« 「法然と親鸞ゆかりの名宝展」@東京国立博物館 | トップページ | Perfume ミュージックステーション出演後インタヴュー動画 »

2011年12月 5日 (月)

2011年「ライヴ感想」まとめ&落穂ひろい 3

今年2011年に足を運んだライヴをまとめるにあたり、ブログに感想を載せなかった(よーするにサボった)モノも思い出せる限り記していきたい。

1回目http://bit.ly/vKh0Ul
2回目http://bit.ly/uGBcQX

812日(金)「Bootsy Collins & the Funk U Band~おとなのファンク・ナイト~」@川崎 CLUB CITTA'

ライヴから帰宅後のツイート:
「川崎 CLUB CITTA'ブーツィ・コリンズ祭りから帰還。歌い、叫び、踊り、そして疲れた。だって前から3列目なんだもの、体力をセーブして、なんて器用なことはできません。全身全霊で堪能しましたとも。バーニー・ウォーレルと握手した掌を自分の心臓の上に重ねてみたら涙が出そうになった。」

ブーツィ自らの「場内ハグ練り歩き」でお客さん大喜び。もちろん私もギュッと♡ハグして貰ったのである。

毎度のことだけど、ライヴ進行においては正直冗長なところもある。が、それも含めてファンクでありブーツィのショーなのだ。という訳で全く不満も問題も無し。

813日(土)SUMMER SONIC 2011 1日目@QVCマリンフィールド幕張メッセ

当初は2日目だけのつもりだったのだが、The Strokesの新作が予想以上に良かったのでぜひ生で観たかった事と、あとPerfumeがロックフェスでどういう「受け方」をするのかこの目で確認したかったので急遽行くことに決めたのだ。

先に書いておくけど、フェス全体の感想は「暑い」に尽きる。炎天下での会場から会場への移動中、自分が向かっている場所はひょっとしたら「彼岸」ではないのかと何度も思ったぞ.

MOUNTAIN STAGE

The Pretty Reckless:全く予備知識のなかったバンドであったが、これが結構楽しめた。簡単にいえばHM/HRベースのガールズポップなのであるが、メインを務めるTaylor Momsen嬢に「」があり(歌も上手い)、ステージから目を逸らさせない魅力を放っていた。この色気でまだ10代というのには驚き!どうやら本業は女優さんみたいだね。

BoA:もともと好きでも嫌いでもない、と言うより興味のない人ではあったが、それにしても・・・これじゃあ今のK-POPブームの中で蚊帳の外なのはしょうがないかな。

Perfume:気がつけばキャパ2万と言われているMOUNTAIN STAGEが満員状態、それでも入場者はどんどん増え続けている(最終的に入場規制が行われた)。ステージ正面は開演前から危険地帯になっていた。

始まった。

すげぇ。

終わった。

死んだ。

以上。

だけではあんまりなので、少し補足すると、一曲目『Fake It』の会場全体を巻き込む吸引力というか即効性というか、これがヤバイ。「フェス暴れん坊」たちが瞬時に反応し前方突入、阿鼻叫喚の無法地帯の出現である。何人か救急室に運ばれていたようだ。

フェスということで初めてPerfumeライヴを体験した人が殆どであったと思うが、終演後耳に入る感想はどれも好意的、アイドルなのにとってもフェス向き、という良い意味での意外性に吃驚したというものが多かったようだ。

彼女たち?そりゃもう、最高のパフォーマンスだったよ、決まってるじゃないか。

さて、この後BEACH STAGE に向かったわけだが・・・次回に続く。

|

« 「法然と親鸞ゆかりの名宝展」@東京国立博物館 | トップページ | Perfume ミュージックステーション出演後インタヴュー動画 »

Perfume」カテゴリの記事

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「法然と親鸞ゆかりの名宝展」@東京国立博物館 | トップページ | Perfume ミュージックステーション出演後インタヴュー動画 »