« 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Shelf Life' | トップページ | 三井記念美術館 「 北 斎 展 」 »

2012年3月15日 (木)

脳筋ノルドでゆくスカイリム:両手で重装、始めました

ということで始めたのはいいのだが、

過去キャラは全て片手剣で盾装備(時々魔法)というスタイルだったので、両手剣(グレイトソード)独特の攻撃ムーブ「振りかぶり(どっこいしょ)→打撃(くらえっ!)」のタイミングがなかなか取れなくて序盤は大苦戦。特にここは決め所というところで大空振り多発、それはもう往年のタブチくん状態である。しかも防御も両手剣で兼用するわけで、これがまたキツい。使用方法としては盾装備の時と同様に敵の攻撃時にタイミングよく剣(防御)を当てて相手のバランスを崩しそのスキをすかさず攻撃するのであるが、その「すかさず」の部分に「どっこいしょ」が入るため、これまた盛大な「空振り大会」連発なのだ(もしくはしっかり防御されてしまう)。

でも、その生死ギリギリの戦闘の緊張感が実はこのゲームの醍醐味なんだよね。

両手剣で再開したことでその面白さがまた味わえるとは思わなかった。

それにこの両手剣、使い熟せるようになると、まさに叩き潰すという感じの豪快感や一撃必殺の爽快感が堪らなくなってくるのである。相手がザコとわかったら防御もせずのっしのっしと近づいて脳天唐竹割りとかね(でも油断していると手酷い反撃を食らう)。

ま、そんな感じです。

あ、ちなみに、お伴はジェイ・ザルゴです。




|

« 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Shelf Life' | トップページ | 三井記念美術館 「 北 斎 展 」 »

ゲーム」カテゴリの記事

スカイリムSkyrim」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「サイモンズ・キャット」新作:Simon's Cat in 'Shelf Life' | トップページ | 三井記念美術館 「 北 斎 展 」 »