« こくせん -黒板戦争- Ⅱ Blackboard War Ⅱ | トップページ | ロック歌手のジョー山中さん死去  »

2011年8月 6日 (土)

静岡紀行のようなもの、初日。

7月31日(日)
昼の12時過ぎに静岡到着。

Rimg3440 今回の来訪目的は静岡市美術館で開催中の国芳展で、前期・後期の陳列入替日(8/1休館日)を挟んで3日間の滞在予定、つまり前期と後期を纏めて観てしまおうという訳だ。

だが、展覧会以外の観光については全くのノープランだったので、情報収集のために駅の観光案内所に向かった。最近は案内所のパンフレットもしっかりした物が多くてヘタなガイドブックよりもずっと役に立つのだ。入手した小冊子にさっそく目を通すと、市内から近いとろで、駿府城跡や日本平、登呂遺跡と誰でも知ってる有名な場所がけっこうあるではないか。

ざっくりと検討後、今日は国芳展鑑賞後は近場の駿府城跡だけを観光、明日(8/1)以降のことは夜ホテルで飲みながら考える、ということに決定。そして先日(8/2)のブログに記した蕎麦屋で昼食の後、一旦駅前のホテルへ向かい荷物を預けて身軽になる。

先ずは美術館へ。前期陳列分だけで400点以上、充実した濃い内容であった。これらを全てじっくり観ると2時間近く。ほぼ立ちっぱなしでの鑑賞はさすがに体力・気力を消耗する。

(国芳関連は後日別記事で書く予定)

夕方、美術館を出て(疲れた身体で)駿府城跡へ歩いて向かう。どこぞの台風の影響で湿気が多く蒸し暑い。あまり徒歩での観光向きとは言えない天気である。挫けそうだ

おまけに一月ほど前に痛めた左足の痛みがじわじわと甦ってきた。ううっ、片足の痛みを庇いながら歩くと一歩ごとに体力を(自分比)5割増で消費してるような気がする・・・さらに挫けそうになってきた

汗ビッショリになりつつも何とか駿府城跡に到着。

特別何も無いただの公園のようだ

完全に挫けた。ホテルに早く戻りたかった。シャワーを浴びてクラーの効いた部屋のベッドの上に倒れこみたかった。

Rimg3447 ところが、ホテル方面へ向かうバス乗り場を探すため案内板を見たら、公園の奥に「東御門巽櫓」という復元施設があるらしいことが分かった。どうやら徳川家関係の展示物もあるようだ。それならば、やはり観ていかなとね、ともうひと踏ん張りして行ってみることにしたのであった。

・・・・・特筆するようなものは、無かった。

平成元年から8年にかけて復元されたということだが、あの頃(バブル期)特有の見かけは良いけど中身は薄いという典型的物件であった。

代理店の得意げなプレゼンが目に浮かぶようだ。

家康公所縁の駿府の地、せめて天守閣の一部でも遺構が残っていればなぁ、と思う。

ああ、これはもちろん観光客からの視点であって、市民公園として十分機能していると思います。あしからず。

休憩したら体力回復、結局帰りも歩きでホテルへ帰還した。

初日終了。

2日目へ続く予定です。

|

« こくせん -黒板戦争- Ⅱ Blackboard War Ⅱ | トップページ | ロック歌手のジョー山中さん死去  »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こくせん -黒板戦争- Ⅱ Blackboard War Ⅱ | トップページ | ロック歌手のジョー山中さん死去  »