« ザ・ピーナッツ・伊藤エミさん死去 | トップページ | サラリーマンNEO、面白かったですね »

2012年6月29日 (金)

「羊の木」:しまっちゃう、いや埋めちゃうオバサン。そして「アイ」について。

「羊の木」第2巻ラストに「引き」に出てきた「馬での決着」がどうしても気になって「イブニング」最新号を買ってしまった。

大野さんの活躍やまさかのオチに大笑い。

まさに黒い「ぼのぼの」。

絶好調ですな、絵も話も。

ところで、いがらしみきお「アイ」も最新刊を購入した。

41fcbtfa7gl__sl500_aa300_主人公のみならず登場する人物達の「歪み」具合が凄まじい。

「羊の木」は基本的に「普通の人々(受刑者も含む)」の日常が少しずつ綻びていく話だが、「アイ」の人物たちは最初から「普通」ではない。

そして今回描かれるのは、「日常」の中の狂気ではなく、「狂気の日常」の中の歪んだ人々(年齢不詳の描写がある種のコミューンを連想させる)なのだから、つまり「最狂」なのである。

各エピソードのテーマは重く、オチはない。

個人的に嫌いではないが読む人を選ぶとは思う。

「羊の木」はやはり山上あってこその絶妙な緩急のバランスなのだろうな。

|

« ザ・ピーナッツ・伊藤エミさん死去 | トップページ | サラリーマンNEO、面白かったですね »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

山上たつひこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・ピーナッツ・伊藤エミさん死去 | トップページ | サラリーマンNEO、面白かったですね »