« 役所広司の本気 「ダイワハウスCM DAIWA MANシリーズ詰め合わせ」 | トップページ | 2011年「ライヴ感想」まとめ&落穂ひろい 1 »

2011年11月18日 (金)

いつの間にか「未来」になっていた:「未来キター!防衛省開発の球形飛行体」

これは紹介せざるを得ない。


防衛省」が開発している訳だから、実際は現時点で実用に向けて更に開発が進んでいるはずだ。そこには想定される用途から考えて国家機密的な部分も多々含まれていると思う。ただ汎用性も非常に高い技術なので、こうして差し障りのない基本的な部分だけを公開したのだろう。最近の二足歩行や作業ロボットの急激な進化ぶりや、このような情報収集用飛行体の登場を見ると、やはり遅々として進まない原発事故復旧作業の現実が開発に刺激を与えたのではないかと思う。

何時の時代もテクノロジーのブレイクスルーを生み出すのは「戦争」と「災害(人災)」なのだよね。

|

« 役所広司の本気 「ダイワハウスCM DAIWA MANシリーズ詰め合わせ」 | トップページ | 2011年「ライヴ感想」まとめ&落穂ひろい 1 »

ネット動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 役所広司の本気 「ダイワハウスCM DAIWA MANシリーズ詰め合わせ」 | トップページ | 2011年「ライヴ感想」まとめ&落穂ひろい 1 »