« 警戒するねこ3。-Maru is cautious 3.- | トップページ | メキシコでのPerfume人気 »

2010年12月29日 (水)

東北三昧 秋田編 Part.9 「ざまぁ」

前回Part.8 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/12/part7-feb6.html

お断り)作者の記憶力低下のため今回の話は「話半分嘘半分」もしくは「だいたいあってる」と思って読んでください。

時間はやっと11時近く。まだまだ先は長い。

さすがに一人っきりで時間をつぶすのはきつくなってきた。そこでわたしも祠の階段下の駐車場にいるモロ氏に合流することにした(一人は淋しいし心細いからな)。モロ氏が携帯で何らかの手応え(他のタクシー業者とか)を得られたかもしれないし・・・

しかし彼の顔色からは事態はあまり好転していないように見えた。う~む。ぼそぼそと言葉を交わすも、やはり会話は弾まない。

と、そこに車の音が聞こえてきた。見れば、家族連れなどがよく使うワゴンが一台坂を上ってくる。どうやらここ「万体仏」が目的の様で駐車場に車を入れてきた。

車から降りてきたのは、夫婦らしい中年の男女と娘2人だ。父親らしき男性が声高に「万体仏」の解説をしているのが聞こえる。たぶん案内書の受け売りだろうが、たいへんテンションが高い。まるで、この家族旅行を盛り上げるのが父親としての使命と思っているようだ。まぁ、娘2人もそろそろ父親が鬱陶しくなる年頃のようだし家族旅行もこれが最後のチャンスかも知れない、気持ちはわかる。

こちらとしても待ち望むタクシーではなかったのは残念だが、見ず知らずでもこんな場所で人と出会うのはうれしいもんだ。もっとも彼らは駐車場に所在無げに怪しく佇む中年男性二人を胡散臭そうに一瞥しただけで階段を上って行ってしまったが。

これがほんとに賑やかに楽しそうに階段を上がって行ったのだ。娘たちもまんざらでもなさそうだし、親父としても面目躍如だな。

でもね、上に上がった後とても「静か」になったのだよ。

これは期待しすぎて実際との違いに唖然としているのだな、と何気にモロ氏に顔を向けると、彼もそう思ったらしく目と目が合って互いににやにや

5分ほどでこの一家は降りてきた。行きに比べるとだいぶ元気がない。父親は早くも目標を次のなまはげ館に切り替えたようでさっそく解説を始めていたが、ほかの家族の反応は今一つに見える。そそくさと車に乗り込んでしまった。

最後、父親が運転席に乗って立ち去る間際にこちらをちらりと見た。何だこいつらは、駐車場に他の車はないしどこから来たんだ、大体ここで何しているんだ、何見てんだ、と顔にいろいろな「?」が浮かぶのが分かった。

車を見送る私たちの「大丈夫ですよ、親父さん。なまはげ館は決して期待を裏切らないはずです(たぶん)。ご家族もきっと大満足です(たぶん)。」という声なき励ましは父親に届かなかったのだろうか。

絶対届いてないな。

家族連れが去った後、入れ替わるようにスポーツタイプの高級車が駐車場に入ってきた。

いかん、モロ氏も私も今回は最初からにやにやしている。まるでアブナイ人のようだ。

降りてきたのは、いかにも濃いめ(イタリア的な意味で)なカップル。年上らしい企業家風の男性は連れの女性に得意げに解説しているのだが、これがテンションも高いが声もでかい。「がはは」と豪快な笑いも混じる。2人ともこちらには一瞥もくれずに(にやにやは見られずに済んだが、彼らにとっては我々は路傍の石も同然だったのだろう)、すぐに階段を上がっていった。

上に上がると距離が離れるからか彼らの会話がすべて「がはは」と「きゃはは」(これは女性の方)にしか聞こえない。

それが、ぴたりと止まる

モロ氏を見ると、満面に「ざまぁ」という表情が浮かんでいた。いや、間違いなく私の顔にも同様の表情が浮かんでいたはずだ。けけけけけけけけ

彼らはあっという間に降りてきた。正味2分ほどか。速攻で車に乗り込むと急発進で去って行った。もちろん駐車場の私たちなど石どころか空気と一緒の扱いだ。

ああ、女性に忠告したかったな、

「あの種の男は切れるとDVの可能性がありますよ、お嬢さん」(大偏見)て。

あれまてよ、

なんだ、面白いじゃないか。

旅は意外性があるからこそ楽しいんだ。

いやほんと、気持ちを共有できる二人旅はいいねぇ。

さっきまでのぎこちなさはどこへ、これが旅の醍醐味なのか。

ところで私たちのタクシーはちゃんと来るのかよっ!!

次回最終回に続く。

|

« 警戒するねこ3。-Maru is cautious 3.- | トップページ | メキシコでのPerfume人気 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/50430910

この記事へのトラックバック一覧です: 東北三昧 秋田編 Part.9 「ざまぁ」:

« 警戒するねこ3。-Maru is cautious 3.- | トップページ | メキシコでのPerfume人気 »