« まる(ネコ):ゴミ箱とねこ2。-Trash box and Maru 2.- | トップページ | 不定期・カジート(猫族)でゆく「スカイリム」:首チョンパ »

2012年3月 2日 (金)

不定期・カジート(猫族)でゆく「スカイリム」:狂ってやがる、主にシセロ。

上は神様から下は物乞いまで、まぁ、この世界には狂人が多いこと、多いこと。

いい具合にネジが外れているぐらいなら愛嬌で済ませられるのだが、あまりに常軌を逸してぶっ飛びすぎていて近くにいるとこちらまで狂気に侵されそうになる強力な登場人物が二人いる。

一人は、この世界での悪魔的な立場といえる神族デイドラの王子シェオゴラス様。この方の言動には、見え隠れする知性と教養がとびっきりの狂気で撹拌されて脳内カオス状態のため、先が読めない故の「お楽しみ」と「恐ろしさ」が同居しているのだ(ちなみに前作OblivionのDLC「Shivering Isles」はこのシェオゴラス様が統治する王国が舞台)。

つまり、とても魅力的なキャラクターなのである。

そして、もう一人が・・・

本物の狂人にして凶人、シセロなのである。

20120103233819 「闇の一党」エピソードの中では同情すべき部分もあるし狂気に蝕まれたのは環境のせいかなと哀れに思ったこともあり「殺さず」にしたのだが、後に再会した瞬間、イラッときた、「殺っておけば」と後悔した。

その後、供として連れ歩いているのだが、これがもうね、うるさい、本当にうるさい。「この糞虫!」等、緊張場面で笑かしてくれるのはまぁ良いのだが、長時間背後にべったりついて耳元で意味不明の狂気を呟かれていると、こっちの精神状態がおかしくなりそうだ。

そして、「殺し」が実に楽しそうなのである。容赦無いのである。ロードする度に、最初の台詞が「誰か殺そうよ」なのである。

あれやこれやで道中何度も殺意を覚える瞬間があるのだが、特に後ろから押してくるのだけは勘弁して欲しい。隠密状態で弓で狙いを定め発射という瞬間、後ろからズルッと押され的外し、ならばもう一射と構えている内にシセロ一人で敵陣に「この糞虫!」「死人のような顔をしてるね!」等と叫びながら突っ込んでいちゃってるし(射った矢がシセロに当たることも多し)、ならばこちらも剣でと用意している間に敵は全員死亡。あれ難易度Hardのはずなのに・・・

そう強いのだよ、シセロは。特に「即死」の確率10%の某カミソリ(ダガー?)を装備させているせいもあるのだが、大抵一撃で相手がお陀仏なのだ。どう見ても確率10%とは思えない。鍛冶で「伝説」まで鍛えちゃってるせいもあるのかな。

それで、この後ろからの押しでエライ目にあったのが、高い高い所から無事に飛び降りるという某イベント。まずはセーブする前に障害物を確かめようと、身を乗り出して下を覗いた瞬間、シセロめ、押しやがった

ええ、もちろん即死である。

おまけにそれまで長い間セーブしていなかったのでその場にたどり着くまでの強敵フォースウォーンとの激戦もやり直しである。

その後、再びその飛び込み場所に戻った時、シセロに先に翔んでもらったのは言うまでもない(シャウトでね)。

|

« まる(ネコ):ゴミ箱とねこ2。-Trash box and Maru 2.- | トップページ | 不定期・カジート(猫族)でゆく「スカイリム」:首チョンパ »

ゲーム」カテゴリの記事

スカイリムSkyrim」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まる(ネコ):ゴミ箱とねこ2。-Trash box and Maru 2.- | トップページ | 不定期・カジート(猫族)でゆく「スカイリム」:首チョンパ »