« GRDⅣ:猫柳 | トップページ | GRDⅣ:松山の春 2. 桜/ 城 /道後/ ちょっとPerfume »

2012年4月 9日 (月)

GRDⅣ:松山の春 1

約30年ぶりの松山であった。忘れ掛けた過去の旅の記憶が現地の「景色」で細部まで甦ったのにはちょっと感動。人間の記憶力って凄いのだな、と。

そうか、「景色の記憶」は自分の現在位置を確認する為だけではなく、その場に伴う情報(有益か危険か)を記憶の底から呼び起こす為のキーにもなるということか。つまり生きるために絶対必要なことであるし、動物的な本能として記憶に刷り込まれていくのかもしれんな。

松山城、文字通り「山」。頂上に見えるのが本丸、遠いいし高いのである。ほとんど登山である。Rimg4425a

黒門口登城道より大手門跡まで徒歩20~30分。これが江戸時代の正規ルートなのだ。

黒門口。石垣が過去の威容を髣髴させる。Rimg4433

ここを過ぎるとずっと石段が続くのだが、結構キツいのよ、これが。昔の人はタフだったのだろうな。

やっと大手門跡が見えてきた。実は、ここから天守までまだ登りがあるのだが。Rimg4437

松山市。商店街(大街道)に活気があって市民活動が盛んそうな街という印象。Rimg4442

春の週末ということで松山市のイベント「松山まつり」が各所で催されていたのだが、これだけ大きな都市なのにどこの会場でも顔見知りとの挨拶が盛んに行われていた。そう、町内のお祭り感覚なのだよね。さすが歴史ある城下町、共同体意識が強いのであろう。

松山まつり」メインイベント大名武者行列でアッキーナ発見。Rimg4500

松山城の桜が見事だったのだが、その辺りは次回に。

|

« GRDⅣ:猫柳 | トップページ | GRDⅣ:松山の春 2. 桜/ 城 /道後/ ちょっとPerfume »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GRDⅣ:猫柳 | トップページ | GRDⅣ:松山の春 2. 桜/ 城 /道後/ ちょっとPerfume »