« ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― | トップページ | King Crimson「21st Century Schizoid Man」byモルゴーア・クァルテット »

2011年4月18日 (月)

アニメ「へうげもの」のあれ

これHenry8

第一話を観たときは若干の期待外れを感じたが、二話目は大変面白かった。やはり主人公古田左介の「業」の深さは只者ではない。

雑誌連載中の原作は本能寺辺りまでは読んでいたけど、「蒼天航路」終了後の掲載誌自体に次第に魅力を感じなくなってしまってその後は時折目を通す程度だった。この際だからきちんと読み直してみようかな。

NHKアニメワールド「へうげもの」公式サイトhttp://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/

|

« ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― | トップページ | King Crimson「21st Century Schizoid Man」byモルゴーア・クァルテット »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/51433519

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「へうげもの」のあれ:

« ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽― | トップページ | King Crimson「21st Century Schizoid Man」byモルゴーア・クァルテット »