« もしもジョン・ボーナムが生きていたら。Happy 63th birth day John Bonham  | トップページ | 世界錯視コンテスト2010優勝作品 »

2011年6月 1日 (水)

サラリーマンNEO シーズン6-4

 ・サラリーマン百景 -二次会-
  ・はっきりしたお返事を
  ・ほしがり課長 -④-
  ・NEOビジネススクール
  ・悩み事 tell me your worries
  ・NYAO -SEASON6を見て下さいね♪-
  ・ギャル社長

男優はやくざと兵隊役は(うまいへたなく)誰でも似合うというが、女優にとってはギャル役がそうかもしれない。皆、水を得た魚のように演じているし。きっと、「かぶりもの」というか「制服」というか、「記号」的な訴求力の強いメイクや衣装に変身願望をダイレクトに満足させるコスプレ感覚があり、演ずるというよりもなり切る楽しさ(快感)が強いのだろう(そういえば、NEO定番のOL役もそうだな)。同じコスプレでも「セーラー服」関係はNEO女優人にはちょっと・・・女学生というより別物に化けそうだし。その点、ギャル系にはヤンママや、今回の『ギャル社長』のように企業家ギャルという手があるから中堅女優も使って安心。

現シリーズのNEOは、俳優が各スケッチごとに適材適所、より効果的に配役されていて面白さが増したように思う。メインの俳優の出落ち的なインパクトだけではなく、演技のアンサンブルからじわじわと滲み出る不条理や狂気が印象に残るものが多くなった。『欲しがり課長』でも部下たちそれぞれの反応が上司(とその妻)の狂気すら感じさせる理不尽さ(筒井康隆っぽくもあった)を際立させていた。

関係者のTwitterなどを見る限り人間関係も良好のようだしチームNEOとしても絶好調なのかもしれない。最初は全く期待していなかった(むしろ否定的だった)映画版「サラリーマンNEO」もひょっとしたら・・・期待しちゃっていいのかな。

サラリーマンNEO公式HP http://www.nhk.or.jp/neo/index.html

あの傑作『厚姫』の動画も観れるよ。

そして、映画版「サラリーマンNEO」公式Twitter http://twitter.com/neothemovie

|

« もしもジョン・ボーナムが生きていたら。Happy 63th birth day John Bonham  | トップページ | 世界錯視コンテスト2010優勝作品 »

サラリーマンNEO」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/51832463

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンNEO シーズン6-4:

« もしもジョン・ボーナムが生きていたら。Happy 63th birth day John Bonham  | トップページ | 世界錯視コンテスト2010優勝作品 »