« 曽我蕭白は期待を裏切らない | トップページ | 寒いね »

2012年4月13日 (金)

インタラクティブ・ゲーム:OSADA、Machinarium

ジワジワとくる良質コンテンツ、インタラクティブ・ミュージックビデオ(ゲーム?)「OSADAOsada01

ここでプレイ出来ます。(無料でダウンロードも可能)http://bit.ly/HPzNfm

モンティ・パイソンのテリー・ギリアム・アニメが好きという方は絶対ハマるであろうぶっ飛んだシュールさがたまりません。

制作会社はチェコのAmanita Designというところ。ここは他にも素晴らしいゲームをいくつもリリースしています。詳しくは 「GAME LIFE」特集記事でhttp://bit.ly/HGwpWE

特にお薦めは「Machinarium12040506610x388

この制作チームを知ったのもこの作品からでした。

観察力と推理力、そしてひらめきが必要な少し手強いゲームですが、その魅力的な世界観と愛すべきキャラクターたちのせいで苦になりません。むしろ先に進みたくて脳みそ絞りまくりであります。

こちらから日本語版が購入できます(980円)。無料体験版もあり。http://bit.ly/HGWZg0 

おまけ)Perfume関連を検索していてこのイラストに遭遇した時は笑ってしまいました。26521306_2

|

« 曽我蕭白は期待を裏切らない | トップページ | 寒いね »

Perfume」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

かーなり前にコメントつけたことある者です。それ以来、RSSリーダーに登録して、ずっと読んではいたのですが…。

Machinariumが出てきたとあっては黙っていられません(笑)。
Amanita DesignはSamorostに出会ってから、ずっとチェックしております。紹介のリンク先でAmanita Designに関するコラムがありますが、この半分くらいの人たちで作っているのだと思ってました。意外と多かった。

ゲーム中、路上バンドの出てくるシーンはかなり好きなのですが、よもやPerfumeでいじる人がいようとは。見た瞬間に私も笑ってしまいました!

ついでと言ってはなんですが、何かの機会があったら振ろうと思ってずっとストックしてたネタ。このページご存知でしょうか?
http://www.jiji.com/jc/v2?id=super_guitarist&rel=y&g=phl
このくくりのテーマで、FZが取り上げられてるのって、珍しくないでしょうか?
初めて見たのは2年前(!)にもなりますが、開いた時は「おお!」でした。
長々と失礼いたしました。

投稿: kazoo | 2012年4月15日 (日) 11時00分

kazoo様
コメントありがとうございます。
アニメや映画でもそうですが、東欧系クリエイターの映像センスにはクセになる味がありますよね。

しかし、五目並べは世界共通のゲームなのでしょうかねぇ?

ご紹介の記事も見ました。

ロックの場合、「超絶技巧」という括りには違和感がありますが、まぁ、どんな基準で選んだのか、なんか不思議なメンツですね。少なくとも個人的にはノエルは「無い」です。

そういえば今月号の「レコード・コレクターズ」の特集がベスト・ギタリストでしたよ。

投稿: kussy | 2012年4月16日 (月) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽我蕭白は期待を裏切らない | トップページ | 寒いね »