« 国芳:踊る猫 | トップページ | GRDⅣ:ゼニガタアザラシのキャンディ♂ @上野動物公園 »

2012年5月30日 (水)

国芳:人よりも人間臭い化けもの

国芳の数ある妖怪(化けもの)画の中で一番好き、あ、ただし猫関連除くで。

「道外化けもの夕涼み」Img_new

人生で一度や二度もしくは何度も出会ったことのありそうな「顔」ばかりである。

昔は夏ともなればこんな風体の大人をたくさん見かけたものだ。流石に浴衣よりもランニング姿が多かったけど、大人達の顔は概してこんな感じだったな。子供時代は周囲の大人が「化けもの」に見えたもんだよ。体はデカイし顔は「個性的」だし、自分たち子供とは全然違う生き物のようだった。

まあこれに限らず、国芳が市井の人々をリアルに描くと皆「化けもの」顔になっちゃうのだけどね。

|

« 国芳:踊る猫 | トップページ | GRDⅣ:ゼニガタアザラシのキャンディ♂ @上野動物公園 »

国芳」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国芳:踊る猫 | トップページ | GRDⅣ:ゼニガタアザラシのキャンディ♂ @上野動物公園 »