« 歌川国芳展 〈後期:遊び心と西洋の風〉  @原宿太田記念美術館 | トップページ | かご猫:プラム Plum »

2011年7月30日 (土)

朝のお勤め「朝ジミ」 第二週

毎朝必ずジミ・ヘンドリックス関連の曲を聴いて1ツイートしなければならない、という厳しくも楽しい朝のお勤め「朝ジミ」を己に課した。だが朝の限られた時間で一曲聴き140字以内でツイートするという朝課はなかなかの鍛錬(何のだ?)にはなるのだが、Twitterの宿命とはいえ書き込んだ傍からあっという間に過去に流れ去ってしまうのはちと寂しい。

そこで、一週間分ごとに若干の加筆修正を施しブログにアップすることにしたのである。

Button_new10a第一週http://bit.ly/pdEwBZ
第二週:平成23年7月17日~23日

717日(日)
今朝のジミ『Are You Experienced?』、1stから。1966年にビートルズがアルバム「Revolver」収録『Tomorrow Never Knows』で提示した新しい音楽の世界観を一年足らずで自家薬篭中の物としてしまったジミ・ヘンドリックス。2曲続けて聴くとあの時代の空気が伝わってきます。

718日(月)
今朝のジミ『Little miss lover』、2ndから。たぶん世界で初めてのファンク・ロックだと思います。イントロのズンドコドラムがいかにもミッチらしくて最高です。「ワウペダル=ファンキー」というイメージもこの曲が嚆矢でしょうか。

719日(火)
今朝のジミ『Fire [Anthology Version]』バンド・オブ・ジプシーズの1969年フィルモアイースト・ライヴ12/31の2ndステージから。ジャズ指向のミッチのドラムはリズムを大きな塊でとらえて中身は自由というアプローチ(ポリリズム)だけど、バディはリズム・ブロックを正確に積んでいく感じ。どちらも好きですが、後者の大地の如き安定感はジミに更なる飛翔の自由を与えているようですね。

720日(水)
今朝のジミ『The Wind Cries Mary』、1stから。間奏のソロの構成力が素晴らしい曲です。B.ディランの影響を完全に自分のものにして、しかも飛び切りポップでメロディアス。モンタレーのライヴ・ヴァージョンも良いですよねぇ。

721日(木)
今朝のジミヘン、『I Don't Live Today』ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ・ヴァージョンです。この頃のEXPは人間関係はともかくライヴ・バンドとしては絶頂期だったと思います。彼ら以外には演奏不可能な楽曲。しかし、どうしたらこんな曲、こんな展開を思いつくのでしょう?

722日(金)
今朝のジミヘン『Are You Experienced [Anthology Version]』、ボックスセット「アンソロジー」には「これだけでも買い」の音源が幾つもありますが、このEXP三人だけによる、歌なし、逆回しなし、ダビングなし、のヴァージョンもそのひとつ。時代を感じさせない発想と演奏のキレの良さ。

723日(土)
今朝のジミヘン『Come On (Let The Good Times Roll)』、3rdから。シンプルでストレート、EXP3人だけでの演奏です。実は結構、アール・キングの原曲に忠実な演奏なんです。

|

« 歌川国芳展 〈後期:遊び心と西洋の風〉  @原宿太田記念美術館 | トップページ | かご猫:プラム Plum »

ジミ・ヘンドリックス」カテゴリの記事

ネット動画」カテゴリの記事

朝ジミ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌川国芳展 〈後期:遊び心と西洋の風〉  @原宿太田記念美術館 | トップページ | かご猫:プラム Plum »