« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

日比谷公園は良いね

所用があり日比谷に出掛けた帰りに公園によってみた。ちょうど太陽が西に低くなる時間帯でこの季節ならではの光の按配が美しい景色を生み出していた。

GRDⅢ(以下全て)Rimg2253

この公園に来るのは野音のコンサートがある時ぐらいで、園内をゆっくり回ったのは久々だ。よく整備されていて綺麗だし結構侮れない憩いの場所だと思う。

この場所に来ると必ず思い出すのが「松本楼炎上事件」と「トラブル(by筒井康隆)」である。

前者は50代以上ならほとんどの方が記憶されているであろう政治的にも社会的にも大変印象的な事件であった。ここではあえて説明はしないけどね。Rimg2273

10円カレーの日」は今でも続けているのだな。
松本楼HP http://www.matsumotoro.co.jp/

後者「トラブル」は、古典的なパイ投げ的スラップスティックをサラリーマン同士の殺し合い(潰し合い)に置き換えて血まみれ肉体損傷スプラッタ表現で小説化した(個人的には)大傑作である。その舞台となったのがこの日比谷公園の噴水辺りだったのだ。 こんな感じのサラリーマンが突然「けけけ」となって「ぴょんぴょん」跳ね回るわけですよ。Rimg2244

まぁ、強くお薦めはしないですがこの短編集に収録されています。他の収録作も読み手を選ぶかもしれません(特に「最高級有機質肥料」は食事中厳禁)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

シャッフルでゴー 12

お約束
1.毎回新たにシャッフルする。登場順で最低3曲以上、選ばれた曲は必ず論評する。

2.ただし、同じアーティストが続いた場合は別のアーティストが出るまで進める。

3.以前論評した曲は再び採り上げない。

ということでいってみましょうか。

1曲目『ReunionGentle Giant1972年
51sarpranjl__sl500_aa300_ 5枚目のアルバム「In Glass House」からキーボードのケリー・ミネアが歌う美しい小品。

中世の吟遊詩人のような声の持ち主であるミネアが歌うパートは基本的に美しく繊細なメロディを伴う場合が多いのだが、この曲は短いながらもそんなミネアの魅力が凝縮された一品である。プログレ的な大仰さを避けた弦楽室内楽風のアレンジも素晴らしい(本人たちが演奏している)。他にもミネアのヴォーカル曲には良いものが多い。例えば「Octopus」収録の『Think Of Me With Kindness』とか1stアルバムの『Nothing At All』とか(途中で驚愕の展開をするが)・・・こんどミネア絡みだけでベストを作ってみようかな。

2曲目『人生は川のようなもの 』(ここはあえて日本語タイトルで)PFM (Premiata Forneria Marconi)1973年
51stp3h7rrl__sl500_aa300__2 うわー、この曲が出てくるとは思わなかったぞ。

これはもうね、ロックで最も美しい曲を選べと言われたらかなり上位で選ばざるを得ないぐらい大好きな曲だ。最高の演奏技術と見事な構成力、そしてイタリア人でしか作り得ないし歌い得ない美しいメロディ、これ以上はない完璧な完成度だと思う。

そういえば大学生の一時期、毎朝これを爆音で流して目覚めていたことを思い出した。朝から近所迷惑甚だしいな。申し訳なかった。

3曲目『The Natchez Burnin'Howlin' Wolf1966年 
51ixcchhebl__sl500_aa300__2 なんと言ってもこの声、そしてこの風貌だな。特に声、一度聴いたら嫌でも耳に残る唯一無比のだみ声。若い頃に漠然と「ブルースはだみ声」というイメージがあったのだが、そうか大元はこの人だったのかと後年ブルースを本格的に聴くようになって腑に落ちた。

実は、ウルフを積極的に聴くようになったのは今世紀に入ってからなのだよね。きっかけは2001年から2年間ほど続いたわが人生最大の「ザッパ祭り」中にその流れでキャプテン・ビーフハートの再評価があったからだ。数々の音源を聴くうちにビーフハートにとってはオーネット・コールマンとハウリン・ウルフがアイドルだったという事実に深く納得するところが多々あり、結果自分にとってもウルフが特別な存在となっていったのだ。

そいえば、映画「キャデラック・レコード」でイーモン・ウォーカー演じるハウリン・ウルフはえらくカッコ良かった。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/08/post-6eb2.html

今回はここまで。また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

大崎辺り + 街猫

高幡不動の帰りに山の手線車内で文庫本(「ハイペリオン」、面白いねぇ)を夢中で読んでいたら乗換駅の五反田駅を乗り過ごして大崎駅まで行ってしまった。引き返すのも面倒だったのでそのまま大崎駅から歩いて帰った。大崎から戸越辺りは知っているようで知らない地域、せっかくだからあえて裏道を選ぶ。昔は山や谷ありの複雑な地形だったようで、道はうねうねと迂回し上り下りも多い。気が付くと高い場所に出ていたり、行き止まりなってしまったり。方向感覚には自信があるが、それでもこれはひょっとしたらあらぬ方へ向かっているのではないかと不安になった。

GRDⅢ 大崎駅前のお出迎えRimg2179

GRDⅢ 階段の先は民家の入り口Rimg2191

GRDⅢ 車よりバイクだろうな、この辺はRimg2207

GXR A12 28mm かって知ったる池上線、この先は戸越だ。ちょっと一安心Rimg2169

GRDⅢ 戸越商店街の裏で。近寄ると逃げるどころか威嚇してきた。最近は去勢された猫が多いから、こういうボス猫タイプは珍しいなRimg2212

GRDⅢ 中延。この辺りも普段は利用しない道を・・・いた、黒猫がRimg2213

逃げないが必要以上には馴れ馴れしくしない。貴族的というか睥睨されている感じがなんともたまらんRimg2216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

高幡不動の紅葉

母が介護医療を受けている八王子の病院へ行った帰りに高幡不動に寄ってみた。

この寺には四季折々の変化が楽しめる「山」が境内にあって、今はちょうど紅葉の盛りなのだ。これがね、なかなか見物だった。

GXR A12 28mm(クリックで拡大)Rimg2140

Rimg2144a

爆発・・・だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

ズボッと

歯を抜いた。

昔(20年以上前)中途半端に治療した歯が徐々に悪化していた。このままでは深刻な事態になりかねないということで思い切って「抜く」ことにしたのだ。

過去の抜歯経験時の印象を一言で言えば苦痛を伴う「拷問」だ。あまり積極的に思い出したくない記憶である。今回も正直なところ恐ろしかったし怖かった。

ところが今回は(術後も含めて)ほとんど痛みを感じることは無かった。今さらながら医療技術の発達は凄いと思う。

ただね、麻酔が効いているとはいえ、その瞬間は非常に生々しく「分かる」のだよ、そう、身体の一部が抜き取られる瞬間の感触が。ズボッと。

その何とも言えない喪失感・・・

これはちょっと引きずる。感傷的になる。

人生の後半は「喪失」と向き合うことの連続かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

iPodの内容は自分の基本である

iPodの中身を入れ替えた。とはいえ、半分以上は今まで通りの内容なのだがね。

この際だから私が普段どんな音楽を好んで聴いているか、改めて紹介しておこう。

所謂オリジナル盤を全てそのまま残したのは、ジミ・ヘンドリックス(元々正規盤の数は少ないしね)、レッド・ツェッペリンジェントル・ジャイアントファンカデリックケイト・ブッシュベティ・デイヴィスエリカ・バドゥそしてPerfume

ザッパは60~70年代の作品と80年代の代表作やライヴ企画物などでマイルスも60~70年代はほぼ全て収録されている。あ、ウィルコも全アルバム入っているな。

その他、今回残したアルバムはスライJBジェネシスウェザーリポートロリー・ギャラガーカンPFM等、他にはブリティッシュ・ロックプログレ系そしてブルース系多数、和モノだと鈴木祥子鈴木さえ子クラムボン(キリがないな)など。

一見脈略がないようだが、自分の中では明確に筋が通っている。「今」の自分の音楽に対する基本的な価値判断基準はこれらの音源から導かれたものなのだ。

まぁ、案外「王道」かもしれませんがね。

それで、ここ暫く音楽の記事を書いていなかったので、「シャッフルでゴー」を今週末に再開しようと思っております。

シャッフルでゴー」はこんな企画http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/cat20411681/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

GRDⅢを

GXRで撮ってみた。Rimg2056a

ところで、WOWOWで放送されたPerfumeの東京ドームは素晴らしかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

小石川植物園~根津神社

前回http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-7e58.htmlの続き。

小石川植物園の人出は予想以上に多かった。季節の移ろいを最も身近に感じさせるのは植物の変化だからだろう。特に晩秋は多彩に色付く紅葉時期でもあるし。ただ人が多いといってもそのほとんどは大人たちで、皆それぞれ思い思いに静かに楽しんでる様子が好ましく居心地は良い。

GXR A12 28mm(以下全て) 以前から気になっている園内のお稲荷様。太郎稲荷というらしい(近くに次郎稲荷もある)。謂れを調べてみたがあまりはっきりとは分かっていないようだ。この独特なにやけ顔が印象的だ。Rimg1980

完全には紅葉しきっていないところもまた良し。Rimg2006

紅葉だけが植物の美しさではないRimg2014

根津権現Rimg2028

赤い鳥居と赤い前垂れが良いねぇ。Rimg2016

おまけ)街犬。これリアルだけど実は置物なのです。Rimg2029   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

日曜は小石川植物園を目指してみた+街猫

結構、歩いた。

先ずは自宅から武蔵小山へ。

GRDⅢ 武蔵小山へ向かう途中で。この辺りは昔から必ず複数の猫が棲息している。近所の方に猫好きが多いのかも。この子達は何代目だろうRimg2033

4219092 武蔵小山駅側の洋食屋「さんばん」で昼食をとる。ここは高校時代の私が「洋食屋」初体験をした思い出の店でもある。数年前に未だに営業していることを知って以来ちょくちょく利用している。が、昔ながらの洋食屋といっても単に老朽化しているだけだし、従業員や出入りする地元の常連さん達が作り出す雰囲気はかなりドメスティックで濃厚だ。料理もさすがに不味くはないが強くお薦めできるレベルではない。ただ、自分にとっては懐かしく居心地が良いというだけの店なのだ。それで十分だと思う。

その後、林試の森、目黒不動、行人坂、目黒駅へ。

GRDⅢ 「林試の森」入り口付近で。散歩中の小型犬を藪に隠れて追跡中の猫、「勝てる」つもりなのか、それとも好奇心か。Rimg2034

Bonjikarn220_3

この十年間ですっかり「馴染み」になった目黒不動。ここも落ち着く場所である。縁日などの特別な日を除けば普段は静かなのも良い。

GXR A12 28mm(以下全て) 子連れの狐は珍しいらしいRimg1966_2

行人坂に向かう途中の気になる店。昼時に弁当を販売しているのを見たことがあるが、普段は食堂?飲み屋?Rimg1973

行人坂を上る、いやこの坂は「登る」と表現がふさわしいかも。ちょうどお参りがしたかったんだと、途中の大円寺で一休みしてしまうヘタレな私。

大円寺の仏像はどれも好き。Rimg1974

Rimg1975_2

そして、目黒から三田線で白山へ。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

晩秋の深大寺

ということで、京都は無理なので調布の深大寺に行ってみた。

カメラはGXR A12 28mm

ねずみ男が営業スマイルでお出迎えRimg1892

本格的な紅葉はこれからかなRimg1906_2

七五三。双子かな、可愛いねぇRimg1908_2

神代植物園の秋薔薇もそろそろ店仕舞Rimg1910_2

某百貨店の包装紙のようだRimg1911_2

温室前のオブジェ。メタリックな輝きが良いRimg1924_2

温室でも一枚Rimg1930

さて、明日(日曜日)は「どこへ行こうかな♪」(by Perfume)と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

KYOTO - CRUISE 2009

スティディカムによる撮影が良い味を出しているなぁ。京都に行きたくなってきた。

今ちょうど紅葉の季節だし・・・ああ、行きてぇ~っ!

STEADICAM MERLIN http://film.club.ne.jp/item/Merlin.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

街猫 ギリギリまで寄る

カテゴリーに「街猫」を追加した。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/cat22430821/index.html

街角で見かけた猫を撮るという単純なコンセプトなのだが、使用カメラが28mm単焦点のGRDのみというところがポイントなのだ。つまり望遠(ズーム)はなし。被写体に自ら近づかない限りまともなアップは取れないという縛りがあるのだ。

しかも相手は猫だ。

たしかに東京の路地裏には猫が多く遭遇率も高い。しかし大抵は警戒心が強くとてもフレンドリーとは言いがたい奴等ばかりだ。

ただね、ここが猫の面白いところで、警戒心よりも強い好奇心が勝る場合が間々あるのだ。身体は退避体勢だが顔はこちら向きで目は興味津々な猫、こちらも身体を低くして猫目線でじっくり待つと、「まぁしょうがねぇな」と近づいても逃げないどころか、「誰だおまえ」という感じで猫の方から近寄ってきてくれることさえあるのだよ。

これは猫好きにはタマランですよ、はい。

しかし見知らぬ中年男が路地裏にしゃがみこみニタニタしているという図は通報されてもおかしくないレベルだな・・・

むにょ~んRimg1642

ん?Rimg1643

寄り過ぎ、ちょっとボケたRimg1644

黒猫は目が魅力だRimg1662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

Xbox360 Fallout: New Vegas 何とか生きている

数日前からプレイを開始した。キャラメイクに思いの外手間取り、まだまだ序盤の辺りをうろちょろと探索中(12時間プレイ)。

前作に比べるとゲームバランスはかなりシビアな印象だ。ザコ敵だと思って油断するとあっさり返り討ちなんて事が多々ある。生き残る為には、主人公の特性(スキル)をどう割り振り伸ばしていくのか、戦略的な頭も使っていかなくてはならない。

主人公御一行様(GXR A12 28mm)Rimg1856

開始前に、今回はバグが多いという情報がありちょと心配していたが、今のところフリーズやオートセーブ失敗などのトラブルはない。特に某所での「ロケット」絡みのイベントでは致命的なバグ(全データクラッシュ)が発生することがあるということだったが、そこも無事終了。

しかしまだ修正バッチは配信されていなし、まめなセーブとバックアップは必須であろう。

それにしても、やっぱり面白いな、このゲームは。登場人物のほとんどが綺麗事を言わないし(言う奴は大抵どこかおかしい)、正義も悪も裏表、自分にとってどうかの問題でしかない。面倒な問題は銃で解決しても良いし、口先で誤魔化しても良い(後で裏切るのも自由)。主人公(プレイヤー自身)のカルマが上がるのを(我ながら)これほど偽善的でうそ臭いと思わせるゲームはなかなかないぞ。

ところで、あのロケットはどこに飛んでいったのだろう?

旅は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

蝦蟇、再び

11月1日に遭遇(http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-8d13.html)したあいつに再開。Rimg1830

そろそろ冬眠の時期かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

いろいろな小さ過ぎる箱とねこ。-Many too small boxes and Maru.-

まる(ネコ)動画新作です。「まる」と「箱」という最高の組み合わせのためか今回の閲覧数の伸びはハンパありませんな。

When Maru found a smaller box, do you think that he gives up entering?

Result: Maru never gives up entering as long as there is a box there.

ニコニコにも速攻で上がっていた。

【ニコニコ動画】いろいろな小さ過ぎる箱とねこ。-Many too small boxes and Maru.-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

DVD 「中森明菜 in 夜のヒットスタジオ」

「中森明菜の魅力全開、豪華6枚組「夜ヒット」DVD発売(12/22)」http://natalie.mu/music/news/40445

51daqh6mbfl これは願ってもないことだ。

中森明菜は素晴らしい「歌手」であり才能ある「アーティスト」なのに一般的には(過去の)「芸能人」とでしか認識されていない。たまに思い出したようにマスコミに取り上げられる時も過去のスキャンダルを絡めた芸能週刊誌的なネタばかりでだ。そこにきて、最近の体調不良や引退の話題である。そこでは彼女が真剣に取り組んできた「音楽活動」についてほとんど言及されることはない。非常に残念でありもどかしい。明菜自身には無理でも、誰か、もしくは何かで見返してやりたい。

と思っていたところに、このDVD発売のニュースである。

彼女の魅力を知るにはそのパフォーマンスを見てもらうのが一番だ。特に「夜ヒット」出演時の彼女の気合の入り方は尋常ではなかった。衣装、セット、振り付け、世界観、そして歌唱力。未だに細部に亘ってありありと思い出すことに出来るほどのインパクトがあった(沢田研二も強烈だったな)。

個人的にはこの伝説の「不思議」パフォーマンスを良質の画像と音質で観ることが出来るのが大変嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

Dancing Skelet Show

数年前に評判を呼んだ「骸骨ダンス」が何故か再びニコニコ動画ランキングにランクインしていた。良質の「芸」は何度見ても楽しいよね。

Youtubeから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

Perfume New Single 「ねぇ」&「Fake It」 そして11/23「東京ドーム」WOWOWで放映

TOKUMA公式(Youtube)から転載

今年はアルバム発売こそ無かったが、まことに充実した「音楽」活動の一年だった(「芸能」活動ではないところがポイントだ)。その中心となったのがコンスタントに発売された3枚のシングルCDだろう。この新曲6曲全てがそれまでのPerfumeらしさを残しつつも変化を恐れない意欲的な作品だったからこそ東京ドームに代表される大きな成功に向けたステップアップが出来たのだと思う。

そして今年一年の締め括りとして発売されたこのニューシングルは、先の2枚のシングルでホップステップときてドーンと大きくジャンプしたような(アメリカ人風に言うと)OMGAWESOME!な内容なのである。しかもこのジャンプの滞空時間はかなり長そうで大きく距離を伸ばしそうだ。そして、その着地先に待つものは・・・更なる成功?世界?

しかし、「Fake It」の極悪なイントロには思わず笑ってしまった。それでいて楽曲全体には色濃く昭和の歌謡ポップス風味が漂うというアンビバランツぶり。しかもこの曲は元曲とはまったく違っていて、レコーディングの歌入れ途中にインスピレーションが閃めき短時間で作り直してしまったらしい(「ブロス」今週号Perfume 対談記事から)。それでいてこの恐るべき完成度!ううむ、中田は十字路で悪魔に何かを売ったに違いない。

38310 ■11/23(火・祝) 21:00〜
WOWOW 「Perfume LIVE @東京ドーム1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11』」
詳細http://www.wowow.co.jp/pg/detail/051409001/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

12万アクセス、超えました。

過去の記事へのアクセス数が増えてきた結果です(ちなみに検索ロボット系のアクセスはフィルターで除外しています)。滞在時間を見るときちんと読んでくださる方が多く嬉しく思います。

ありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

ジョー樋口氏死去

訃報http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/news/20101109-OHT1T00019.htm

全日本プロレスに個人的に一番入れ込んだのはザ・ファンクスやブッチャー、シーク、そしてハンセン、ブロディと個性的で魅力的な外人レスラーがリングで最高のパフォーマンスを繰り広げていた80年代だ。そしてともすれば暴走しがちなこのキャラクター達の試合をきちんと「プロレス」として仕上げていたのがジョー樋口のレフリングであった。

試合の前半は基本的に厳格なジャッジで仕切っていくのだが、後半は試合の盛り上がり方に合わせて、カウント・ツーからスリーへの微妙な「間」とか、大事な場面での「よそ見」とか(そして極めつけは「失神」とか)次第にレフリング自体も「プロレス的な厳格さ」に変じていくあたりが非常に素晴らしかった。

ああ、あの頃の自分の熱狂振りを思い出すとなんか寂しいな。

ご冥福を祈ります。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

義伯母 一周忌

母方先祖代々の菩提寺、太子堂円泉寺で執り行なわれた義伯母一周忌に参列してきた。ついこの間ブログに義伯母のことを記したような気がしていたのだが、一年経つのは本当に早い。親族の集まりも私と同年代の者がほとんどになりつつある。同席していた若い孫世代の様子を見るとつくづく「流れ」だなあ、と思わざるを得ない。しかも最近はその「流れ」が加速度的に速くなっているし・・・

「義伯母」http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/11/post-efae.html

実はこの寺、この夏のあの忘れもしない「カラス襲撃事件」の舞台になった場所でもある。

「事件」のあらましは下記のブログ記事参照。

6月29日「時は無常なり、カラスも登場http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/06/post-39e8.html
7月1日「ご先祖に何てことをhttp://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/07/post-6997.html
7月6日「人間の尊厳なんてカラスにとっては屁のようなものhttp://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/07/post-8f6d.html

そういえばこの仏像の頭にいたのだよ。Rimg1739

屈辱の記憶がよみがえる。

ただ、親戚に話したら結構ウケていたのはちょっと嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

GXR さっそくA12 28mmで撮ってみた + 「街猫」

ピンポイントAF機能の使い勝手が最高だ。アスペクト比変更も簡単になった。これもいろいろ試してみたい。

(クリックで拡大)

Rimg1715_2

Rimg1724_2

Rimg1681

街猫 

競馬予想は・・・Rimg1730b_2

温いRimg1700

神田明神下。Rimg1733  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

GXR 機能拡張ファームウェアV1.29 

大幅に改善されたのはA12使用時におけるAFの精度と速度だ。

以前は、ガーときて、ズッ、再びガーガー、ズッ、ズッと迷いに迷う評判どおりの遅さにイライラさせられたのだが(しかも待たされた挙句にピントがハズレなんてことは日常茶飯事)、今回のファームウェアで劇的に早くなった。これは凄いぞ。予断の出来ない動きをする動物相手でもストレスを感じなくなった。

ということで、Perfume公演日の午前中に上野動物公園で試してみた。

A12 50mm 暗い室内で動きの早いマムルネコを撮る。それにしてもイイ顔しているよね。Rimg1624b_2

Rimg1625

屋外でも試す。Rimg1628

Rimg1632

ついでに、P10でも。Rimg1498

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

Perfume 東京ドームへ行ってきたよ

今日はもう疲れたので感想などは後日。

一応海外サイトからセットリストを転載しておく。

Secret Secret
Fushizen Na Girl
GAME
One Room Disco
-MC-
Natural Ni Koishite
love the world
I still love
575
-Costume Change/Interlude-
VOICE
Computer City
Electro Wold
-MC-
Perfect Star Perfect Style
Dream Fighter
-PTA Corner-
The Best Thing]
Ceramic Girl ]Medley
Lovefool ]

Jenny Wa Gokigen Naname
Computer Driving (Short Ver.)
Perfume
Chocolate Disco
Puppy Love
wonder2
-en.MC-
Nee
Polyrhythm

原監督もたいへん御満足のようです。Rimg1612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

警戒するねこ2。-Maru is cautious2.-

世界のアイドルまるの新作動画。

はて、何に警戒しているのかな?

まるで脚本があるかのような「オチ」が秀逸だ。題材がアレだけに、アメリカ人の反応がいつもに増して好意的。これは伸びそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

蝦蟇

河鍋暁斎「蝦蟇仙人」04kyosai10786

昨夜、玄関前で久しぶりに遭遇した。

子供の頃から年に何度か家の庭で見かけてきた。昨夜の蝦蟇はその子孫なのだろうか。いったい何代目なのだろう。近所に産卵に必要な水辺はないのにどこで繁殖しているのかも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »