« 朝のお勤め「朝ジミ」 第十一週 | トップページ | 17万アクセス、ありがとうございます。 »

2011年10月17日 (月)

上野動物公園:ツキノワグマのウタは驚異のゼロ歳児

動物はなんといっても子供が可愛い。

たいていは人間よりも成長速度が早いので親の保護が必要な「赤ちゃん」期間が短く、ほんの数カ月で活発に動き出す。特に肉食や雑食など狩猟系の動物は子供の頃から好奇心が強く、学習も兼ねた「遊び」が大好きで見ていて飽きない。

さて、ツキノワグマのタロコの子ウタである。

この食事行動を1週間前に目撃して興味を持ち、なんとか映像に収めたいと思いこの日曜に行って撮ってきたのだ。

今年の2月生まれなのにもうこの行動力である。もっとも、この成功に至るまで何度も落下して痛い目に合っているらしいが、その持続性と身体能力そして学習能力には驚く。

じゃれる相手が母親のタロコなのだが、その巨体相手の戦い方も面白いのである。高いところから跳びかかったり、足元を中心に狙ったり、相手の死角に廻り込んだり、ほとんど格闘のプロである。

瞬発力もあって持続力も高い、そして頭もいい、こりゃクマに本気で襲われたら逃げようがありませんな。

ちなみに母グマのタロコのちょっと変わった性格の持ち主で、まさにこの母にしてこの娘ありという気もする。

|

« 朝のお勤め「朝ジミ」 第十一週 | トップページ | 17万アクセス、ありがとうございます。 »

ネット動画」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のお勤め「朝ジミ」 第十一週 | トップページ | 17万アクセス、ありがとうございます。 »