« 脳筋ノルドでゆくスカイリム:両手で重装、始めました | トップページ | 第6回 なかのぶジャズフェスティバル@荏原文化センター 2012.3.18 »

2012年3月16日 (金)

三井記念美術館 「 北 斎 展 」

現在、京都府京都文化博物館で開催中(~3/25)の 「 北 斎 展 」 が東京でも開催される。

三井記念美術館ホノルル美術館所蔵北 斎 展葛飾北斎生誕250周年記念

414日~6月17日(前期4/14~5/13 後期5/15~6/17)

詳細 http://bit.ly/FOdZCu

私自身、浮世絵は大好きだし、江戸初期の黎明期から文化文政の最盛期、幕末の熟爛期、そして明治の終末期、と全ての時代に好きな絵師が多数いる(とは言え、やはり春信、清長、歌麿、写楽等、優れた絵師が次々に登場した文化文政期は特別だが)。

が、その中でも北斎は別格である。

頑固、変わり者、孤高、等々幾つかの伝説めいたエピソードと共に伝えられるその生き方や「描くこと」への貪欲さに単なる「絵師」ではなく「表現者」としての凄みを感じるのだ。

今回の公開は、ホノルル美術館所蔵の作品群で日本では初公開となる。どの程度の保存状態なのか気になるところだが、元々海外の保存技術は高いし、期待しても良いだろう(修復も行われたようだ)。

楽しみ。

|

« 脳筋ノルドでゆくスカイリム:両手で重装、始めました | トップページ | 第6回 なかのぶジャズフェスティバル@荏原文化センター 2012.3.18 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳筋ノルドでゆくスカイリム:両手で重装、始めました | トップページ | 第6回 なかのぶジャズフェスティバル@荏原文化センター 2012.3.18 »