕暮れになると街角で猫を見かけることが増える。そう、いくら暑くても猫なりの野外活動(縄張り巡回、点検、挨拶etc)の日課はこなさなくてはならない。だが猫たちの体温調整は口呼吸だけで全身に汗をかく人に比べるとたいへん非効率的なのだ。それで(日中に比べれば)凌ぎ易くなる夕暮れに活動が集中するようだ。

そうは言っても暑いことには変わりはない。

そこで猫はどうするのかというと、「ゆっくり移動」するのである、決して「走らない」のである。そして、猫独特の「熱冷ましポイント」の上手な活用、彼らはあくせくしない、焦らない。

先日、そこそこ交通量のある道を車が十分行き過ぎたことを確認してから非常に「ゆっくり」と横断する猫を目撃した。そして渡った先の木陰でしばし休憩。近寄っても逃げ出さない。さらに近づくと警戒の素振りはするが態勢はリラックスモードのままである。

これだ!と思った。

人も夏に合わせて猫のように生活ペースや習慣を変えれば良いのだと。

思い出せば昔はそうだったんだよな。冷房で急激に身体を冷やせる時代になって変わってしまったのだ。

そういえば以前夏の沖縄を旅した時に、繁華街のバス停に誰もいなくて訝しんだのだがバスが来たら物陰から乗客がぞろぞろ出てきて驚いたことがあった。地元の人の話では、炎天下にバス停に突っ立ているのは観光客だけ(俺だ)、ということだった。

つまりそういうことなのよ。

歳をとると人の発汗機能も劣化するようなので、いよいよ猫のような生活を実践していかなくてはならん・・・ちょっと嬉しいかも。

駄文失礼。

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

Perfume:「JPN」ツアーDVD仕様発表

このデザインは面白い。店頭に並ぶ景色が楽しみだ。

2012/08/01(水) Release


[初回限定盤] UPBP-9001/2 ¥6,500(tax in) ※DISC1(本編)+DISC2(特典映像)+豪華ブックレット


[通常盤] UPBP-1001 ¥4,200(tax in) ※DISC1(本編)のみ

2012年1月から全国13箇所22公演を駆け抜けた、Perfume史上最大規模で初のアリーナツアー“Perfume 3rd Tour 「JPN」”!!
夢の出発点である地元・広島で開催した念願の広島グリーンアリーナ公演2日目の模様を完全収録!!
是非、初のアリーナツアーの興奮をご堪能ください!!

【収録内容】

[DISC1]
1.The Opening
2.レーザービーム (Album-mix)
3.VOICE
4.エレクトロ・ワールド
5.ワンルーム・ディスコ
6.Have a Stroll
7.時の針
8.微かなカオリ
9.スパイス
10.JPNスペシャル
11.GLITTER (Album-mix)
12.JPNメドレー
13.ポリリズム
14.「P.T.A.」のコーナー
15.FAKE IT
16.ねぇ
17.ジェニーはご機嫌ななめ
18.チョコレイト・ディスコ
19.MY COLOR

-ENCORE-
1.Dream Fighter
2.心のスポーツ

[DISC2]
さいたまスーパーアリーナ ENCORE
スパイス -マルチアングル-
時の針 -あ〜ちゃん Ver.-
時の針 -かしゆか Ver.-
時の針 -のっち Ver.-
ご当地チーム分けMC

-追加公演@日本武道館4DAYS-
コミュニケーション
Spring of Life

【店頭予約者特典】
□店頭にて「初回限定盤」または「通常盤」をご予約頂いた方に、ポスターをプレゼント。
□予約特典の為、数に限りが御座いますので詳細は各CDショップにお問い合わせください。

収録内容についても文句なし。お立ち台でのパフォーマンスが印象的だった「さいたまアンコール」収録ってことはあの追っかけっこも入るのだろうか。

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

Xbox360:「Halo 4 オフィシャル トレーラー」 (字幕付)

うぉっリアルだ、と思ったら人間部分はどうやら実写のようです。

いずれにしても私のようにシリーズの世界観が大好きなものにとってはたまらん動画です。

今年の暮れもゲーム廃人で年越しか・・・

発売予定日 : 2012/11/8 詳細http://www.xbox.com/ja-JP/Marketplace/SplashPages/Halo4

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

サラリーマンNEO、面白かったですね

日曜の深夜、録画してあった「サラリーマンNEO‐GOLD‐」観た。ちょっと興奮して目が冴えてしまうほど面白かった。

一度は存続の危機もあったこともあり、(その腹いせも含めてか)異常な(方向へ)力が入った怪作が次々に登場し、73分があっという間であった。

    ●Neo Express -深夜の人気コント番組 サラリーマンNEOが復活-
    ●戦国サラリーマン・ヒデヨシ -制作発表会見-
    ●愛娘の結婚
    ●Neo Express -4年に一度の祭典 サラリンピック開幕!-
    ●サラリンピック -男子 腹踊り重量挙げ-
    ●そうだ セクスィーで行こう。 -清水寺編-
    ●会議最前線 -「ない」方の話をする人-
    ●博多よかばい食品物語 -第7回 インターンの巻-
    ●Neo Express -検証 計測器メーカーの社食ブームはNEOのおかげ-
    ●そうだ セクスィーで行こう。 -貴船編-
    ●戦国サラリーマン・ヒデヨシ -メイキング-
    ●部屋で話そう
    ●戦国サラリーマン・ヒデヨシ -第171回「正直ベースの戦い」-
    ●Neo Express -特集 超就職氷河期の子供たち-
    ●そうだ セクスィーで行こう。 -祇園編-
    ●一人、外れる

とりあえず、「よかばい」が相変わらずの鬱陶しい「よか よか」テンション炸裂で安心した。

もう一度じっくり観て堪能してから個々の感想書きます。

「サラリーマンNEO‐GOLD‐」あなたのお気に入りコント大募集http://www.nhk.or.jp/neo/special2012/index.html

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »