« まる(ネコ):持っていくことにしたねこ。-Maru moves with the box.- | トップページ | Perfume より、4大重大発表!! »

2011年9月 6日 (火)

サラリーマンNEO シーズン6-16

過去の人気シリーズの一度だけの復活である。懐かしい、というよりも、そこはかとない古臭さを感じたのは時の流れの速さ故か、それとも昨今のNEOクオリティー上昇に伴う評価基準の変化故か。

  ・スケバン欧愛留 -#7-
  ・会社の王国 -平成不況下の面接-
  ・テレビサラリーマン体操 -第34回「フットワークの軽いサラリーマンになる体操-
  ・大いなる新人 -ナンパ編-
  ・NYAO -明日も気合い入れて働くって事で、世露四苦!-
  ・早井くん -@彼女-

スケバン欧愛留:このシリーズではまだ控えめな「お色気」表現であったが、今はもう完全なエロ路線だもんな。しかしNEOスタッフの「S」嗜好にはいつも「本気」を感じる。

会社の王国:マギーあってこその「会社の王国」だったんだなと改めて思う。このシリーズは過去傑作も多い。解説席と会社関係の演技が同じスタジオのフロアで同時進行で収録されるという舞台的な状況の中での、コール・アンド・レスポンスというか阿吽の呼吸というか、舞台俳優たちならではの絶妙な演技のアンサンブルが面白かったのだ。

有働さんのアナウンサーとしての当意即妙のやり取りは大したもんだけど、それと演技の呼吸というのは別物だからね。

テレビサラリーマン体操:前にも書いたが、ゲストの女性次第。

大いなる新人:私が初めて観たNEOのスケッチがこのシリーズである。いや他のを観ていたかもしれないが、これのインパクトが強烈すぎた。今回はショートコント風になっていたが、シリーズ中はこの不条理な状況が更にじっくりと丁寧に描かれていた。特にジキルとハイドのように新入社員と重役風佇まいを自在に行き来する平泉成の存在感が抜群であった。この後、どのドラマで彼を見ても「NEO」の印象が拭いきれなくなってしまった。

NYAO:NEOの女優陣は組み合わせ自由自在、ハズレなし!

早井くん:今シーズンでの活躍ぶりが目立った三人、中村靖日、野間口徹、池田鉄洋による安心のショートスケッチ。面白いなぁ。

NEOの面白さは若手もベテランも「達者」な役者を惜しげもなく投入するところだと思う。

裏も表も地のキャラで対応する芸人と違って、全てを演じる役者、どちらが良い悪いということではなく、要は使い方、演出なのだろうけど。

|

« まる(ネコ):持っていくことにしたねこ。-Maru moves with the box.- | トップページ | Perfume より、4大重大発表!! »

サラリーマンNEO」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まる(ネコ):持っていくことにしたねこ。-Maru moves with the box.- | トップページ | Perfume より、4大重大発表!! »