« 2011年の個人ベスト、あれこれ | トップページ | 2012年、明けました。 »

2011年12月31日 (土)

2011年、終わります。

生きている内に人類の歴史の変換点に立ち会う事は確かに増えた。近年でいえば9.11、そして急激な民主化の波、それらをリアルタイムで知る事が出来るようになったのは情報社会の賜であろう。だが、今まではそれらは対岸の火事であり、(経済的に)直接的な被害を被らない限りは第三者的立場で批評なり意思表明すれば事足りていた。

それがいきなり当事者である。

よほどの馬鹿か無自覚者でない限り、己の価値観の変換点として真摯に向き合う必要のある歴史的な体験をしたのである。

そう、己がどう思うかしっかりと意思表明すべき時なのだ。

一方的でない議論の時代が必要なのだ。

一部の思考停止、不寛容、もしくは差別的な言語を弄して自らの正当性を説く輩達による文化・思想の多様性さえ認めようとしない流れには常に抗い続けるべきだと思う。

それがロックのはずじゃないのか。

ということで、皆様、良いお年を。

|

« 2011年の個人ベスト、あれこれ | トップページ | 2012年、明けました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年の個人ベスト、あれこれ | トップページ | 2012年、明けました。 »