« 2011年元日 | トップページ | 2011年正月の過ごし方  1月2日 »

2011年1月 2日 (日)

2011年正月の過ごし方  1月1日

元日である。

全国的には寒波の影響で荒れた天候だったようだが東京は好天に恵まれた。

初詣は昨年と同じく瀧泉寺(目黒不動)へ行く。今年は目黒七福神も廻ってみるつもりだった。昼12時に新宿で弟の家族と待ち合わせをしているので、朝早めに出て午前中に廻りきろうと思っていた。

が、年賀状の配達を待っているうちに9時半ごろの出発になってしまった。

急げば廻りきれないことはないかもしれないが、義務や責任があるわけでもないし、廻れるだけ廻って後は夕方もしくは明日でもよいだろう。ということで、あせらずのんびり歩いて目黒不動に向かった。おかげで元日早々「街猫」にいくつか遭遇することができた。「街猫探検隊」としても幸先の良いスタートになった(別記事で揚げます)。

GRDⅢ(以下全て) 目黒不動尊。意外と人出は少なかった。「ゲアラカ」が目立つなw。Rimg2636

どーん。広角にありがちな構図ではある。Rimg2637

護摩焚きもそうだが密教儀式は呪術性が強くて興味深い。Rimg2641b

参拝後、七福神集めへ。Situfuku2_jpg_2

地図でご覧の通り、目黒駅を挟んで六つの寺を巡らなくてはならない。目黒川側の三ヶ寺は自宅から目黒駅に向かうコース上にあるので問題はないが、高輪側は行って戻ってこなくてはいけない上にかなり離れて点在している(一番遠い覚林寺だと目黒駅から2キロ以上離れているのだ)。

考えるまでもなく早々に高輪側はあきらめて、午前中は目黒川側の三ヶ寺だけ廻ることにした。

目黒七福神を代表して大円寺の御一行様記念写真を。毘沙門天様は笑顔が苦手そうだRimg2650

目黒駅に着くと11時半になっていた。そのまま新宿に移動して弟たちと合流して京王プラザホテルのレストランで昼食。そして正月恒例のドライヴへ・・・今年はあの東京スカイツリーへ行ってきた。ベタと言えばベタだが、完成後の誰もが同じ風景を見るようになる前の、今の時期(工事中)だからこその醍醐味を味あわせてもらった。

それにしても、押上付近の低い建物の多い昭和の香りを色濃く残す町並みの中に異物感たっぷりに屹立する未来的なタワーというシュールな風景は見る者の想像力をかなり刺激する。SFっぽいし、ファンタジー的なものも連想させる。

「魔王(ラスボス)の塔のようだ」と言っても周りの反応が冷やかであったのは残念。Rimg2660

今にも「発射」しそうだ。Rimg2670

信頼と安心の2本Vサイン Rimg2659_3

レイ・ブラッドベリ的でもある。彼の作品の中で宇宙ロケットを見上げて育った子供たちのように、この周辺の子供たちの未来にもこの風景は影響を与えるのだろうな。

私でさえいくつか「物語」が浮かぶぐらいだから、これから関連小説やドラマなど創作物がたくさん発表され続けるだろう。

今年末に工事完成。来年春から公開開始ということだ。観光効果は計り知れないものがありそうだ。このあたりも急速に様変わりするだろう。

今のうちだよ。

さて。

その後、帰路の途中の目黒で降ろしてもらって弟一家と別れ、残りの七福神巡りを再開する。

いやいやこれが夕暮れ時の「歩き」がなんともキツイのだ。空腹のせいもあったのかもしれないな。根を上げそうになりながらもなんとか七福神集めを達成したのであった。

本日の成果。今年はいっぱい「福」があれば良いなぁ。Rimg2673

|

« 2011年元日 | トップページ | 2011年正月の過ごし方  1月2日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/50468446

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年正月の過ごし方  1月1日:

« 2011年元日 | トップページ | 2011年正月の過ごし方  1月2日 »