« Johnny Winter@Zepp Tokyo 2011.04.15 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― »

2011年4月16日 (土)

おひさま

NHKの連続テレビ小説の新作「おひさま」である。

全く興味はなかったのだが、今週偶然目にしたら、なんと満島ひかりが女学生役で出演しているのを発見。俄然気になってきたので土曜日の一週間分まとめ放送をチェックしてみた。

朝ドラの王道ともいえる激動の昭和史を舞台にした作品なのだが、これが予想以上に面白い。

Imagesca96g7ln 主演の井上真央は名前ぐらいしか知らなかったが、彼女がまず良いのだ。実年齢は24歳らしいが初々しい10代の女学生役に違和感がない。この年頃らしい喜怒哀楽の演技が素敵だ。はっきり言って可愛い。演技と分かっていても惚れてしまう。そして井上真央と同年代の満島ひかりとマイコ(弥太郎の嫁)が友人役を演じているのだが、きちんと個性が描き分けられていてそれぞれ魅力がある。三人一緒のシーンは観ている方も和む。そして、この先の厳しい未来を知っているだけに儚さや切なさも感じさせる。この辺が昭和史物が定番として人気がある所以なのだろう。

しかし満島ひかりは着実に女優として成長しているようで嬉しい。以前は良くも悪くも自己主張の強いイメージだったが、そこに自然な優しさが滲み出るようになった(この筒井育子役は最初から彼女を想定していたとしか思えん)。結婚したことが良い意味でプラスになったのだろう。

とりあえず、来週から見逃すことの無いよう録画しつつチェックしていくことに決定。

そして、満島ひかりと言えばこれ

|

« Johnny Winter@Zepp Tokyo 2011.04.15 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/51409113

この記事へのトラックバック一覧です: おひさま:

« Johnny Winter@Zepp Tokyo 2011.04.15 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― »