« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

( ゚∀゚)o彡°お〇ぱい!おっ〇い!      サラリーマンNEO シーズン6-8

  ・がんばれ川上くん -第五十四回「ハッピーバースデー」-
  ・Neo Express -話題の営業テクニックCD -購入者が提訴-
  ・テレビサラリーマン体操 -第31回「営業ノウハウを身に付ける体操」-
  ・サラリーマン黙示録 シンジ -#2-
  ・ぐいぐい
  ・NYAO -今夜はアナタに、乾杯!-
  ・責任を取らせて頂きます

今回は「責任を取らせて頂きます」の原史奈(人妻)につきる!いわゆるお〇ぱいである。私なら辞表ではなく感謝状を送りたいほどである。山村役の中村靖日は後日Twitterでこう呟いていた。

『サラリーマンNEO』の『責任を取らせて頂きます』。撮影現場でリハ後に「原さん、衣裳変えお願いします」…で、更にもっと際どい胸元の衣裳に変更になったけど、お仕事だもの、ガン見させて頂きまして"ええねん”ww  

これぞまさに「役」得。

他のスケッチは・・・かろうじて及第点というところか。まぁこんな週もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

あの名曲が・・・細野晴臣 「風をあつめて」 スペシャルバージョン

夏だからねぇ。

細野さん、面白すぎます。

いくら自分の曲とはいえ自由すぎます。

「禁じられた遊び」に悶絶。ラストの一音大逆転に降参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

Tokyo Monorail -早朝の東京モノレール- 01

HDで再生してフルスクリーンで観ると、かなりキます。お好みのBGMに差し替えてもOK。

このうp主は同趣向の「夕方のモノレール」という動画もうpしていたのだが、残念ながら使用曲の問題からかYoutube版は削除されてしまった。これがまた雰囲気溢れる良作だったので、ニコニコ版であげておく。(問題の)くるりの曲がまた良いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kate Bush:Deeper Understanding - Official Video

ケイト・ブッシュの新作アルバム『Director’s Cut』の内容を知った時、‘Remake/Remodel’という言葉を思い出した。他者に提供した曲を自らカヴァーするというアーティストは結構いるが、過去にオリジナル・アルバム(『Sensual World』および『Red Shoes』)の収録曲として一度は完成をみた楽曲をこれほど大胆に解体・再構築し、それだけで新作としてアルバムを作ってしまったアーティストは前代未聞である。

この曲を聴いただけでも、なかなかの出来であろうことはわかる。

ケイト自身もかなり気合が入ったプロモーション活動をしているようだ。やはり残念ながらライヴ活動は無しだが、オフィシャル・サイトの充実ぶりが素晴らしい。過去のPV全てを気前良く大放出、Youtubeで観放題はかなり嬉しい。デザインがいかにもブリティッシュ・ロックという趣なのもよい。それにしても、思わせぶりなFish Peopleの存在が気にる。 http://www.katebush.com/home

新作そのものに対する感想は、対訳付(ケイト自身による曲解説を読みたい)の日本盤(7/20)を入手したあとまとめて書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

Twitterの話

1ヵ月ほどTwitterしてみた感想である。

情報収集という点では使い道があるが、コミュニケーション・ツールとしてはどうよ。

うっかり、己の音楽趣味でフォローを増やしてしまったのが失敗だった。

共通の趣味で集まるのはいいけれど、同じところをぐるぐるぐるぐる、懐古趣味、褒めあい、馴れ合い、排他主義までちらりほらり。

俺はね、刺激がほしいのよ、若い人でも古い人でも、常に上書きされる感性に触れたいんだよ。それが自分にとって生きる為の刺激なんだよ。

まぁ、これは、集団行動(仲良し倶楽部)が苦手な己の性格によるものもあるのかもしれんが。

あとね、得意げに政治的発言する奴らも鬱陶しい。遠く現場から離れたところから高々140字の自己主張。車内の吊広告の見出しみたいなもんで、刺激的な内容を書き連ねているだけ。しかも内容のほとんどは他者の受け売り。あっさり共感する奴も主体性が無いが、自分が期待されていると勘違いする発信者の馬鹿さ加減は目に余る。ちゃんと行動が伴っている数人を除けば道端の糞みたいなものである。

そんなわけで、「周りに合わせる自分」と本来の「俺様」(つまり食えない老人化)とのバランスが歳と共にとり辛くなってきた事実もあって、こりゃ、アカウントごと停止にしようかと思ったわけですよ。

でもね、いろいろ探ってみると、面白く、バカバカしく、もしくは為になり、共感を感じるツイートもたくさんあるんだよ。全く違う環境に住む普通の方のツイートがその日一番面白かったりすることがあったり。

どう考えても、それらをすべてあっさり失ってしまうのは惜しいのだ。

で、アカウントごと変えて1から出直そうと持ったのだけど、何人か気になるフォロワーもいるのでこのままいきます。

このブログまで辿り着くフォロワーの方はほとんどいないと思いますが、気に触ったらごめんなさい。所詮私はこんな者なのです。

あと、またブログメインでやっていきますので宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

まる:箱とねこ8。-A box and Maru 8.-

勢いよく、しかも頭から突っ込むところがいかにもまるさんらしい。期待を裏切りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

サラリーマンNEO シーズン6-7

大好きなNEO女優陣がいっぱいいっぱい出ていて、嬉しい嬉しい回であった。

 ・天然日和 -⑥-
  ・背水の男たち -#2-
  ・モンスターOL
  ・世界の社食から -リコー-
  ・がんばれ川上くん -第五十三回「3か月後」-
  ・NYAO -カラオケでストレス発散しよ~!-
  ・NEO48

天然日和: 理性や理屈は通用しない。男の上司の場合、これに「無視」が加わるからね。悲惨です・・・ 

背水の男たち: 「窮鼠茶を飲む」もしくは「火事場の馬鹿力」。今シーズンは「受け」の上手い池鉄が大活躍。生瀬といいコンビネーションだ。 

モンスターOL: 私は知っている。モンスターパート(オバサン系)はもっともっと恐ろしい(本当)。

がんばれ川上くん: 長期療養後の出社は複雑な気持ちになる。組織には自分が思うほど「居なくて困る」事など無い、という現実を思い知らされるからだ。まして、自分の不在をきっかけにしたような職場の心機一転ぶりを目の当たりにしたら・・・川上君の姿は笑い事ではないのだ。それにしても、よしあきはいい奴だなあ。

NEO48: これは楽しい、面白い、まさかの某国民的アイドル・グループネタ。演じている女優陣が皆楽しそうだ。特に途中から登場し場を掻っ攫った宮崎美子の本気ぶりが素晴らしかった。そして最後の中田有紀の表情!次回は波乱の展開がありそうだ。

ところで、みなさんは某国民的アイドル、いや、AKB48はお好きですか?それとも「なんだかなあ」派ですか?

私は・・・おや誰か来たようだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

Perfume、ラセターさんありがとう。

朝起きたらYoutubeでこの素晴らしい動画を発見。一発で目が覚めた。

ジブリの次はPerfumeですか、本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

6.18海外Perfumeファンの典型的反応

イタリア在住のPerfumeサポーターAlex氏の動画である。ファンの気持ちは万国共通だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

Perfume:「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3%」CM

326464684_3 だって、

好きなんだから仕方ない。

6月29日全国発売の「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3%」のCMにPerfumeが登場。

使用楽曲は「微かなカオリ」。女性ターゲット、ピンポイントですな。

CM動画はこちらから。http://www.kirin.co.jp/brands/hyoketsu/gallery/index.html

http://www.kirin.co.jp/brands/hyoketsu/yasashii/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

15万アクセス超え感謝とTwitterのこと

おかげさまで今回は2か月弱で1万件とアクセス数を伸ばすことが出来ました。相変わらず過去のブログネタ(自分でも忘れていたり)が安定したアクセスを集めてくれていて、地道な積み重ねが大事だなと思う次第であります。ありがとうございます。

ところで相乗効果があればと始めたTwitterですが、今のところはほとんど関係ないようです。

自分自身が誰かのツイートに興味を持ったとしても、プロフィールのブログURLをクリックしてまでその方の為人まで詳しく知ろうと思うことはほとんどありませんしね。

ただ単にリアルタイムのツイートの情報に価値を見出せるか出せないか瞬時に判断して選び取るだけなのです。あとは過去という巨大な焼却炉の中へ流れるまま、あれですな、一方通行の回転寿司みたいなもんです。お気に入りは個別に注文したり、誰かに勧めたり、中には有名ネタもあったり、食いすぎや食中毒も・・・

まあつまり、

ブログとTwitterはメディアとしては似て非なるものなのです。

だから当初は自分のツイートがどんどん過去に埋もれていくことに抵抗を覚えました。せっかく頭を使って時間をかけて書いたのに、あっという間に過去に埋もれてしまう。これに慣れるまで時間がかかりました。

しかし、慣れてくるとリアルタイムでの情報収集/発信ツールとしてこれほど優れたものはないのではと思ってきました。

たとえば、今回の「Perfume in Hollywood」ですが、最初の一報からその後の推移、日本とアメリカ、国を超えた同時進行の情報収集、等、重要な情報のほとんどはTwitter経由で得たものです。

おかげでこの(ファンにとっては)歴史的瞬間を十分楽しむことが出来ました。ネット社会の利便性を今更ながら実感しました。

もちろん、こちら側にもそれなりの効率的な処理能力が求められますし、油断していると毒入り掴まされたり、自分で毒入りにしちゃうこともあるので注意は必要です。

とはいえ、やはりブログが一番です。チラシの裏か学生ノートの日記帳か、どことなくアナログなイメージがしっくり馴染みます。四苦八苦しながらなるべく論理的に組み立てようと頭を使えば老化防止になるかもしれないしね(なってほしい)。

そんなわけで、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perfume in Hollywood:配信終了 見逃した方はどうぞ

見逃した方はこちらを

http://www.youtube.com/watch?v=rVLg4Jc1lzE

X17公式アーカイブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perfume in Hollywood:配信開始

現在AM 9:52,予定より早く始まっている。

http://www.ustream.tv/x17live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

Perfume in Hollywood:追記

リアルタイムで配信あり。

Perfume「カーズ2ワールドプレミア出席決定!!」
UstremにてLIVE放送。
放送開始予定 2011/06/19 11:00

http://www.ustream.tv/x17live

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perfume in Hollywood:           “Cars2” ワールドプレミア(6/18)出席

なんと、レッドカーペットを歩くようです。

Perfume公式サイトhttp://blog.amuse.co.jp/perfume_manager/p/から

只今Perfumeはなんと、アメリカのHollywoodに来ています!!!!!

そして明日、映画「カーズ2」のワールドプレミアにご招待して頂きまして、レッドカーペットを歩かせて頂きます★☆

こちらの模様は6/20(月)のワイドショー等で流れる予定になっておりますのでお楽しみに♪

アメリカでのメンバーの様子はPerfume Official Fanclub 「P.T.A.」会員専用サイトにてアップ予定ですので、こちらもお楽しみにー!!

いつかはこんな日(海外進出)が来ると信じていたけど、こんなに早く訪れるとは思いませんでした。先ずは目出度い。

何しろ突然の発表だったので、あちらのファン・サイトでも悲喜こもごもの反応が。http://perfume.ekuseru.net/bbs/viewtopic.php?f=3&t=5569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

「とめはねっ!」第8巻&朝倉あき:旅のチカラ「十九歳 書の心を知る」

一時期に比べるとすっかり漫画を読まなくなった。興味が無くなったわけではないのだが、魅かれる作品が少なくなった。話題作も一通り目を通してはいるのだけど、続けて読もうという気にさせるものはほんの一部だ。まぁ、その分、余計な散財をしないで済んでいるのだが。

それにしても、大御所といわれる漫画家を含む大人向け漫画がひどい。何だろうな。ストーリーはともかく「絵」に魅力を感じないんだ。特に人物。表情のパターンが数種類(まるで顔文字だ)、大げさな喜怒哀楽以外の感情はセリフを読まなくちゃ分からないという、いや、中にはまるでコピーしたかのように終始同じ顔というのまであるぞ。小学館ビッグコミック系のあれとかこれとか。顔だけじゃないぞ、身体の構造も解剖学的にどうよ?ってのも多いし、基本があってこそのデフォルメと単なる手抜きとは違うのだ。

いかん。話が変な方向に。

518g5hnen5l_sl500_aa300_ つまり、「とめはねっ!」はそんな中にあって単行本化が待ち遠しい作品のひとつだと言いたかったのだ(同じ掲載誌の「アイアムヒーロー」もね)。

誰かが「正しい少年漫画」と評価していた気がするが、少年ものにありがちな熱血はここにはない。「友情」すら熱く描かれることはない。「努力」はあるが、非常に合理的かつ効率的で、そこに「根性」はない。「勝利」は結果として描かれるだけだ。ストーリーに多少の緩急はあるが、押しなべて日常の中でゆるゆると展開していく。

でも、とても面白い。

メインの登場人物たちのキャラがそれぞれ絶妙に色分けされいて、そのゆるゆるの日常の中での彼等彼女等の言動や絡み方を追うだけで楽しいのだ。そうあれだ、永遠の学園生活。ビューティフル・ドリーマーなのだ(古いね、どうも)。

これは、素材が「書」だからこそ描けた世界なのである。

例えばスポーツの集団競技やバンド活動だったら集団としての明確な目的が生じてしまい、ぐっとシビアさが増してありきたりの物語になってしまう。かといって個人競技はあまりにも「個」に帰結してしまって仲間は脇役もしくは背景同然になってしまう。

文科部系は・・・それだけでは緩すぎて、ほかの要素(恋愛とか)を強調しなくてはならなくなるし。

そう、基本的に個々の取り組む姿勢に焦点を合わせつつも、突出した個人だけにスポットが当たるわけではないし、勝負はあっても勝ち負けに必要以上には(物語ではあの一人を除いて)拘らないという、こんな現場は「書」だからこそ描けたのである。

そう考えれば、主人公が秘めた実力がありながらも欲無く冴えない男子大江縁であることに納得がいくというものだ。

でね、昨年一月からNHKで放映されたドラマ版「とめはねっ!」も大変面白かったのだよ。その時の感想はリアルタイムでブログに記している。第一回はこちら(今読むと上に書いたことと変わらないな。)。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/01/nkh-5234.html

そのドラマで、もう一人の主人公望月結希を演じたのが朝倉あきという女優なんだけど、この作品に出たことで「書」との縁が深まったらしく、今回NHKBSプレミアムの特番・旅のチカラ「十九歳 書の心を知る」で「書」の本場中国を訪ねたのだ。

実はすでに一回放映されたのだが、大変良質のドキュメントであった。それで、明日再放送があるのでお知らせしておく。

旅のチカラ十九歳 書の心を知る 中国 西安 女優 朝倉あき

チャンネル:BSプレミアムhttps://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20110618-10-10837
放送日: 2011年6月18日(土)
放送時間:午前7:45~午前8:43(58分)

「関心空間」の同番組評http://www.kanshin.com/keyword/4754913

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

サラリーマンNEO シーズン6-6

  ・指定席
  ・がんばれ川上くん -第五十二回「スマイル」-
  ・理想の仕事場
 ・NEO日本紀行 -NEOのふるさとを訪ねて 岐阜 根尾-
  ・それぞれの思い
  ・NYAO -君のそういう所、キライじゃないぞ!-
  ・自己中心

NEOでは時折生々しく怖いスケッチが挿まれることがある。今回の「自己中心」がそうだ。部下の立場から見て「あるある」というのはもちろんだが、一度でも管理職を経験した者にとっても思い当たることが多すぎてちょっと素直に笑えない。これほど極端ではなくても、「保身」のためなら人間はとんでもない外道になることができるのだ。まったくもって慙愧に堪えない。せめて笑い飛ばしてくれたら良かったのだが、「オチ」ない終わり方がさらに生理的にいや~な余韻を残すという・・・う、う。

指定席」。私の場合は両者の立場とも経験したことがある。気まずいんだよねえ。どちらにしても、旅行の初日だったりすると気分台無し。

がんばれ川上くん」。パソコンは算盤じゃないから。御破算で払っても無理だから。

理想の仕事場」。順調にシリーズ化。リアルさと大仰さが紙一重の舞台役者が多いからこそできる企画だと思う。今回は池田鉄洋のリアクションが肝だった。

NEO日本紀行」。NHKにしかできない、いや、NHKでやるからこそ、効果絶大な自虐パロディである。年配の「素人」の方々がいい味出していた。

それぞれの思い」。入江雅人、ざまぁ。ところで、ダジャレは聞いてもらえるうちが華。そのうちに聞こえないふりをされるようになり、さらには話しかける相手さえいなくなってしまう(←今ここ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

キャンディーズ、こりゃ今でも十分需要があるだろう。

51hplmjiel_ss500_ レコードコレクターズ7月号はキャンディーズ特集。本屋に入ったとき、彼女たちの笑顔の表紙が他のどの雑誌の表紙よりも輝いて見えた。現役の人気スターといっても違和感がないほど魅力的なのだ。しかも、今の芸能人とは、いや当時の芸能人とも違う、お仕着せの笑顔の印象だけじゃないんだよね。何だろうな、これは解散宣言をした後に撮られたものなのだろうか、その後の状況を自らの手(意志)で掴んだという満足感と自信が表出しているようにも感じる。

この笑顔にコロッと参ってしまったあの頃の自分の気持ちが今でも痛いほどよく分かるぞ。

ちなみに私は、ちょいミキ派ではあるが、実はランちゃんとっても好きっス派、で、スーちゃんも捨てがたい派(なんじゃそりゃ)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

マスターチーフ、再臨! ‘ Halo 4 ’Trailer [HD]

またチーフに会える。

for us halo fans... this is like sex(Youtubeコメントより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

「主婦の生活 完全版 」 山上たつひこ

71mdwli3x3l タイトルとなっている「主婦の生活」(オリジナル版1990年出版)は山上たつひこの代表作というわけではないが、個人的には大好きな作品である。

何故好きかというと、ズバリ、山上たつひこ(しゃべる)動物キャラ・ベストスリーのひとり、直助(犬)の存在があるからである(ちなみにあとのふたりはタマ(猫)と栃の嵐(犬)、異論は認めない)。

その直助(犬)は第1話『昌代さんのおろし金』ではちょっと変ではあるが普通のペット犬として描かれている。ところが第2話『昌代さんの陽のあたる家』の後半で突然何の前触れもなく「直助でございます ワンワン」と語りだすのだ。しかもその内容は・・・ここから続く展開は山上漫画の中でも屈指の名シーンだと思う。さらに第3話『昌代さんのカレーライス』では、いつもと違うカレーライスのレシピに文字通り「身体を張って」抗議するのだが、その姿を描いたコマは何度見ても笑ってしまう。犬じゃなかったら大問題だ。

話自体も、ありがちな薀蓄話にならず完成度も高い。

そして、今回読み直してみて気がついた。

生活背景や会話など全体にそこはかとなく漂うバブル時代の匂いが今となっては郷愁を誘う良い味わいとなっている(やや苦さが伴うが)。例えば、理想的な夫婦関係やファッション、そして2世代同居の描写とか。併せて収録された「夫婦漫才」(80年代初頭)の時代を超えた普遍的なドメスティック感と比べるとその違いがよく分かる。あのころは理想(夢)が現実より勝っちゃった時代だった。後々、そのツケを長く背負わされることになるのだが、読みようによっちゃ、この作品にその兆しが描かれているようにも思う。特に第2話のマイホーム建築に伴う危機管理などは今の時代でも・・・

時代論を語る場でもないので、この辺にしておきます。

もちろん、従来の山上テイストに溢れた「夫婦漫才」(「ごめんください」改題)も文句なく面白い。何度読んでも笑っちゃうのは、「位牌とゆーより じいさんそのものだな」のセリフのコマだ。山上キャラのババァはこうでなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

日向夏みかん猫三匹

ほんと、皆、いい(ネコ)顔しているよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

6月10日の記事

時間をおいての手直しはよくあることなのですが、

10日のブログ記事があまりに中途半端な内容だったので、大幅に加筆修正したことをお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

歌川国芳展 〈前期:豪傑なる武者と妖怪〉 @原宿太田記念美術館

開催中の展覧会「没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳」。

なんと、前期・後期で大幅入れ替えが2回、部分的な入れ替えが2回、と合わせて4回は観に来いという御無体さである。お代官様である。お主も悪よのう、である。

ええ、もちろん行きます、行きますとも。

だって、全254枚(組み物は1枚で換算)、国芳定番の有名作品のみならず、今まで印刷物でしか観ていない作品や、初めてお目にかかる作品も数多くて、国芳贔屓の私は一枚も見逃したくないのである。

で、今回は国芳が江戸でブレイクするきっかけとなった「武者絵」、伝説の豪傑や彼らに絡む(大)妖怪を描いた作品、を中心とした陳列内容であった。Kuniyoshi3

今の時代で言えばヒーロー物であり怪獣物ということになるのだろう。

紙面からはみ出しそうな迫力を生み出す斬新な構図(実際にはみ出して三枚続きになっちゃったり)とその視覚効果を最大限に活かす勇壮・豪快な描写力に当時の江戸っ子は(今風の言葉で言えば)「かっこいい」とか「すげぇ」と熱狂したであろうことは容易に想像できる。

そりゃ、江戸の血気盛んな若者たちが自分たちのヒーローと一体化したくて刺青も入れちゃうってもんだ。

いやほんと、この宣伝用のチラシの絵を今の目で観ても迫力があって「かっこよい」と思いませんか(クリックでデカくなります)。

それぞれの作品に触れると切がないで止めておくが、一点だけ紹介しておきたい。

これはいわゆるデッサン集の一部なのだが、なんと実際の作品(?)は長さ5mに及ぶものである。

国芳芝居草稿6241

国芳に限らず、有名浮世絵師のこのような草稿(素描)を観る度に強く印象に残るのは、彼らが持つ優れた画力のことである。いわゆる「真を写す」という意味での画家としての才能がダイレクトに伝わってくるのだ。つまり、近代(西洋)的視点から見ても普通に巧いということだ(実際、欧米では「北斎漫画」を筆頭にこういった素描集は高く評価されている)。

そこで思うのは、絵師たちの「真を写す」才能と「浮世絵」として完成させる職人性とのアンビバレンツな関係性だ。下絵と完成した浮世絵とではイメージが変わるものも多々あるし、工程的なことでいえば何を足して何を引けば「浮世絵」らしく完成していくのか、心理面で絵師にジレンマやストレスは無かったのか、もしくは何にも考えていなかったのか、何のこだわりもなく優れた職人としての道を全うした絵師もいれば、バランスを取りながらしっかり自己主張している絵師もいるし・・・興味が尽きないのだ(国芳は十分後者であるな)。

そして、そんなこと考えながら会場で買った図録を観ていたら、後期展示予定の中に驚きの作品が!

次回(後期鑑賞後)に続く。

浮世絵太田記念美術館 http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

サラリーマンNEO シーズン6-5

  ・家庭の事情
  ・がんばれ川上くん -第五十一回「確認して」-
  ・サラリーマン百景 -相談-
  ・世界の社食から -デルタ航空-
  ・博多よかばい食品物語 -第2話「B級グルメ市場に参入」-
  ・NYAO -日本は、ええ国どすなぁ-
  ・君子、46歳のメモ

サラリーマン百景」でイイ味出していた相談役のおじいちゃん。誰が演じているのか気になっていたのだが、なんと中村靖日であった。「ゲゲゲの女房」の中森恒夫(水木家に間借りしている貸本漫画家)役が印象に残っているが、どんなに端役で出ていても何か記憶に残る得難いバイプレイヤーである。この相談役も意外性があって掴みはOK、よく似合っていた。

ところで、「相談役」って、よく分からん役職だよね。

博多よかばい食品物語」はメイン二人の暴走優先というグダグダ感が好みの分かれるところかもしれんが、私は好きだ。前回に引き続き再び登場の3D饅頭から、衝撃の「水おでん」、そしてダメ押しの「生焼きそば」・・・博多弁が凄いのか、博多人が凄いのか。ご当地の方はどんな感想なんだろう。

君子、46歳のメモ」での麻生祐未は女優の本気を見せてくれた。本人も楽しんでいそうではあるが。ところで、前シーズンの傑作スケッチで倦怠期夫婦をともに演じた山西惇が画面の後方に地味に出ていたが、この彼が最後の最後の「猪木!」で見事に落ちをさらっていった。お見事!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

タイトルバナー猫シリーズ そして、Twitter始めました。

尾道の猫が再び登場。

元写真Rimg2990a1

実は、5月の終わり頃から身体の一部に不具合が生じメンテナンス状態が続いていました。それがやっとここにきて修復完了し再起動いたしました。そんなわけで気分を変える意味でのバナー変更なのです。

ところで、この機に以前から登録だけはしていたTwitterを本格的に始めてみました(といっても、ブログがメインであることには変わりはないのですが)。

宜しければ、フォローをお持ちしています(「Follow Me」ボタンは右上にあります)。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

‘Crouching Maru, Hidden Toy’      見失うねこ。-Maru lost a toy.-

まる、新作。毎度笑かしてくれる。今回は、意味が有るのか無いのかよく分からん中途半端なジャンプがポイントだ。

Youtubeのコメントで‘Crouching Maru, Hidden Toy’というのがあったけど、元ネタの映画が大好きな私はなんか嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

本家キング・クリムゾンなのか?King Crimson - A Scarcity Of Miracles

正確にはKing Crimson Projekctというユニット名なのだが、フリップがいればもう実質上のクリムゾン本体と考えていいだろう。

それにしても、メル・コリンズと再び組むとは思っていなかった。フリップは以前からメルのプレイヤーとしての資質の高さを評価していたのでその意味では驚くことではないのだが・・・ファンなら誰でもよく知っている『アイランズ』期の蟠りは時の流れと共に解消されたのだろうか。もしもイアン・ウォレスが健在だったならこのメンバーの中に含まれていたかもしれないと思うとあらためて悲しい。

そんな気分で聴いたせいもあってか、何かそこはかとない寂しさを感じさせる曲である。この活動を最後に引退をほのめかしているフリップの「人生」や「老い」に対する心境が反映されているのだろうか。

ところで、この曲のヴォーカルがデヴィッド・シルヴィアンだったらすごくハマったと思いませんか。まんまシルヴィアン&フリップ路線というか、案外オファーは出していたりして(もちろん断られたとは思うが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

世界錯視コンテスト2010優勝作品

いわゆるトリックアートというやつだ。

「視点」による人の目の錯覚を利用したものなのだが、その原理は判っていても実際に見ると、それでも「解せない」モヤモヤ気分が残る。人間って不思議。

ちなみにこのコンテスト優秀賞受賞者は日本人、明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)副所長である杉原厚吉研究・地財戦略機構特任教授(長い)、この間の爆笑問題の番組(NHK)にも出ていたおもろいおっさんである。

ところで、この視点による錯覚を逆手に取ったアニメの小品があることを思い出した(私みたいなのが多かったらしくニコニコ動画にもチャートインしていた)。

これだ。

このエッシャーの無限回廊の立体化も爆笑の番組に出てきた。オンデマンドで観れるのかな。http://www.nhk-ondemand.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

サラリーマンNEO シーズン6-4

 ・サラリーマン百景 -二次会-
  ・はっきりしたお返事を
  ・ほしがり課長 -④-
  ・NEOビジネススクール
  ・悩み事 tell me your worries
  ・NYAO -SEASON6を見て下さいね♪-
  ・ギャル社長

男優はやくざと兵隊役は(うまいへたなく)誰でも似合うというが、女優にとってはギャル役がそうかもしれない。皆、水を得た魚のように演じているし。きっと、「かぶりもの」というか「制服」というか、「記号」的な訴求力の強いメイクや衣装に変身願望をダイレクトに満足させるコスプレ感覚があり、演ずるというよりもなり切る楽しさ(快感)が強いのだろう(そういえば、NEO定番のOL役もそうだな)。同じコスプレでも「セーラー服」関係はNEO女優人にはちょっと・・・女学生というより別物に化けそうだし。その点、ギャル系にはヤンママや、今回の『ギャル社長』のように企業家ギャルという手があるから中堅女優も使って安心。

現シリーズのNEOは、俳優が各スケッチごとに適材適所、より効果的に配役されていて面白さが増したように思う。メインの俳優の出落ち的なインパクトだけではなく、演技のアンサンブルからじわじわと滲み出る不条理や狂気が印象に残るものが多くなった。『欲しがり課長』でも部下たちそれぞれの反応が上司(とその妻)の狂気すら感じさせる理不尽さ(筒井康隆っぽくもあった)を際立させていた。

関係者のTwitterなどを見る限り人間関係も良好のようだしチームNEOとしても絶好調なのかもしれない。最初は全く期待していなかった(むしろ否定的だった)映画版「サラリーマンNEO」もひょっとしたら・・・期待しちゃっていいのかな。

サラリーマンNEO公式HP http://www.nhk.or.jp/neo/index.html

あの傑作『厚姫』の動画も観れるよ。

そして、映画版「サラリーマンNEO」公式Twitter http://twitter.com/neothemovie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »