« iPodの内容は自分の基本である | トップページ | 高幡不動の紅葉 »

2010年11月26日 (金)

ズボッと

歯を抜いた。

昔(20年以上前)中途半端に治療した歯が徐々に悪化していた。このままでは深刻な事態になりかねないということで思い切って「抜く」ことにしたのだ。

過去の抜歯経験時の印象を一言で言えば苦痛を伴う「拷問」だ。あまり積極的に思い出したくない記憶である。今回も正直なところ恐ろしかったし怖かった。

ところが今回は(術後も含めて)ほとんど痛みを感じることは無かった。今さらながら医療技術の発達は凄いと思う。

ただね、麻酔が効いているとはいえ、その瞬間は非常に生々しく「分かる」のだよ、そう、身体の一部が抜き取られる瞬間の感触が。ズボッと。

その何とも言えない喪失感・・・

これはちょっと引きずる。感傷的になる。

人生の後半は「喪失」と向き合うことの連続かも。

|

« iPodの内容は自分の基本である | トップページ | 高幡不動の紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/50137732

この記事へのトラックバック一覧です: ズボッと:

« iPodの内容は自分の基本である | トップページ | 高幡不動の紅葉 »