« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

GRDⅢ 街猫探検隊 暖かくなってきたね

見つかったか。Rimg3103_2

なんか用かね。Rimg3105

おなじみ。Rimg3107

こんにちわ。Rimg3108

またね。Rimg3109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

The Elder Scrolls V: Skyrim - Official Trailer

前作「Oblivion」(2006)から5年ぶりのThe Elder Scrolls シリーズ最新作。シリーズのノウハウを活かした「Fallout3」の予想以上の成功でしばらくは続編は無理かと思っていたので、これはうれしい。

以下、動画説明から引用。

最新トレーラー最高画質!TES5、前作オブリビオンの次はスカイリム!以下GameSparkの訳文より
■ユニーク武器は実際に使ってみるまで分からない隠された効果を持つものがある。
■Skyrimでは多彩な範囲魔法(AOE Spell)が登場。敵が上を歩くと発動する“Ice Trap”、敵を自分の周囲から押し出す“Circle of Protection”、敵が同士討ちを始める“Fury”など。
■ドラゴンとの遭遇はスクリプト化されたイベントではない。ドラゴン達は旅をしながら町や都市を攻撃し、襲われた町は炎上する。
■Skyrimにおける経済は過去のシリーズ作品よりもしっかりと開発されている。もしプレイヤーが農作物を刈取るなどして町の収入源を破壊した場合、住民らは近隣の町で作物を購入することになり、その結果価格が高騰する

アメリカでは2011年11月の発売だが、日本ではどうなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

キングさよなライオン

前にPerfume関連で紹介した例の「あいさつの魔法。」シリーズから。

この無駄のないクオリティーは本物だ。

キングさよなライオン

衝撃の一作目はこれ。

グレートありがとウサギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

第5回「なかのぶジャズフェスティバル」   @荏原文化センター 2011.3.21

Jazzfes201103_836083898356_2商店街振興のため企画されたこのフェスも5回目を迎えた。第1回は1989年、その後10年ごとに第2回(1999)第3回(2009)と続き、昨年の第4回(2010)から毎年開催されることになった。毎回、少しでも日本のジャズに興味があれば誰もが驚く錚々たる出演者たちなのだが、今回も豪華だ。

出演者: 日野皓正(tp)、今田勝(p)、稲葉国光(b)、鈴木勲(b)、市川秀男(p)、中村誠一(ts)、峰厚介(ts)、土岐英史(as)、向井滋春(tb)、横山達治 (per)、岡崎好朗(tp)、井上陽介(b)、大隅寿男(ds)、小山太郎(ds)、塩崎浩二(g)、堤智恵子(as)、マリア・エヴァ(vo)

これだけのメンバーが楽曲ごとに編成や組み合わせを変えてセッション形式で演奏していくのだ。しかも手抜きは一切なし。一期一会の適度な緊張感とミュージシャン同士のプライドの鬩ぎ合いがジャズの楽しみ、醍醐味を堪能させてくれた。個人的にはは鈴木勲の突出した存在感に脱帽。この爺、やはり只者ではない。

全員登場の最後は大盛り上がり。ミュージシャンも観客も全員ニコニコのうちに大団円。

実行委の方々の努力に拍手。たいしたもんだ。地元民としてはなんか誇らしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

津波被害 宮城県女川町

この高さまで逃げても助からない。

・・・

震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

Perfume575×あいさつの魔法。(mashup)

震災後、良くも悪くも注目度が増したAC(公共広告機構)のCMだが、何故か「あいさつの魔法。」という作品がニコニコ動画ユーザーのツボにハマったようで、短期間で関連動画が次々にアップされた。http://www.nicovideo.jp/search/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%80%82

中でもこの「575×あいさつの魔法。」は素材それぞれの持ち味やメッセージ性を損なうことなくまとめ上げていて素晴らしいと思う。

575」(Perfume)の良さがこれでもっと広まってくれるといいな。

オリジナルCMからして、挨拶と子供ときたらやはり動物だろ、全体的には『みんなの歌』風で、まあ繋がりは語呂合わせでいいや、みたいな、安易な発想で作ってしまったやっつけ感とヘタウマなアニメとの相乗効果で妙にクセになる味を出しているのだ。たぶん、一連のCMに対するクレームが無かったらお蔵入りになっていたのかもしれないな。

ACジャパン あいさつの魔法。」オリジナル 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

GRDⅢ 街猫探検隊 春猫

まだまだ寒さは残るが陽射しは春らしく暖かい。日向ぼっこをする猫たちが増える季節でもある。

武蔵小山裏道Rimg3076

Rimg3077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

Mount Fuji In Red (赤富士)

人間ってね、そんなに立派なものじゃないんですよ。」

人間はすべてのものをコントロールできると考えてはいけない。傲慢だ。核はコントロールすることができないんですよ。人間ってね、そんなに立派なものじゃないんですよ。

黒澤明監督、ガルシア・マルケス(コロンビアの小説家。1982年度のノーベル文学賞を受賞)との対談から

1980年作品から赤富士

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

街猫探検隊 タイトルバナーは猫で

ちょっと春らしくね。

元絵は、前に一度ここに載せた尾道の猫。今一度他の写真と合わせて掲載しておく。カメラはGXR A12 28mm(クリックで拡大)。Rimg2991_2

場所は尾道の千光寺山ロープウェイすぐ側、屋根の上、暖かな日差しを浴びながら無防備にひたすらゴロゴロしていた。Rimg2989_2

Rimg2990_2

Rimg2992_2

おまけ)千光寺山から尾道水道と尾道大橋を望む。Rimg2993

前のお猿も好きだったので再登場はあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

墓参り

予想よりお参りの人が多かった。明日は終日雨ということもあるのかもしれない。

霊園は高低差のある山の斜面に造られているのだが、地震の影響でエレベーターが使えず上の方にお墓のあるお年寄りの方々は上り下りが辛そうだった。

いろいろとみなさんご苦労様です。

父と母、あっちで仲良くやってんのかな。そうあって欲しいな。Rimg3074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

久々の春らしい日和でした

19日に行くことを楽しみにしていた府中美術館の「江戸の人物画 ―姿の美、力、奇」が開催延期になってしまった。

残念。

それではと上野公園に出掛けてたのだが、ここの美術館も全て休館だった。地震で陳列物に損傷でもあったのか・・・こんな時だからこそ観たかったのだが。

とはいえ、

上野公園の早咲きの桜(カンピザクラ、オオカンザクラ)が見れたことで、本格的な春の到来が近いことを実感できたことは良かった。

何があろうとも日常は続き時は流れていくのだ。

GRDⅢRimg3068

Rimg3071a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

向井秀徳 - ふるさと

何もコメントなし。ただ「歌」だけ。でも伝わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

やらない善よりやる偽善

俺は偽善者だバカ野郎おまえら募金しろ!」by泉谷しげる

Perfumeの所属事務所アミューズも支援活動に乗り出したようだ。

そういえば、私も些少であるが参加したニコニコ動画の募金金額が

2011年03月16日 20:24 時点の合計: 168,240,680 円  (284,039人)

に達したようだ。凄いな。

有効に使われることを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

人間性が露呈する

右左関係なく、大したもんだと思う人物もいれば、やはりこの程度かとがっかりさせられたり、下種は下種だなと再確認したり、みなさんよく覚えておきましょう

ところで、政府関係や各政党の執行部以外の議員さんたちは何をしているのかな。一般の人々、企業、そして芸能人、音楽家、皆できる範囲で支援活動に動き出しているのにね。

特に歴代首相、目立ちたがり屋のあの人この人たちにはお得意のパフォーマンス披露のいいチャンスだと思うのだが。

現体制や政策に噛みつくだけ?政治家は口だけか。徒党を組まなければ何もできんか。

あ、すでに東京脱出か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

石原都知事はこれは天罰だと申しております

朝日新聞官邸クラブツィッター
副長官番A)節電の要請に訪れた蓮舫・節電啓発担当相と会談した石原都知事。
会談後に「震災への日本国民の対応をどう評価するか」と質問したところ、
石原さんは「日本人のアイデンティティーは我欲。
この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。
やっぱり天罰だと思う」と述べました
http://twitter.com/asahi_kantei/status/47220894023692288

雑誌「プレジデント」の編集者ツィッター
共同「(震災について)『これはやはり(我欲が張った)天罰だと思う』といっていたが、不謹慎では?」。
石原都知事「被災者には耳障りかも知れないが、と言葉を添えている。正確に聞き取って、正確に報道して欲しい」。
http://twitter.com/ho4not/status/47228395683184640

もう右左関係なく彼はどこか別の世界に住んでいるのかもしれん。

応援する政党にとってもこれは両刃というか、もはや制御不能だろう。

どうするんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安否不明の旅行者約2500人、そして、福島原発

旅行者について観光庁HPより
震災地域を訪れていたと思われる日本人旅行者は、主要旅行業者の取扱いで約4,100人、うち安否確認済み1,600人、安否確認中約2,500人となっております。

これはあくまでも主要旅行業者の取り扱いで旅行している方たちの人数だ。実際はさらに多いのではないか。ここ数年何度も東北地方を旅行している私にとってはとても他人事とは思えない。

と、また余震が来た。今度は長野の活断層か。

「連鎖」の不安が頭を過る。

Youtubeより

Fukushima I Nuclear Power Plant Reactor 3 explosion on March 14, 2011

キャスターが絶句している・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

今日、

私の立場で出来ることを形にしたくて、ネット上の募金に参加した。

語りたいことはあるが・・・

こんな現実を前にしては暫くは通常ブログはちょっと無理だ。

ご容赦願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

危険な話

事態は深刻だ。

「安全」は有り得なかったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

平成23年3月11日

その時、有楽町の書店の2階にいた。

最初はいつもの揺れかと思ったが、次第に事態の深刻さに気付き始めた。

その場にいた人全員の顔が強張る。

何もできない。

暫くして我に返った店員が全員を屋外に誘導する。

心身の興奮というよりも事態がしっかり把握できない不安感の方が強い。

現代人は(与えてくれる)情報がないと何もできないなと実感する。

皆、外へ出たのはいいがどうしていいのかと呆然としている。Rimg3062_2 Rimg3063

初めのうちはその場に留まり様子見していた人々が、どうも電車の復旧が見込めないと気付いて移動し始める。自分も五反田荏原方面へ向けて歩き出した。

歩道を埋める人そして人、なかなかすごい見ものだった。江戸時代でもこれほどたくさんの人々が同時に徒歩で都心を移動する景色は無かっただろう。

感心している場合ではないが。

無事帰宅して、

テレビやネットでニュース映像を見た。あまりの凄まじさに言葉が無い。

何もできないもどかしさを感じるが、暫くは事態の推移を見守るしかないのだろう。

あ、

今も余震を感じた。

東海沖地震が誘発される可能性はないのだろうか。

そして、

原発で緊急事態・・・事態はさらに悪い方向に進んでいるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

また一つ歳を重ねた日

まだまだ先があると思い人生の諸々を先送りにしてきたが、いよいよ後がなくなりつつあるようだ。

尾道Rimg2980a_2

今過ぎていく時間の一刻一刻がとても貴重なことは頭では分かっているのだが・・・

時の流れに逆らう気力と体力があるうちに何とかしないといかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

Johnny Winter Japan Tour 2011

お好きな方ならもう既にご存じとは思うが、ジョニー・ウィンター、まさかの日本公演実現である。どうやら薬物依存の治療が功を奏したようでまずは目出度い。

【白人ブルース・ギタリストの大物ジョニー・ウィンターの初来日が決定】
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000011-lisn-musi

<JOHNNY WINTER JAPAN TOUR 2011>
日程:2010年4月13日(水)14日(木)15日(金)
会場:Zepp Tokyo
各日開場18:00 開演19:00
チケット:1階席8,000円(スタンディング・税込)
     2階席8,000円(指定席・税込)【共にドリンク代別途500円】

チケット発売日:22011年2月25日(金)
主催:テレビ朝日/ぴあ/ Bay FM / Inter FM
協力:株式会社ソニー・ミュージック・ジャパン・インターナショナル
株式会社ブルース・インターアクションズ
(問)M&I カンパニー 03-5453-8899

もちろん往年のライヴ・パフォーマンスは望むべくもないが、音楽に年齢は関係ない、ましてやジョニー・ウィンターは基本的にブルースマンなのだ。とはいえ、2007年のクロスロード・フェスでの映像を思い出すと体力的な面に若干の不安があることも事実。

ということで、Youtubeで2010年のライヴ映像をチェックしてみた。

JOHNNY WINTER- Mojo Boogie

JOHNNY WINTER- Sugar Coated Love 

全然枯れていないし、元気そうじゃないか。

これなら、大丈夫そうだ。

ちなみに私は15日最終日に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

タイトルバナー

を変えました。

尾道大山寺の「五猿(ご縁)」です。Rimg2973

『みてご、いうてご、きいてご、まえむきでご』で「五猿」というわけです。

なんかいかにも自分のブログ向きという感じで気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

広島 Timelapse Tram in Hiroshima

最終日は独りで観光。Rimg2959

先ずは前日は雨で中途半端に終わった宮島へ再び行く。目的は「写真」、「生ガキ」、「おみくじリベンジ」、そして「市電、ひとりで乗れるもん」。結果として「おみくじ」以外は達成したのだが・・・Rimg2974

そして、市内に戻り原爆資料館へ。目的は関連書籍の購入と時間があればボランティアの話を聞くことだ。書籍については予想以上に種類が多く、迷った末に購入は見送った。内容の性質上、自宅近くの図書館にもありそうなので帰京したら覘いてみるつもりだ。ボランティアは二人の方の話を聞けた。平日ということもあってか、熱心に聞き入る人々も多かった。Rimg3015

その後、時間まで街歩きを楽しむ。帰りの便の都合上昼の2時過ぎには市内を発たなくていかんのだが、名残惜しく、もっと時間が欲しかった。

ということで、結論。

広島は良い。

非常に居心地が良い。

美しく機能的な都市の顔を持ちながら、私が子供のころに慣れ親しんできた(懐かしい)都市の日常生活の匂いを思い出させるからなのかもしれない。

その象徴が市電(トラム)の存在だと思う。この動画を観れば私が言わんとしていることが理解できると思う。

Timelapse Tram in Hiroshima

ただただ素晴らしい。

尾道も時間をかけて隅々まで堪能したいし、こりゃ早いうちに再び行くことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

宮島、 そして広島平和記念公園

あいにくの雨模様である。

残念ながら猫には一匹も遭遇できず。代わりに鹿で一枚。Rimg3017

厳島神社で引いたおみくじは「」であった。

失せ物出ず』という定番のご宣託が、「失くしたもの」(人生的な意味で)は二度と還ってこないのだぞ、とも受け取れる。諸々を忘れるために来たはずの旅先で、ひどく現実的な気分になる。冗談めかしてはいたが、悪運を断つために結び棚に結ぶときはかなり真剣(マジ)だった。

そして、平和記念公園である。ここを訪れるのは三回目になるが、資料館改装後は初めてだ。以前に比べるとだいぶ現代的で小奇麗になったが、内容の「重さ」は何も変わっていない。むしろ外観につられて来場者が増えてくれるのは良いかもしれない。もっとも観光気分などあっという間に消し飛ぶのだが。

主義主張に関わらず一度は訪れるべき場所であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

街猫探検隊 尾道 竹原

GRDⅢ 尾道

Rimg2966_2

Rimg2972

GXR A12 28mm 尾道

Rimg2987

Rimg2991

GXR A12 28mm 竹原

Rimg3007

Rimg3010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

広島にいます。

夜に広島に着きました。

明日は尾道、竹原を廻ります。この辺りは四半世紀ぶりの再訪になります。

あ、Perfumeが広島出身だから云々は今回の旅には特に関係ないのであしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

Rick Wakeman - The Nursery Rhyme Concerto

ピアノ系の動画を巡っていたら辿り着いた。

ただテクを見せつけるだけでなく、ちゃんとエンターテイメントになっていて、さすがだ(「ギラギラ星」というコメントに笑った)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

フランク・ザッパ/キャプテン・ビーフハート・ディスク・ガイド  おまけ:Inca Roads (Frank Zappa Cover) on acoustic

今年(1月)になってiPodをより容量の大きいものに替えた。

これで上限を気にせず、膨大なザッパ関連のアルバムを収録することができるようになった。今現在、全収録曲5316曲のうちザッパだけで675曲、一部のアルバム(iPodに入れてまで聴きたいとは思わない)を除けばほぼ完璧なラインアップではないかと思う。我ながらよく集めたものだ。

でもまだまだ不十分、企画物や周辺アーティストも網羅していきたいな、と考えていたところにグッドタイミングでこの本が刊行されたのだ。

フランク・ザッパ/キャプテン・ビーフハート・ディスク・ガイド(和久井光司)51pkxfajall__sl500_aa300_

これは優れたガイド本である。

ザッパ・ミュージックの普遍的な音楽的魅力を現役ミュージシャンで音楽評論家である著者が現役の音楽ファンなら誰でも理解できる「平易な」文章で伝えてくれる。これは楽しい。既に所有しているアルバムは再び新鮮な気分で聴けるようになるし、未聴のアルバムは今すぐ手に入れたくなる。

過去にもザッパ関連の書籍は(数こそ少ないが)何冊か出版されている。

中でも大山甲日氏の「大ザッパ論」(上下巻)は功罪相半ばのいろんな意味で必読書である。ザッパは正座して(ありがたく)聴かなくてはいけないのかと幼気なザッパ初心者に強烈な(ほぼトラウマのような)印象を残した。もっともそのうち、同じ正座でも「裸で正座」的なものがザッパ的に正しいことに気が付くようになるのだが。

それはともかく、

以前の書籍や評論はどうしても表現者としてのザッパをその時代性や社会性と合わせて論じているものが多く、純粋に「音楽」としての普遍的な魅力を伝えきれていなかったと思う。ガイドとして使うには「音楽」そのものに関係のない余計なエクスキューズが多すぎた。それはむしろ実際に音を聴く前からザッパに対する偏った誤解を生むようなことさえあった(個人的には初期マザーズ本来の音楽的な魅力に気が付くまでいかに遠回りさせられたことか)。

だからこそこのガイド本は良いのだ。

音楽は興味を持ったら先ず聴いてみることが大事、知識は後からの方が役に立つし楽しいのだよ。

このガイド本でそんな出会いが増えるといいな。

おまけ)

マイク・ケネリーは只者ではないことは知っていたが、改めて、とんでもないなと。

そういえば、ZAPPA PLAYS ZAPPAが順調に活動を続けているようだが、昨年のライヴではジョージ・デュークがゲストで登場していてビックリした。ザッパから一番遠いところに行ってしまった印象があったのでなんか嬉しいぞ。来日してくれんかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

Victor ステレオミニヘッドホン HA-FX700

ヘッドホンを替えた。

最近の大型店では店頭での試聴が自分のプレイヤーを使って簡単にできるところが増えてきた。おかげでネット等での評判だけでなく自分の耳で実際に音質を確認できるようになったのが嬉しい。つまり高額機種であればあるほど個性が強いことで生じるリスク( 自分の好み、求めるのではなかった)を回避できるようになったのである。

で、検討に検討を重ね、何回も試聴比較を繰り返し、そのくせ迷いに迷った挙句に決めたのが、この一品。

Victor ステレオミニヘッドホン HA-FX700 http://www.jvc-victor.co.jp/accessory/inner_sp/fx700/K0000078336_2 

初めてヘッドホンを中位クラスのものに替えたときの驚き、「今まで聴いていたのはなんだったんだ!」、はさすがにもう二度と味わうことはないだろうと思っていたが、

あったわ

このクラスになると良し悪しの違いはほんとに好みの差でしかないので万人には薦めないが、あなたが単なる「音」でなく楽器本来の「鳴り」に興味があるならぜひ使ってみて損はないと思う。

個人的には、ドラムやパーカッション系の鳴りかたにしびれた。

あと、ブルースやロックの録音物での、まるでそこで鳴っているかのようなギターアンプの(響き方とか歪み方の)存在感!これはライン録りでは味わえない醍醐味だ。

「鳴り」ってもんは、胴鳴りや箱鳴り、そしてノイズや倍音等もそうだが、純粋な「音」にとっては余計なものなのだけど、でも「音楽」を豊かにしているのだよな。少なくと自分はそういう成分多めの音楽が好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »